sponsored link

ブログで読みやすい・分かりやすい文章の書き方3つのコツ

sponsored link

ブログをやっていて気を付けたいのが、「読みやすい文章」「分かりやすい文章」を書くことですよね。単なる情報発信でも、利益を目的にしていても、共通して「読みやすい文章」「分かりやすい文章」というのは必要になるはずです。今回は、ブログで読みやすい文章、分かりやすい文章の書き方をご紹介していきます。

「読みやすい文章」「分かりやすい文章」は全ブログの必須条件

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

あなたがブログをやっている理由はさまざまあると思います。

単なる趣味で情報発信、アフィリエイトもアドセンスも広告も全く興味ない。

自分の好きなことを書いてアドセンスでお小遣いが入ればいいや。

ブログで独立する(している)からブログを収益源にしたい。

セールスやマーケティングの手段として利用したい。

さまざまな目的があると思います。しかし、あなたどんな目的でブログを運営していたとしても、共通して必要になるのが、「ブログを読んでもらう」ということですよね。

趣味でやっていても、ビジネスでやっていても、ブログは読んでもらうために書いて公開しているわけです。そのため、読んでもらえなければ意味がないし、極端な言い方をするなら、存在していないのと同じなのです。

では、どうすれば分かりやすいブログを書くことができるのでしょうか?

「読みやすい文章」「分かりやすい文章」のブログ記事を書くには「見た目」を重視する

9aa3e5f8f6a48e3ccc9103d885d9f5eb_s

「読みやすい文章」「分かりやすい文章」にするためには、まずは「見た目」です。ぱっと見の印象が悪ければ、どんなに内容が濃くても、記事が表示された瞬間に読者さんはブログを閉じてしまいます。

たとえ世界的大発見で、ものすごく面白い文章で書かれた論文だとしても、改行もされず、文字が詰まっていれば、見た瞬間に画面を閉じたくなりますよね。

逆に、平坦で面白みも何もない文章だとしても、ぱっと見が美しく整っていれば、読んでみようという気になりますよね。

ですので、「読みやすい文章」「分かりやすい文章」のブログ記事を書くためには、まずは見た目の意識をしていくことが大切になります。

では、どうすれば「読みやすい文章」「分かりやすい文章」の見た目のキレイなブログ記事になるのか、今回は読みやすい文章の書き方、分かりやすい文章の書き方を「見た目」に焦点を置いて解説していきます。

見た目を重視したブログで読みやすい・分かりやすい文章の書き方3つのコツ

9784182da4bba8623f077e9e3f9df6d0_s

読みやすい・分かりやすい文章の書き方のコツ1:改行を意識する

パソコンやスマートフォンで文章を読む場合、改行を意識的に入れることによって文章が読みやすくなります。

文章の意味が区切れる部分や、話題が変わる部分などで積極的に改行を入れていくのがコツになります。

見た目的にも文字が詰まっただけのブログ記事から、適度に改行を入れることによって空間が生まれることで見やすくなりますし、実際に文章を読む場合でも、意味の区切れが分かりやすくなるので、メリハリがあって読みやすくなるはずです。

また、パソコンのように、横に長い画面で読むことを想定して書く場合には、句読点タイミングでも改行を入れることで読みやすくなるはずです。特に私たち現代人はスマートフォンの普及によって縦に長いレイアウトになれているので、横に文章が続いてしまうと非常に読みづらく感じてしまうのです。

ただし、改行の回数が多すぎると、スマートフォンで見た場合に必要以上に改行が増えてしまいますので、読みづらくなってしまいます。

読みやすい改行の入れ方にもこだわってみましょう。

読みやすい・分かりやすい文章の書き方のコツ2:文字装飾をする

文字の色やサイズを変えたり、太くしたり、また、背景色(マーカー)を使うことによって、文章の強調したい部分が分かりやすくなり、メリハリが生まれます。

また、適度に文字装飾を入れることによって、その文字が強調されて読者さんの目を引く効果もあります。

特に赤色黄色は人にとって警戒色でもありますので、非常に強く目を引きますが、多用しすぎると目がチカチカして読みづらくなってしまいますので注意が必要なテクニックでもあります。

読みやすい・分かりやすい文章の書き方のコツ3:見出しや画像を使って流し読みする手を止める

本文に見出しを入れたり、文章の間に画像を入れることもおすすめになります。

記事の本文をいくつかのカタマリに分けて、そのカタマリごとに小さなタイトルを付けるイメージが「見出し」です。今回の記事で言うなら、

「読みやすい文章」「分かりやすい文章」は全ブログの必須条件

「読みやすい文章」「分かりやすい文章」のブログ記事を書くには「見た目」を重視する

これらは見出しということになりますよね。見出しがあることによって、記事全体の中でどこに何が書かれているのかが明確になりますので、非常に読みやすい記事になります。

また、文章の途中に画像を挟んでいくのも効果的になります。画像は文字と違って直感的に脳に情報が入ってきますよね。ですので、流し読みしている人でも、途中で画像があることによって、手を止めて画像の周りの文章を読み始める可能性があります。

入れる画像の種類は記事の内容からあまりに逸脱していなければ、そんなに悩まずに選んでしまって大丈夫です。フリー素材、と言われるブログやWebサイトで自由に使える画像を集めておき、その画像を利用するようにしましょう。

まとめ

「読みやすい文章」「分かりやすい文章」のブログ記事には、中身の濃さや面白い文章にできるライティングのテクニックも重要になりますが、見た目にもこだわっていく必要があります。ぜひ、参考にしてみてください。

他にも趣味を仕事にするにはドラクエ小説などのブログを運営して広告収入を得る、同じ趣味を持つ友人たち仲間たちを取り仕切るコミュニティを月額数百円から運営する、熱帯魚の飼育方法などを語るコミュニティを運営する、オフ会を開催するなどの方法で、同じ方向性に大きな熱量を持つ仲間を増やすなどの方法が考えられます。
最近だと無料ブログの運営からでも収入を稼ぎ、最初はお小遣い程度であっても趣味を仕事にしていける方法がいくらでも存在するので良い方法ではありますよね。
なので趣味を仕事にするために、まずは無料ブログで趣味や遊び、好きなことについてひたすら形まくるブログを準備してみてはいかがでしょうか?

オススメ記事、関連記事はコチラ
ブログ記事、サイト記事のタイトルの付け方・決め方3つのコツ
ブログ・メルマガのネタ探し・ネタ集め3つの方法・コツ

sponsored link

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-hote86_makuragyu15234016寝つきが悪くても薬に頼らない!寝つきを良くしてストレスなく快眠する方法

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-c789_yousyogaokaretatana読書には年収を上げる効果がある⁉︎成功者も実践する読書量を増やす方法とは

関連記事

  1. life_66_mika

    速読が苦手な人におすすめする3つの方法とコツ

    近年話題になり、人気のビジネススキルに「速読」がありますよね。ビジネス書や実用書を早く読むことが…

  2. c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_s

    不安がなかなか解消できない人におすすめの不安解消法

    誰もが不安になることはありますよね。不安になるととっても嫌な気持ちになりませんか?早く不安を取り除き…

  3. c29f43be40f588d607ec2ce37062e1cd_s

    1円・1秒も無駄にしない!引越しのプロが使うお店9選

    大変なのは引越し前の準備だけではありませんこんにちは。私は10月の前半に引越しをしたので…

  4. YUKA160322000I9A4287_TP_V

    クリエイティブ思考を身に付け毎日のつまらない仕事を楽しくする方…

    平日は、毎朝同じ時間に起きて、同じチャンネルのニュース番組を見て、同じ時間に…

  5. スクリーンショット 2017-02-08 16.08.50

    クレジットカード(クレカ)の国際ブランドとは?加盟店数を…

    クレジットカードの国際ブランドについて知っていますか?クレジットカードの国際ブランドとは、「JCB」…

  6. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-OOK_bocchimeshi15202437

    簡単安くて食費も節約!男の一人暮らしに最適なおすすめ自炊レシピ…

    社会人になって忙しく仕事をしていると、家族と一緒に暮らしていてご飯を準備してくれ…

  7. N112_penwomotujyosei_TP_V

    単純なミスを繰り返してませんか?今すぐできる!ミスを防ぐ3つの方…

    仕事でミスをしたことはありますか?ほとんどの人はミスをしたことあると答えるのではないでしょうか。ミス…

  8. akane072122928_tp_v

    カフェで作業すると捗る3つの理由

    スターバックスやドトールコーヒショップなどのカフェでノートパソコンを開いて作業する人を見かけたことあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP