出世するためには必須の分析力を高める効果的な方法

仕事で出世するためには、コミュケーション能力やリーダーシップ、マネジメント能力、分析力などの能力が必要です。中でも分析力は、仕事で出世するためには、必須の能力といわれています。この分析力とはどんなな能力か知っていますか?そもそも分析とは、分けていくことです。つまり、分析力とは、物事をひとつひとつ整理して、それぞれを明確に分ける力ということになります。

今では、インターネット発達して簡単に情報を調べることができます。簡単に調べられるということは、それだけ情報が氾濫しているということです。情報が氾濫している現代では、分析力がとても大切な能力なのです。出世するためには、必須の分析力ですが、高めることができます。今回は分析力を高める効果的に方法をお伝えしていきます。

 

分析力を高める効果的な方法とは

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-LIG_h_monitaringsurudansei

情報と問題点を書き出す

分析力を高めるためには、分析する物事のすべての情報と問題点を紙に書き出すことが効果的です。例えば、分析する場合は自分の経験したこと、できること、得意なこと、苦手なことなど自分のすべて経験や能力を書き出します。紙に書き出すことで自分自身を客観的に見つめることができます。そうすると自分の強みや弱みが見えてくるのです。

頭の中でだけで考えるのでなはく、実際に手を動かして紙に書き出すことが重要なのです。パソコンを活用するのも良いですが、できれば手書きで紙に書くことをオススメします。情報と問題点を書き出すことが分析力を高めるための第一歩です。

数字で捉えるようにする

現象を感覚ではなく数字で捉えるようにすると分析力が高められます。この部屋の中は、「暑いな」外は「寒いな」というのは、感覚ですよね。この「暑い」「寒い」を数字を使って表現すると、「この部屋の中の気温は、30度もあるから暑いな」「外に出たら5度しかないから寒いな」と具体的になり、説得力が出てきます。また、数字で捉えると、他のものと比較するときにとても比較しやすくなります。なので物事を感覚で曖昧に捉えるのではなくて、数字で具体的に捉えるように意識していきましょう。

比較する

分析力を高めるためには、今ある物を他のものと比較して見ることがとても大切です。物事は、一つだけでは判断もできませんし、なかなか本質を捉えることもできません。いくつかの物を比較することで比較して物事の関係性が見えてきて、理解が深まっていきます。

例えば会社であれば、前年度と今年度の売り上げの数字を比較できますようね。今年だけの売り上げでは、何も見えてはきませんが、前年度の売上の数字と比較することでこういう理由で会社の売り上げが前年度に比べて〇〇%アップした。より深く分析できるようになります。さらには、自社だけではなく、同業他社と比べて自分の会社の売り上げはどうか比べるとより深く分析できます。ポイントを色々と変えてみて様々な角度から比較して見ると深く分析することができるようになります。

図やグラフで捉える

物事は数字や文字だけで捉えるのではなく、図やグラフなどのイメージで捉えると理解が深まりやすくなります。例えば、数字をグラフ化すると、イメージで捉えることができるので情報が頭の中に入ってきやすくなり、数字だけに比べて理解しやすくなります。図やグラフ化することは、余計な情報を省いて、必要な物事の情報だけを抽象化するということです。分析力を高めるためには必須の手法なので必ず覚えておきましょう。

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-Green6_huropc20141123161454

フレームワークを利用する

ビジネスをやって行く上でいろいろな課題が出てきます。その課題を解決するのに有効なのがフレームワークです。ビジネスにおけるフレームワークとは、共通して用いることが出来る考え方、意思決定、分析、問題解決、戦略立案などの枠組みのことを指します。ものごとを考える際に、あれこれとバラバラで考えるよりも、あらかじめ決められた枠組みの中で、手順にそって行うことで、無駄を省きながらも洩れを無くすことが出来るので非常に効率的でかつ有効性の高い手法です。

有名なフレームワークには、3Cや4C分析、SWOT分析などがあります。コンサルタントや経営学者の知恵を汎用的に活用できるようにしたものですから、フレームワークは、有効活用していきましょう。

語彙力をつける

分析力とは、物事をひとつひとつ整理して、それぞれを明確に分ける力でしたね。物事を分けていくとそれぞれを説明しなければいけません。分析して分けたそれぞれ物を分かりやすく説明するためには語彙力が必要になります。なので語彙を増やさなければなりません。語彙を増やす方法は、やはり、読書をすることです。読書をすることでいろいろな文章や言葉に触れることができます。結果、語彙力がついてきます。分析力を高めるためには読書をすることも必要なことなのです。

分析結果をアウトプットする

分析力を高めるには、アウトプットは必ずしていきましょう。分析結果をアウトプットすることで、自分自身の理解も深まります。また、自分の考えを他の人に見てもらうことで自分では気付かなかったことに気づくことができるかもしれません。今では、インターネットを使えば、SNSなどで情報発信をすることもできます。

まとめ

分析力はすぐに、身につくものではありません。コツコツと積み重ねて行くことで分析力が高められます。なのでこれからは、意識して分析力を高める方法を実践していってください。

 

オススメの関連記事

営業マンがわかりやすく説明する秘訣とは?わかりやすく説明することができるようになる練習法

メモの取り方で仕事の効率を上げるための正しいメモの取り方とは?

 

 

オススメの書籍

2L729560

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. サボり癖がついていませんか?サボり癖を治すための6つのポイント

  2. 都心は住みやすいのか?田舎者が1ヶ月間の都会生活をしてみた結果

  3. ネットビジネスを成功させる正しいお正月の過ごし方とは

  4. アプリを使わずにスマホ依存症を徐々に治す7つの具体的なステップ

  5. 年末年始の防犯対策しっかりしてますか

  6. モチベーションが上がらない時には 自分で自分を騙してみよう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。