sponsored link

コーヒーの副作用とは?仕事の効率を上げる効能に隠された危険性

sponsored link

あなたはコーヒーを飲むことはありますか?私はコーヒーが大好きですし、また、覚醒作用で眠気を覚ましてくれて、仕事の効率を上げてくれるので、毎日のように飲んでいます。大量に飲む日には1日に5杯以上飲む日もあるのではないでしょうか?ついつい飲み過ぎてしまうんですよね。

そんな美味しくて、仕事の効率を上げてくれるコーヒーですが、実は非常に恐ろしい副作用があることを知っていましたか?毎日適量を飲めば健康に良いというデータもあるコーヒーですが、飲み方を間違えてしまったり、毎日大量に摂取してしまうと、私たちの体に重大な副作用を及ぼしてしまう危険性があります。

今回は、コーヒーが私たちの体に及ぼす副作用についてご紹介していきます。

コーヒーの効能・副作用の元は「カフェイン」にあり

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_s

そもそも、なぜコーヒーには効能があったり、副作用があるのでしょうか?コーヒーの覚醒作用や眠気覚ましの効能の元になっている成分は、コーヒーに含まれる「カフェイン」です。

コーヒーに多く含まれるカフェインには交感神経を刺激し、活発にし、体や脳を興奮状態にする効果・効能があります。体や脳が興奮状態になるので、いわゆる、アグレッシブな状態になり、私たちは眠気を覚ましたり、仕事や勉強に集中して取り組めるようになります。

他にも、カフェインには胃酸の分泌を促進させる効果・効能もあります。胃酸は食べ物の消化に必要な体液ですので、食後にコーヒーを飲むことで、体は食事で食べた物を効率的に、素早く消化することができるようになります。

このように、コーヒーに含まれるカフェインの効果・効能によって、私たちはコーヒーを眠気覚ましに使ったり、また、食後にコーヒーが欲しくなるのです。では、一見体に良さそうなカフェインですが、どのような副作用や危険性があるのでしょうか?

コーヒーに含まれるカフェインを大量に摂取することによる5つの副作用と危険性

不眠症や鬱病、パニック障害など、精神障害が起こる危険性

3faece5cec9a6ed748aedd866fba824b_s

まず最初に、コーヒーに含まれるカフェインを大量に摂取すると、交感神経が活発になり、興奮状態がずっと続くことになります。仕事中や勉強中、運動中などはいいのかもしれませんが、それが夜になるまで続くと問題が発生してしまいます。

体や脳は休息をとりたい、休ませてほしいと思っているのに、カフェインの覚醒作用、興奮作用によって眠ることができず、不眠症になってしまう危険性があります。その結果、精神を十分に休めることができなくなりますので、精神からくる病、鬱病やパニック障害などの精神障害を発症するリスク・危険性が高くなってしまいます。

不整脈を起こし、心疾患を引き起こす危険性

00_pp42_pp_tp_v

また、交感神経が活発で脳や体が興奮した状態が続けば、脳は体を動かし続けなければいけないと判断し、心臓に血液を送るように指示を出し、心臓を過剰に働かせます。心臓は常に必要以上に働く必要が出てきてしまいますので、心臓にも疲労が溜まってしまい、不整脈など、心疾患を起こす危険整があります。

胃酸の過剰分泌による胃腸障害の危険性

919e50ef51bc2a7555802d6121fd8cdc_s

カフェインには、胃を刺激して、胃酸の分泌を促進する効果・効能があることは先述しました。食後など、胃に食べ物がある場合は消化吸収を助けてくれるので、体に良い働きではあるのですが、問題はそれが長時間続いてしまった場合です。

胃酸は食物を溶かすための強い酸性の液体ですので、当然、過剰に分泌され、食物が胃の中になければ、私たちの胃をあらすことになります。その結果、胃炎や胸痛、胸焼け、吐き気や嘔吐など、消化器に関する数々の症状が出てきてしまいます。

骨粗鬆症や貧血のリスクが高まる

94cacad2cc4d0a63d161b14f0b5e79f5_s

カフェインには、体内に入ってきた他の成分・栄養素を吸着して、体への吸収を阻害してしまう作用があります。そのため過剰な量のカフェインの摂取を続けていると、私たちの骨を作る上で非常に重要なビタミンD、そして、ただでさえ現代人が不足しがちだと言われる「鉄分」の吸収を阻害してしまいます。

そのため、カフェインの過剰摂取が長期間に渡ってしまうと、ビタミンDの不足による骨粗鬆症の危険性、そして鉄分が不足することによる貧血の危険性が高まってしまいます。

最も恐ろしい死亡のリスクが高まってしまう

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak95_sunadokei20141018123010

そして、最も恐ろしいのがカフェインの過剰摂取による死亡の危険性・リスクです。アメリカでは、10代の少女がカフェインを大量に含むエナジードリンクの飲み過ぎによって死亡した事例があります。また、私たちの住む日本でも、薬事法によって500mg以上のカフェインを含む薬は劇薬に指定されてしまいます。

私たちが普段コーヒーからなんとなく気軽に摂取しているカフェインですが、実は非常に危険な成分でもあったのです。適量で抑えておけば薬になりますが、摂りすぎてしまえば、猛毒になり得る成分なのです。

まとめ

今回はカフェインの危険性についてお話をしてみました。1日に3杯〜5杯くらいのコーヒーを飲むことで、死亡率が下がるなど、健康に効果・効能があることも報告されているコーヒーですが、そのコーヒーに含まれるカフェインには、今回紹介したように、嬉しい効果と背中合わせに、最悪の場合死亡するリスクが隠れていました。しっかりとカフェインの副作用を理解した上で、上手にコーヒーと付き合って行きたいですね!

どうしても大量にコーヒーが飲みたい場合には、ノンカフェインタイプのコーヒーがおすすめですよ!

オススメ記事、関連記事はコチラ
眠気・疲労を短時間で回復できるコーヒーナップとは?
昼間・日中襲ってくる眠気の原因と7つの対策

sponsored link

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-IMARIC20160805310323資格の勉強にやる気がでない⁉︎忙しい社会人の意識の高め方とは

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-MAX87_batuwotukuttagaijin20140531仕事ができない人に共通する6つ悪い癖

関連記事

  1. ダウンロード1

    決断力のある人は立ったまま考える!決断力を高める3つのポイント

    あなたは決断力はありますか?人は毎日色々な決断をしています。どちらの服にしようか、昼ごはんは何を食べ…

  2. 224bd6ba8bcee7935e3ae24197b8fb52_s

    ABテストとは?Web・ホームページでの使い方・方法と成功事例

    あなたはABテストというWebマーケティングの方法を知っていますか?ABテストはWebページ、ホーム…

  3. pak25_kinnikuryouude_tp_v

    空腹で集中力が上がり仕事の効率が良くなるか試してみた

    「1日3食きちんと食べましょう」私たちが小さい頃から教えられてきた食生活の基本です。現代を生きる私た…

  4. 0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

    “悪用厳禁”人間心理を利用した恐ろしいセールス手法

    物を売りたいなら人間心理からあなたは物を売るために学ぶべきことが何か知っていますか?それ…

  5. pp_tenkey_tp_v

    一流のビジネスマンの共通点は、シンプル思考

    頭の中がごちゃごちゃしていると仕事を順調に進めることができないどころか仕事が辛くなってしまいます。そ…

  6. N112_penwomotujyosei_TP_V

    習慣を変えれば頭の回転が早くなります!!頭の回転を早くする5つの…

    頭の回転が遅いと要領が悪い、新しいことがなかなか覚えられない、計算が遅い、同じミスを繰り返す、などの…

  7. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-YOTA86_purezenok15135259

    仕事の理想と現実のギャップを埋め職場で活躍する人材になる方…

    人は何事においても、どうしても理想を抱き追い求めてしまう生き物です。しか…

  8. 0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

    間違えやすいビジネス敬語13選!正しい敬語の使い方一覧表

    ビジネスマンになると、学生時代と比べて目上の人との付き合いも増えてきますので、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP