ビジネスマンは情報収集を習慣化しなければならない

情報発信をしていくには質も鮮度も高い情報を得なければならずこれは、とても重要なことです。常に最新の情報をインプットしなくてはと思っていても毎日いろいろなことに追われてしっかりと情報収集する時間が取れないことありませんか?しかし時間がないからといってやらないわけにもいきません。どうやったら習慣化できるか、最適の情報収集ができる方法をお伝えしていきます。

情報の種類とツールの選択

pak75_5syuruinorancyon20141206165130_tp_v

情報に種類なんてあるのと思ったかもしれません。情報には、ストック情報とフロー情報の2つがあります。ストック情報とは、自分が手元にあってすぐに出せる情報のことでフロー情報は、SNSなどからリアルタイムに流れてくる情報です。どちらが必要なのか判断しなければならないのです。ストック情報が欲しいのにSNSばかり見ていても欲しい情報が見つかる可能性は低いです。

闇雲に情報を探しても今は、情報発信をしている人も増えて検索をすればブログやウェブメディアやウェブサービスが溢れており欲しい情報を見つけるどころか多くの情報の中に埋もれてしまって見つけることがとても難しくなってしまいます。情報の種類と情報を探すツールは、セットで考えるようにしなければなりません。

どのように情報をチェックするのかも重要になっていきます。チェックとは、情報を広く浅く収集するか狭く深く収集するかのどちらかになります。収集の仕方によってツールを選ばなければならないのです。

ニュースなどのリアルタイムのフロー情報を広く浅くカバーしたいなら「SmartNews」「antenna」などのニュースアプリやキュレーションマガジン、「Yahoo! ニュース」「livedoorニュース」などのポータルサイトにアクセスするのがベストで情報もたくさん集まっています。

狭く深く情報を集めたいのであれば専門性の高いウェブサイトやウェブメディアでアクセスしてりSNSでその専門家のアカウントをフォローしたりチェックすると効率的に情報収集をすることができます。もっと深く情報を集めたい場合は、有料のメルマガやメディアやコンテンツなどを利用するのも深い情報が集まることでしょう。

情報収集を習慣化する

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-n825_ohirunojikan

種類の選択とツールが選定できたら次は、習慣化できるようにしていきましょう。情報収集の方法を能動的か受動的に分けてかんがえなければなりません。

能動的な情報収集は、ニュースアプリやウェブサイトで情報を集めることです。これを習慣化する為には、スマホにニュースアプリを入れたりパソコンであればブックマークに入れたりして自分から調べれる状況を作っていきましょう。注意したいのはアプリやブックマークを増やしすると嫌になってきますので使う分だけ入れるようにしましょう。

受動的な情報収集は、自分が調べるのではなくメルマガやSNSなど発信者側から送られてくるような形になります。ニュースアプリやRSSの通知もそれにあたりますね。最初は登録する必要がありますは、そのあとは、勝手に情報が流れてくるのでしれウィチェックするだけですね。チェックするかどうかは自分次第になりますが・・・

自分のライフスタイルによって能動的な情報収集をするのか受動的な情報収集にするのかをきめなければいけません。必ずしもどちらかにする必要はないのでうまく使い分けていきましょう。情報収集が習慣化しても定期的に情報源を探したりして見直して改善指定kましょう。情報収集じたが目的なってしまうと勿体無いです。インプットしてもアウトプットしなくなるからです。

 

インプットをしたら同じ量だけアウトプットする

pp_onajiyounamadonobiru_tp_v

情報取集すなわちインプットは、しっかりするのですがアウトプットができない、量が少ない人が多いです。ビジネスをやって結果を出していくには、インプットした量とアウトプットする量を同じにしなければなりません。情報収集が習慣化できればしっかりインプとができますのでいつでもどこでもアウトプットできる状況にしなければいけません。

アウトプットする場所は、ブログでもSNSでも構いません。SNSであれば出先でも簡単にアウトプットできます。時間がないときはツイッターでつぶやいてアウトプットしてみたり時間があればフェイスブック、パソコンが開けれるような場所であればブログでアウトプットするのもいいかもしれません。

 

まとめ

情報収集を習慣化する為には、まず情報の種類とツールを選択しどのような方法が自分いあっているのか見極めなければなりません。

  • フロー情報とストック情報があり自分が欲しい情報がどのようなものか見極めツール選択する。
  • どのように情報取集かも重要で広く浅くか狭く深くかで方法も変わってきます。
  • 自分位あっている方法は、受動的なのか能動的なのかどちらが良いか見極める

情報収集は、オンラインだけではなくオフラインからでもできます。身近な情報はオフラインの方が見てる場合もあるのでイベントや本屋さんに行ったり友人、知人と情報交換するのもいいかもしれません。

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ブラック企業で働くメリット[スキルアップ・耐性・体験談]

  2. ネットビジネスで成果を出すための目標設定方法

  3. 効率を劇的に上げる!昼食後の眠気を対策し仕事に集中する方法

  4. メモの取り方で仕事の効率を上げるための正しいメモの取り方とは?

  5. ノート・デスクトップどっちにする?メリット・デメリットを比較

  6. 良い上司のふりしたダメな上司に注意!尊敬できる上司か見分ける方法とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。