眠気・疲労を短時間で回復できるコーヒーナップとは?

あなたは日中仕事をしていたり、活動していて急激な眠気や疲労感に襲われたことはありませんか?普段の睡眠時間が足りていなかったり、食事をした直後などは、たとえ日中であっても眠気に襲われたり、疲労感を感じることがあります。

眠気や疲労感を感じた場合、あなたはどのように対処していますか?昼寝をして体を休める、コーヒーを飲んでカフェインの覚醒作用を利用して眠気を無理やり覚ましてひと頑張りする。人によって違いますが、日中の眠気や疲労感への対処法は昼寝・仮眠で休息をとったり、コーヒーや栄養ドリンク・エナジードリンクでカフェインを摂取して眠気を覚ますことが多いですよね(中には気合いで乗り切るという猛者もいるかもしれませんが…)。

実は、それらの眠気覚まし、疲労回復の方法よりもはるかに効果的に眠気や疲労を回復する方法がありました。それが「コーヒーナップ」です。今回は、最強の眠気覚まし、疲労回復の
効果を持つコーヒーナップの効果、やり方・方法をご紹介していきます。

そもそもコーヒーナップとは?やり方・方法を解説します

0728cbdf72b9aef18b4c0ac5fb3cb8a3_s

では、そもそもコーヒーナップとは一体なんなのでしょう?コーヒーナップとは、簡単に言えば、コーヒーのカフェインによる眠気覚ましの効果と、昼寝による疲労回復効果を合わせた仮眠方法です。

コーヒーを飲むと、すぐに眠気が覚めるわけではありません。コーヒーを飲んでからカフェインが体に吸収されて眠気覚ましの効果が出始めるまでに時間がかかります。つまりコーヒーを飲んだ直後に仮眠をとることで、カフェインが効き始める頃に目が覚めやすくなり、また、カフェインの覚醒作用が効いているので、仮眠から覚めた直後からすぐに仕事や作業に取りかかることができるようになります。

ではコーヒーナップの詳しいやり方・方法です。まずは、カフェインを摂取するためにコーヒーを飲みます。この時にコツがあって、用意するコーヒーはぬるめにするか、アイスコーヒーにして、一気に飲み干せるようにします。何十分もかけてコーヒーを飲んでいたら、カフェインが効き始めるまでの時間差を利用して昼寝・仮眠ができないからです。

コーヒーを飲み干したら、次に昼寝・仮眠をとります。昼寝・仮眠の時間は20分〜30分程度です。コーヒーの覚醒作用が効いてくるので、勝手に目が覚めるはずですが、不安な場合はアラームをセットしておくといいでしょう。

コーヒーナップのやり方はたったこれだけです。コーヒーを飲み、カフェインが効き始めるまでの時間を使って20分〜30分間の昼寝・仮眠をとる。それだけで強力な眠気覚まし、疲労回復の効果を得ることができます。

では、次にコーヒーナップの詳しい効果について説明していきます。

コーヒーのカフェインは効き始めるまでに時間がかかる

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_s

先述したように、コーヒーを飲んでもすぐにカフェインの効果が効いてくることはありません。コーヒーを飲んでから体に吸収されて効いてくるまでに20〜30分くらいの時間がかかると言われています。つまり、眠いと感じてからコーヒーを飲んだ場合、カフェインが効き始めるまでの20〜30分くらいの時間は眠気に襲われたままになるのです。

しかし、コーヒーナップなら、コーヒーを飲んでからの20〜30分を昼寝・仮眠にあてることができるので、眠気覚ましの効果を効率的に得ることができます。しかも、昼寝・仮眠をとることによって、疲労回復の効果を同時に得ることができるので、目が覚めたあとは眠気が覚めるだけでなく、体や頭・脳の疲労が取れているので、仕事や作業のパフォーマンスを向上させることができます。

コーヒーナップはコーヒーによる眠気覚ましの弱点である、効き始めるまでに時間がかかることを逆手にとり、そこに昼寝・仮眠を挟むことで、カフェインと昼寝・仮眠の相乗効果によってより強力に眠気覚まし・疲労回復をすることができるのです。

理想的な仮眠の時間、20分〜30分で勝手に目が覚める

f1b593d5e8f9925141a900de2cd5f14a_s

他にも、コーヒーナップには昼寝・仮眠の弱点をカバーする効果もあります。一般的に、昼寝・仮眠は30分までの短い時間に抑えるべきだと言われています。それ以上の時間眠ってしまうと、夜の睡眠に影響が出てしまったり、昼寝・仮眠のはずが眠りが深くなってしまった、目覚めが悪くなってしまいます。

コーヒーナップを使えば、カフェインの効果によってコーヒーを飲んでから20〜30分後に覚醒作用が働きますので、理想的な昼寝の時間である20〜30分という時間で目を覚ましやすくなります。もちろん、100%その時間で起きられるわけではありませんので、アラームをセットしておくのがベストになりますが、アラームを使った場合でも、覚醒作用が働くので、ただの昼寝・仮眠よりもスムーズに目を覚ますことができるはずです。

まとめ

コーヒーナップなら、30分程度の時間の休息でも、効果的に疲労を回復して、眠気を覚ましてくれる効果があります。やり方・方法も昼寝・仮眠の前にコーヒーを1杯飲むだけですので、ぜひ、試してみてください。

また、コーヒーナップは日中の眠気だけでなく、徹夜しなければならない場合などにも有効です。30分程度という短時間の休息でも効果的に仕事や作業の生産性を上げることができますので、日中以外でも、睡眠時間を取れない場合にもおすすめの休息方法です。

オススメ記事、関連記事はコチラ
体調が悪い時の過ごし方と3つの対策・対処法
空腹で集中力が上がり仕事の効率が良くなるか試してみた

  • コメント: 0

関連記事

  1. 疲れているはずなのに眠れないアナタにおすすめの快眠方法

  2. これ抜きでは絶対に稼げない!たった1つの金持ちの法則

  3. 失う恐怖を利用したコピーライティングのテクニック、【保有効果】とは何か?

  4. お金持ちと貧乏人の決定的な差は、習慣の差

  5. オーディオブック・音声教材の効果を高める使い方とは?

  6. 数字に強い人は仕事ができる⁉︎成果をあげる人に共通する特徴とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。