継続できれば目標を達成できる!!目標達成するための行動を継続する4つのコツ

目標を達成するには継続する必要があります。ものすごく有能でなんでも簡単にこなしてしまう人でも継続しなければ目標を達成することはできません。あなたも経験していると思いますが目標を達成するには、必ず目標を達成するための行動を継続しなければいけないのです。

しかし、目標を達成できる人は多くはありません。多くの人は目標を達成するまでに継続できずに諦めてしまいます。継続できないのは、目標達成するための方法がわからず考えても答えが出ないので諦めてしまうのです。そのようなことにならないためにも目標を達成するための継続する方法をお伝えします。

 

継続できない人の特徴とは?

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-GREEN_NO20140125

計画性がない

目標だけを決めて目標を達成するための計画をしっかりと立てない人の多くは継続できずに諦めてしまいます。目標が決まったら、すぐに行動するのはいいことです。「思い立ったらすぐ行動」というぐらいですから。しかし目標に向かって何をすればいいのか、どこに向かえばいいのかわからなければ、目標からは遠ざかってしまいます。計画性がない人は、目標を達成するまで何をしていいのかわからないので最終的には諦めてしまうのです。

集中することができない

仕事を始めたばかりなのに、すぐに仕事とは関係ないことに気が取られてしまう人っていますよね。このように物事に集中できない人は、継続することができないのです。このように集中できない人は、整理整頓もできません。整理整頓ができないので自分の周りに漫画や雑誌などの気が散るようなものが置いてあります。漫画や雑誌が目に着けば気になって手に取ってしまいますよね。そうするとやるべきことをやらずに無駄なことをして時間がすぎていってしまい、結局は、諦めてしまいます。

興味がない

人は、好きなことは、時間を忘れて没頭してしまいますが、興味のないことな頑張ることができません。なので、もしかしたらその目標自体に興味がない可能性があります。立てた目標に興味がないというのはどうしようもありません。自分自身が達成したいと思える目標を決め直すしかありません。

 

目標を達成するために行動を継続する4つのコツ

pak93_kokubanimadesyo1063_tp_v

特定の分野に集中する

すべてのことを頑張ろうとする人がいますが、すべてに手を出したところで結果を出すことはできません。体力や集中力、時間などには限界がります。なのですべてのことはできません。最終的には、中途半端に終わってしまうからです。中途半端にならないためにもしっかり方向性を定めてと目標を立てるようにしましょう。そうすることで、特定の分野に集中することができるようになります。時には、目標を達成するための行動を見直して取捨選択をすることが重要になります。目標を達成するためにことだけに集中できるようにするしましょう。継続するためには、目標達成に関係にのないことは頑張りすぎず、必要がなければやらないという選択肢を選ぶようにしましょう。

習慣化する

目標を達成するための行動が習慣化するまでは、その行動を継続するのは苦痛に感じてしまうこともあります。しかし、その行動が目標を達成するためには、必要な行動でし自分の生活の中で当たり前のように行動できるようになれば苦痛も感じることはなくなります。例えば、朝起きてからする歯磨きや寝る前に入るお風呂などは、毎日の習慣として行っていますよね。無意識にやっているので、苦痛だと感じることすらないはずです。

習慣になればこのように当たり前のように行動して継続できるようになるのです。始めは、意識してやらないといけません。なので大変だと感じるかもしれませんが毎日続けていけばいつの間にか習慣になっていて無意識のうちにできるようになっています。

目標を明確にする

野球選手になるという明確な目標があらば自分から積極的に野球選手になるための練習もしますし、無意識で毎日続けますよね。しかし継続できない人は目標が明確になっていません。目標を達成したらどうなるのか、何のために目標を達成しなければいけないのか目標を達成して時にどうなるのかをしっかりイメージして明確にしましょう。目標が明確になれば自然と継続できるようになります。

うまくいかないことも想定する

計画をしっかり立てたからといって目標を達成するのに計画通りスムーズに進むことは少ないでしょう。必ずといっていいほど予想外のトラブルなど何かしら出てきます。多くの継続できない人は、トラブルが起きた時に対処できません。対処できないので諦めてしまいそこでやめてしまうので継続できないのです。

なので、しっかりと目標を達成する計画は立てたけど必ずトラブルが出てくると想定してください。最初から想定しておけばトラブルがあっても対処できるようになります。なので目標を達成するまでの計画もトラブルが起こることを想定しいて立てるようにしてください。

まとめ

目標を達成するために行動を継続する4つのコツは

  • 特定の分野に集中する
  • 習慣化する
  • 目標を明確にする
  • うまくいかないことも想定する

どんなに才能がある人でも目標達成するためには継続しないと達成できません。「継続は力なり」と言うぐらい続けることで大きな力になっていきます。コツをつかむことでしっかりと継続できるようになることでしょう。

 

オススメの関連記事

サービス残業をしないための仕事を早く終わらせる4つのポイント

職場で孤立しても気にしなくていい5つの理由

 

あなたにオススメの書籍

  • コメント: 0

関連記事

  1. MacBookPro2016を約1ヶ月使った感想・レビュー・分かった真実

  2. 長距離移動の手段、新幹線・飛行機(航空機)・夜行バス(深夜バス)を比較

  3. 副業でアフィリエイトをやる人のための効率の良い時間の使い方

  4. 迷惑メール判定を回避して読者に届ける4つの方法

  5. 会社で後輩から裏切られないようにする7つの方法

  6. 移動時間こそ面倒な仕事に取り組むべき理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。