sponsored link

心が折れてからでは遅い。心の折れる前にできる5つの予防策

sponsored link

頑張って仕事をやり過ぎていませんか?頑張り過ぎて仕事をしているとある時突然心が音を立てて折れてしまうことがあります。心が折れた状態になってしまうと大変です。心が折れた状態は心の支えがなくなったりしてくじけてやる気がなくなります。そんな気持ちの状態から心が回復するまでは仕事はまともに手につきません。回復しても心が折れる前みたいに仕事を今まで通り頑張れるかどうかもわかりません。そうならないためにも心が完全に折れる前に試すべき7つの予防策があります。その予防策を紹介して行きます。

 

心の折れやすい人の特徴

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-GREEN_NO20140125

心が折れやすい人には4つの共通した特徴があります。この4つに当てはまる人は注意してください。

  • 完璧主義タイプ
  • 挫折を味わったことがないタイプ
  • 被害妄想タイプ
  • 固定観念が強すぎるタイプ

完璧主義タイプ

完璧主義の人は、心が強そうに見えます。しかし完璧を求め過ぎて常にイライラしていて精神的には不安定な状態が続きています。自分の思い通りに物事が進まないと自分を追い詰めてしまいますのでストレスがたまり心が折れやすくなっている状態です。完璧主義であればあるほど一度心が折れてしまうと心が元に戻らずそのまま転落してしまうという最悪のパターンもあるのです。

完璧主義の人は選択肢が『白』か『黒』のどちらかしか存在しないので柔軟な考えを持つことができません。選択肢が『白』か『黒』の2つしかないと失敗が許されずに心疲れてしまいます。

 

挫折を味わったことがないタイプ

ほとんど挫折もなく大人になってしまった場合、仕事で失敗した時にあっさり心が折れてしまいます。今まで挫折した経験がないので立ちなることもなかなかできません。挫折の経験が何ので対処の仕方がわからないのです。

 

被害妄想タイプ

被害妄想をするような人は自信がない人です。ちょっとした失敗でも極端に気にしてしましい自分を責めてしまいます。このような人は、基本がネガティブなので簡単に心が折れてしまいます。

自分に自信がなく、ちょっとした失敗をしてしまったときに極端に自分のせいにしてしまい、自分がいなければこんなことにはならなかったはずだ、みんな自分を嫌っている、消えればよいと思っている、などと過剰な被害妄想に陥ってしまうタイプも危険だと言えます。

 

固定観念が強すぎるタイプ

なんでも決めつけてしまう人も心が折れやすいです。自分の信念が強過ぎて自分お信念から外れたものは認めません。視野が狭過ぎて考えに余裕がありません。なので柔軟な対応ができないためストレスが溜まりやすくなります。

 

心が折れるのを予防する

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-sayapon20160312020517

頑張り過ぎていたら休憩する

頑張り過ぎていると感じたら無理をせずに休憩しましょう。そのまま続けては心が折れては元も子もありません。緊張感が長く続くと心が折れてしまいますので頑張り過ぎていると感じたら休憩しましょう。

 

問題があれば整理する

やらなければいけないこと多かったり問題になることがあったりして対応しないといけないと自分がこなせる以上の仕事量になってしまいます。それらを全てこなそうとするとストレスが溜まり疲れてしまい心が折れてしまいます。やらなければいけないことや問題が多過ぎると複雑になりすぎてパニックなることがあります。その状態を防ぐためには自分がやらなければいけにことをを整理してみることも大切です。そうすると客観的に見れるようになるので無理をしなくてもいい状態を作り出すことができます

 

人の言うことを聞き過ぎない

人に嫌われたくないために言われたことはなんでも受けてしまうと自分がこなせる容量以上にやることが増えてしまいます。そうすると心が折れ安くなっていしまいます。周囲の意見も聞くことは必要ですが無理を言われることは多々あります。それらを全て聞いていては心が折れてしまいます。自分の状況を把握してできる範囲でバランスをとりましょう。

 

しっかりと睡眠をとる

心が折れそうな時は身体的にも弱っている場合が多いです。疲れ過ぎている時に心が折れてしまいます。そうならないためにも体力を回復させるためにしっかりと睡眠をとりましょう。睡眠は体力の回復だけでなく頭の中が整理される作用があります。十分に睡眠をとることで、心配事や不安要素から睡眠時間は離れることができますし、気持ちもリフレッシュできます。

 

負担を軽減する

一つの大きな問題で心が折れる事がありますが多くの人は小さなトラブルや自分では対応しきれない問題をいくつも抱えてしまうのが心が折れるきっかけになります。そうならないためには少しでも小さなトラブルや問題を解決して心の負担を軽くすることが重要です。頑張り過ぎて心が折れそうになると人はネガティブになります。そうなると自分自身を否定してしまいます。そうならないためにもかんばり過ぎないように自分をコントロールすることが重要です。

 

 

まとめ

心が折れてから対処していては遅いです。心が折れる前に対処するのが肝心です。心が折れそうだと感じた時に試したい予防策です。まずは気持ちを落ち着かせて自分にあった予防策を試してください。

 

おすすめの関連記事

仕事のストレスを簡単に解消できる5つのストレス解消法

ビジネスマンのための記憶力を向上させる5つのコツ

 

あなたにおすすめの書籍

G0100016350961

 

sponsored link

7cd44411828f4c6efc823ec08ecd9628_s仕事をしない会社の同僚にイライラせずストレスを溜めない方法とは

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pp_gyoumuyoutokei時計はアナログ・デジタルどっち?感じる心理の違いを比較

関連記事

  1. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-01-34-18

    今更聞けない?Twitterアカウント作成方法

    ネットビジネスをやっているといろいろなことに使えるのがTwitterです。アカウントを持ってるという…

  2. 20140317-p1020246123-thumb-autox1600-22177

    仕事のミスを劇的に減らすことが簡単にできる思考整理術

    頭の中の思考はしっかりと整理できていますか?思考がしっかりと整理できていないと仕事でのミスが多くなっ…

  3. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-OOK3S0220140503105543

    ブラック企業に就職⁉︎新卒入社した会社を辞めたいと思った時にや…

    就職活動の時はブラックな一面なんてこれっぽっちも感じられなかったのに、いざ入社し…

  4. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-miyako85_kaisuiyokjyounomado20140726

    職場で孤立しても気にしなくていい5つの理由

    コミュニケーションがうまく取れないと職場で孤立してしまいます。職場で孤立してしまい周りの同僚がおしゃ…

  5. al005_konnnahazujyanakatta20140830_tp_v

    電車を第二のベッドにしない!電車の寝過ごし対策方法

    クタクタに疲れて乗り込んだ電車。座席に座った瞬間、1日の疲れがドッとでて、なんだか眠くな…

  6. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-KK_9V9A5426

    仕事に疲れて辛い時に試したい!頭の回転と集中力を回復させる効果的…

    毎日朝から全力で仕事に取り組んでいると、午後からはもう仕事に疲れてきてしまって集…

  7. OOK785_yoituburete_TP_V (1)

    昼食後の眠気への3つの対策・対処方法まとめ

    今回は昼食後に襲ってくる強烈な眠気への対策方法、対処方法を3つ紹介していきます。昼食後の眠気、本当に…

  8. 08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

    セールスを成功させるために必要な7つの要素とは?

    どうして商品が売れないのか?あなたは自分の売りたいと思う商品を思うように売ることができて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP