Warning: Undefined array key "page" in /home/emj/net-bizz.net/public_html/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

ビジネスマンのための記憶力を向上させる5つのコツ

勉強もそうですがビジネスにも記憶力が必要です。こういうと記憶力より思考力やアイディアの方が必要だと思う人もいるかもしれません。しかしビジネスを新しく始めると覚えることがたくさんあります。ここで覚えられずにつまずいているとビジネスが進みません。会社であれば仕事ができないと判断されてしまいます。新しいビジネスを始めたばかりの段階では思考力やアイディアよりも記憶力が重要になってくるのです。

記憶力は年齢とともに低下すると思われがちです。記憶力にはコツがあります。そのコツさえつかめば年を取っても記憶力を伸ばせる可能性もあります。記憶力を向上させる方法を紹介していきます。

 

年を取ると本当に記憶力は落ちるの?

YOTA82_atamakakaeru15123152_TP_V

 

最近忘れ物が多くなったと感じたことありますか?年を取ると忘れっぽくなるとに言われます。実際に記憶力が落ちたと感じている人もいるかもしれません。しかし、最新の研究においては、年齢を重ねても記憶力は落ちないことが分かっています。筋肉や骨など年齢とともに落ちていきますが、脳は年を取ったからといって老化で記憶力がすぐに落ちるをするわけでもありません。

忘れっぽいと感じる原因は時間の感じ方だと言われています。子供にとっての1年前すごく前のように感じましたが大人の1年前はつい最近に感じます。1年前のことを忘れるとつい最近のことを忘れたと感じてしてしまい物忘れがひどくなったと感じます。大人になれば交友関係も増えていて正直、印象に残らない人もいます。そのような人の名前は覚えていませんよね。なので人の名前を忘れやすくなったと感じるのです。なので実際は年齢による低下が原因で記憶力が低下しているわけではないので、コツさえしっかりつかめば記憶力を伸ばすことができます。

 

記憶力を向上させる5つのコツ

8d326c844c57e03e4ff71f6a4887c4bc_s

脳を意識して使う

脳は使わないと退化していきます。なので意識して使う必要があります。記憶力を向上させるためには意識して積極的活用していかなければばりません。脳は筋肉と同じで鍛えれば進化していきなすが使わなければ退化していきます。日頃から脳を積極的に活用して刺激を与えることで記憶力が向上していきます。

脳に刺激を与える方法は2つあります。それが空間的刺激と感情的刺激の2つがあります。空間的刺激は、いつもと違う場所で勉強したり、歩きながら覚えることです。カフェで勉強や仕事をしたり、散歩しながら音声を聞いたりして脳に刺激を与えることで記憶しやすくなります。いつもとは違う場所に移動することで脳が刺激されます。勉強や仕事が捗らないと感じたら場所を変えてみると意外と捗るようになるかもしれません。

もう秘湯の刺激を与える方法は感情的刺激です。喜怒哀楽による刺激のことです。腹が立ったことや悲しかったこと、楽しかったことは、いつまでも記憶に残ります。感情が動くと記憶に残りやすくなります。

 

日記を書く

日記を書くときは書く内容の出来事を思い出して書こうとします。思い出すことは脳を活性化しています。日記を毎日書くことを習慣にすると日常的に思い出すということをするので脳活性化することができます。日記を書くちょっとした習慣で、脳が記憶しやすい状態を作れるわけです。最初は思い出すのが大変なので数行でも日記をつけていきましょう。毎日つける習慣が脳を活性化して記憶力が向上していきます。

 

運動をする

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak75_dashsuru20140823110148

運動をするといっても激しい運動をする必要はありません。ジョギングやウォーキング、時間がないときは自宅や職場でストレッチをするだけでも十分です。体を動かすことで脳に酸素が大量に送られていきます。脳は、酸欠になると機能が大幅に低下してしまいます。脳が酸欠状態にならないために軽い運動をすることで、脳に十分な酸素をきょうきゅうし記憶しやすい状態を作ります。また血行もよくなりリフレッシュできます。脳と運動は密接に関係しています。体を動かすことも習慣化していきましょう。

 

昼寝をする

睡眠は記憶を整理するのにとても重要です。特に昼寝をすることで記憶が整理されて記憶力も向上するといいます。昼寝を取る事によって脳の海馬に一時的に保管された記憶が、大脳新皮質に書き換えられ、長期記憶になると言われています。また脳も昼寝をすることでリフレッシュされるため、昼寝をして担い脳に比べ昼寝をした後の脳では新たな情報を吸収しやすくなるのです。

 

記憶した内容誰かに教える

自分が勉強した内容を、誰かに教えてみてください。意外と難しいかもしれません。自分自身でしっかりと理解していないと人には教えられないからです。人に教えるときは内容を教える人が理解できるように記憶した情報をわかりやすくする必要があります。うまく人に教えられないときはしっかりと記憶していないということになります。人に教えることはアウトプットになります。そうすると記憶が定着しやすいです。アウトプットすることで脳を活性化させることができます。積極的にアウトプットしていきましょう。

 

まとめ

いくつになっても記憶力は向上させることができます。記憶力を向上させるには5つのコツがあります。

  • 脳を意識して使う
  • 日記を書く
  • 運動をする
  • 運動をする
  • 記憶した内容誰かに教える

脳は意識して使っていかなければなりません。脳を使うだけでなく運動をして睡眠をとることで記憶力が向上していきます。できることから取り組んでいけば記憶力も向上することでしょう。

 

おすすめの関連記事

働く時間を半分にして成果を倍増させるタイムマネジメント5つのコツ 

決断力のある人は立ったまま考える!決断力を高める3つのポイント

 

あなたのおすすめの書籍

E9100016242161

  • コメント: 0

関連記事

  1. Twitterでフォロワーを増やすにはアンフォローは必要か?

  2. USP(ユニークセリングプロポジション)とは?

  3. 雨の日に履きたいビジネス向けレインシューズ5選!

  4. 睡眠の質を簡単に向上!睡眠不足を解消し仕事のパフォーマンスを上げる方法

  5. アフィリエイトのキーワード選定はどうすればいいのか?

  6. クレジットカードでネットビジネスを効率化できる3つの理由とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。