セールスの成功を左右するヘッドラインとは?

66ed97ef5e89ef9ef6bceaafe29e4026_s

ヘッドラインとは?

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-mbp9v9a8418

あなたは「ヘッドライン」と言われて、何のことかわかりますか?セールスレターやダイレクトメールで1番最初に目に入る部分、それがヘッドラインです。他にも、見出し、キャッチコピー、ヘッダーなどと呼ばれたりもします。ヘッドラインと言うと、一番最初の文字列だと思う人もいますが、あくまで、一番最初に目に入ってくる部分のことをさして、ヘッドラインといいます。例えば、インターネット上のセールスレターなら、セールスレターを開いて、一番最初に表示される画面全体がヘッドラインの役割を果たしていることになります。

セールスではヘッドラインが最も重要である

66ed97ef5e89ef9ef6bceaafe29e4026_s

セールスマンから対面でセールするを受ける場合、あなたはそのセールスマンの話を聞こうかどうかをどこで判断しますか?声をかけられて、その続きの話を聞くかどうか決めるポイント、それって、第一印象ですよね。第一印象が良ければ、話の続き、つまり、セールスの内容も聞こうと思えるし、第一印象が悪ければ、話なんか聞かず、さっさと離れますよね。

人以外のセールスレターなども同じです。第一印象次第で、中身までちゃんと読んでもらえるかが決まります。つまり、セールスレターの中で、最も重要なのがヘッドラインだと言っても過言ではないのです。実際、アメリカで有名なコピーライターで、「ライティングにかける時間と労力の80%をヘッドラインに費やすべきだ」と言ってる人もいます。他にも、「ヘッドラインを読む人は、本文を読む人の5倍いる」と言っているセールスライターもいます。「セールスレターの一文目は二文目を読ませるためのもの。さらに言えば、一文字目は二文字目を読ませるためのもの。」これは、私がセールスライティングで何度も指導された内容です。とにかく、魅力的なヘッドラインを作ることができなければ、セールスは失敗に終わってしまいます。

では、魅力的なヘッドラインを作るためにはどうしたらいいのでしょうか?魅力的なヘッドラインを作るために重要な、5つのポイントを紹介しますので、1つずつ確認していきましょう!

魅力的なヘッドラインを作る5つのポイント

0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

良いヘッドラインをパクる

まず、ヘッドラインは基本的にパクって作っていきましょう。過去に大きな売上をもたらしたセールスレターや無料お試しなどのLP(ランディングページ)のヘッドラインを使い、必要な部分をリライトして自分のセールスレターのヘッドラインに使います。ライティングというと、なんとなく自分の頭でオリジナルを考えたくなりますが、セールスライティング・コピーライティングはパクってなんぼの世界です。それに、パクって作った方が、自分で考えたヘッドラインよりも、短時間で、魅力的なものができあがります。積極的に良いヘッドラインをパクっていきましょう。

写真や画像を使う

ヘッドラインは、コピー(文章)だけで作らなければならないという決まりはありません。写真や画像を使うのももちろんOKです。ヘッドラインの目的は、まず、人の目を引いて、そのセールスレターを読ませたいと思わせることです。そのためにも、まずは写真でも画像でも使って人の目を引くことが大切になります。写真や画像を使うことを躊躇しないようにしましょう。

思わず目を引く名詞や形容詞を使う

写真や画像と同様に大切なのが、言葉や単語の選び方です。見た人が思わず目を引かれてしまうような、魅力的な、強力な言葉や単語を使ってヘッドラインを作りましょう。その時に重要なのが、「具体的」にすることです。「たくさん稼ぐことができたノウハウ」「1ヶ月で38万6,756円を稼いだ最新のビジネスノウハウ」どちらの方が気になるかは明白ですよね。前者の「たくさん」という言葉では、人によって解釈の仕方が変わってきてしまいます。一般的な大学生にとっては月10万でも「たくさん」ですが、常に何百万、何千万という資金を動かしている社長にとっては、10万円はどうってことのない金額ですよね。抽象的な言葉や単語を使わず、具体的に数字を出すなどしていきましょう。

見る人の注意を引けるヘッドラインになっているか

ヘッドラインができたら、まずは、「見る人の注意を引けるか」をチェックしましょう。究極的には、ヘッドラインだけで商品のセールスが成功するのが理想ではありますが、商品のことを伝えるためにはボディコピーを読んでもらう必要があります。そのためにも、ヘッドラインの重要な役割の1つ目、「そのヘッドラインを見る人の注意をしっかり引けているか」を確認する必要があります。

続きを読まずにはいられないヘッドラインになっているか?

次にチェックするのが、「続きを読まずにはいられない」という気持ちにさせることができるかどうかをチェックします。今回の記事の最初の方でも書いたように、セールスレターの一文目は二文目を、一文字目は二文字目を読ませるためのものです。注意を引けるヘッドラインだとしても、そこで終わってしまっては意味がありません。しっかりと次のコピーへ誘導できるヘッドラインになっているか、チェックしましょう。

まとめ

fffa003c1b330b1bc0b402abcb376ff2_s

以上が、魅力的なヘッドラインを作るために必要な5つのチェックポイントでした。とにかく、セールスを成功させるには、第一印象が大切です。セールスレターならヘッドライン、メルマガなら件名、ブログならタイトル、これらにしっかりと時間と労力を使っていきましょう。

こちらの記事もおすすめです

セールスを成功させるために必要な7つの要素とは?
文章が書けない?ライティング中に手が止まる3つの原因

  • コメント: 0

関連記事

  1. PAK75_gyoe-20141221140222_TP_V

    アプリを使わずにスマホ依存症を徐々に治す7つの具体的なステップ

  2. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pp_gyosen

    起業独立する前に絶対に必要な準備と心構えとは

  3. 19aa9b15f94e35eea2dfd769db219456_s

    やる気を出すこと無く目標を達成するたった一つの思考法

  4. kao4

    文章を書く前に行う、脳の活性化法5つ

  5. blog

    読者がクリックしたくなるブログのタイトルの付け方7つの手法

  6. E1427784020332_bbac_4

    本当はみんな知らなかった? 実は検索されてる超重要ビジネス用語10選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。