sponsored link

コピーライターが知っておくべきマーケティング用語5選

sponsored link

コピーライターといえば、売れる広告文を書く、売れる広告を作るのが仕事ですよね。では、売れる広告を作るためには何が必要になるでしょうか?

文章を書くための文章力、人の心を動かすための心理学の知識、これらの知識、スキルは必須になりますよね。そして、重要なのが「マーケティングの知識」です。

今回は、マーケティングの知識の基礎でもあるマーケティングの用語の中でもコピーライターにとって大切な5つのマーケティング用語を解説していきます。

コピーライターならマーケティング、特にDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)の知識は必須

9784182da4bba8623f077e9e3f9df6d0_s

コピーライターになりたいと思ったら、あなたはまず何をしようと思いますか?コピーライティングの勉強をするのは当たり前ですが、特にどんな勉強に力を入れるべきでしょうか?

「良い広告、セールスレター、DMを大量に読み込む」とても大切なことですよね。

「お手本になるスワイプファイルを集めておく」確かに、セールスレターはスワイプファイルなしには書けません。

「人の心を動かすための心理学を勉強する」コピーライターの仕事は人の心を動かして、「買う」と決断させることですので、必要な知識ですよね。

「とにかく大量にコピーを書いてみて練習をする」それも大切です。何事も経験ですから。

でも、これらの他にもやるべきことがあります。それが、「マーケティング」特に「DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)」について知ること、勉強することです。

コピーライターの仕事である、セールスレターを作ることは、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの流れの中の一部です。つまり、コピーライターはダイレクト・レスポンス・マーケティングを知らないと話にならないのです。

では、マーケティング、ダイレクト・レスポンス・マーケティングを勉強するには、何から始めればいいのでしょうか?

まずはコピーライターに必要なマーケティングの用語から覚えよう

7e943c1a1d6a42e193dfcba7e530965e_s

まずは、マーケティングの用語、言葉から覚えていきましょう。マーケティング用語、言葉を知らないと、話について行けませんし、新しくマーケティングの勉強をしようにも、本を読んだりセミナーに行っても理解できない危険性が出てきてしまいます。

そのためにも、まずはマーケティングの用語、言葉を覚えることからはじめていくべきなのです。

とは言っても、マーケティング用語なんて、ハッキリ言って、膨大な数があります。それを全部覚えていては肝心のコピーライティングの勉強をする時間がなくなってしまいます。

そこで、今回は、マーケティング用語の中でも、特にコピーライターが覚えておくべきマーケティング用語に絞って解説していきます。

重要なものだけをまとめましたので、ぜひ、参考にしてくださいね!

コピーライターが知っておくべき5つのマーケティング用語

AKANE072160353_TP_V

コピーライターが知っておくべきマーケティング用語1:フロントエンド

最初に「フロントエンド」です。「フロントエンド」とは、「集客商品」という意味で、売上を上げて利益を得るためでなく、新規顧客の獲得のための商品になります。

そのため、商品価格を安く抑え、とにかく大量に販売することを目標にしています。広告出稿やアフィリエイトも利用して、赤字になることを覚悟してとにかく大量に売っていく必要があります。

フロントエンド商品を売る場合、商品やブランドのことを全く知らない消費者が相手の広告・セールスレターを作るので、それを意識した、しっかりと商品の魅力、ベネフィットを伝えるセールスレターを書く必要があります。

コピーライターが知っておくべきマーケティング用語2:バックエンド

次に「バックエンド」です。バックエンドは先ほどのフロントエンドに対して、利益を出すことを目的とした高額商品や、月額のサービスなどを販売します。

フロントエンドで見込み顧客を集めて、そこに対して利益になるバックエンドを販売する。これがダイレクト・レスポンス・マーケティングでよく行われる流れになっています。

バックエンドの場合、フロントエンドと違い、商品やブランドについてよく知っている見込み顧客が相手なので、フロントエンドよりもセールスレターの作成が比較的簡単だと言われています。

コピーライターが知っておくべきマーケティング用語3:CVR(コンバージョンレート)

次にCVR、コンバージョンレイトです。CVRとは、成約率のことで、簡単に言えば、広告を見たお客さんのうち、何人のお客さんが商品を購入したかの割合です。

1,000人がセールスレターのホームページにアクセスして、そのうち10人がそのページから商品を購入すれば、CVRは1%ということになります。

CVRは広告を評価する上で重要な指標となります。

コピーライターが知っておくべきマーケティング用語4:AIDAの法則(アイーダの法則)

AIDAの法則です。元々は消費者の商品を購買するまでの知りプロセスを表したマーケティング用語で、

A:Attention(注意)

I:Interest(興味)

D:Desire(欲求)

A:Action(行動・購買)

この順番で消費者は行動して商品の購入に至るという論理です。

コピーライティングの場合、セールスレターの「型」として利用されることもあるので、覚えておきましょう。

コピーライターが知っておくべきマーケティング用語5:AIDMAの法則(アイドマの法則)

次にAIDMAの法則です。こちらもAIDAの法則同様に、消費者の商品を購買するまでの知りプロセスを表したマーケティング用語です。

A:Attention(注意)

I:Interest(興味)

D:Desire(欲求)

M:Memory(記憶)

A:Action(行動・購買)

このように、AIDAの法則に「Memory(記憶)」が加わった形になります。AIDAの法則同様に、セールスレターの基本の型となりますので、しっかりと覚えておきましょう。

まとめ

以上、コピーライターが覚えておくべきマーケティングの用語になります。もし知らなかった言葉があれば、この機会に覚えておきましょう。

オススメ記事、関連記事はコチラ
コピーライティングに効果的なテクニックの仮想敵とは?
コピーライティングを勉強する3つのメリットとは?

sponsored link

f88dda49bf66247f1cba38ebc89b4ef0_sコピーライティングを上達させる単語選び・単語の増やし方

ffd8a22f35b49d8c28dcd6a3e39e0e6b_s仕事ができる人のビジネスメールのコツやマナー!効率化するポイントとは

関連記事

  1. S20170330303315_TP_V

    アンガーマネジメントとは?ビジネスに応用する方法・やり方

    私たちは人間です。生きていればどうしてもカッとなってしまったり、怒りを感じてしまうこともありますよね…

  2. 408257a52982753159e399ba4a798bc3_s

    セールスをするなら知っておくべき人間の2種類の欲求とは?

    セールスで物やサービスを売るには、お客さんがどんな欲求を持っているのかを探る必要があります。人が物や…

  3. ell75_yousyohondana20120620_tp_v

    頭の中で思ったことを言葉にできますか?思考を整理する方法

    聞いたことあるしなんとなく知っているけど、うまく言葉にできず頭の中がモヤモヤしている、うまく表現でき…

  4. 25f7f098d61c634c45778391860046d1_s

    アフィリエイト初心者のための整理整頓術

    デスクが綺麗な人は仕事ができるとよく聞きますがこれは事実だと思いますか?答えは「yes」です。整理整…

  5. 8d326c844c57e03e4ff71f6a4887c4bc_s

    やらないことリストは仕事の効率を上げる⁉︎やることリストとの違い…

    仕事のできる人が取り組んでいることと言えば「やることリストを作ること」という仕事術が、色々な…

  6. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-green_na20140125

    仕事で圧倒的な結果を出すためには、「時間と期限」を常に意識しよう…

    小学生の頃の夏休みの宿題を思い出してほしいんですが、あなたは余裕をもって終わらしていた派ですか?…

  7. a46032c118507bab5a13092abecf8731_s

    集客が最も稼げるビジネススキルだった

    お客さんがいないと物が売れないあなたはこの世で最も稼げる、金になるビジネススキルが何か知…

  8. c514b98a3baf18cb79f9adf7874499d4_s

    ランディングページとセールスレターの違いを初心者向けに解…

    インターネットを使ってビジネスに取り組んでいる人が何気なく聞いたり使ったりし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP