sponsored link

仕事を効率化するビジネスマンのための時間の使い方・コツとは?

sponsored link

あなたは効率的に時間を使いながら仕事をすることができていますか?私たち地球上に生きる人間に与えられた時間は平等で、どんなに偉い人でも、どんなにお金を持っている人でも、どんなに若くても、1日24時間という時間だけは変わることがありません。

そう、どんなに忙しくても、どんなにやりたいことがたくさんあったとしても、私たちは24時間という限られた時間の中で、生活、仕事、遊びをしていかなければならないのです。

しかし、そうは言っても、24時間の中でやるべきこと、やらなければならないこと全てをやり切ることができない場合だってありますよね。では、そんな場合はどうすれば良いのでしょうか?1つの方法が、自分の生活を犠牲にするという方法があります。眠る時間や食事の時間を削ることによって、新しく仕事や遊びの時間を生み出す方法です。

しかし、できる限りそれらの時間は削りたくはないはずです。私たちは人間である以上、ずっと起きていれば眠くもなりますし、食事をしなければ空腹になります。他にやることがあれば我慢するしかありませんが、できることならそれらの時間を削りたくはありませんよね。

そこで、生活を犠牲にすることなく、仕事や遊びに十分な時間を使うためにも考えておきたいのが、「時間の使い方」です。うまく時間を使うことができれば、仕事にかけるべき時間を減らすことができますので、生活の時間を犠牲にすることなく、より多くの仕事をこなすことができるはずです。

今回は、仕事を効率的に終わらせるために知っておきたい時間の使い方やそのコツをご紹介していきます。

人間の体に合わせた時間の使い方をする

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-PAK85_tosutool20140830

私たち人間は、24時間、1日中同じテンション、体調ですごしているわけではありませんよね。太陽が出てきて明るくなれば目が覚めますし、太陽が沈んで暗くなり、夜になれば眠くもなります。朝や昼、夕方でもそれぞれ体調やテンションに変化がありますよね。

実際に、私たち人間にとって、朝に向いている活動、昼に向いている活動、夜に向いている活動と、それぞれの時間帯によってやるべき活動は異なります。たとえば、体を休めるべき時間帯に激しい運動をしようとしても、体はあまり動かず、パフォーマンスは低下しますよね。

逆に、その時間帯にやるべき活動をやれば、効率が上がり、仕事や作業を素早くこなすことができるようになるのです。今回は、それぞれの時間帯にやるべきこと、向いている活動を紹介しますので、それに合わせて1日の仕事の時間の使い方を考えてみて下さい。

仕事を効率化するためのビジネスマンのための時間の使い方とコツ

午前中はクリエイティブな活動、アウトプットに向いている

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-LIG_h_monitaringsurudansei

私たちが起きてから一番最初に過ごす時間、午前中はクリエイティブな活動、アウトプットの活動に向いていると言われています。朝起きてからすぐの時間ですので、脳も疲れておらず、頭の中がクリアで、考え事をするのに適した時間帯なのです。

そのため、新しく何かを作り出すような創造的な作業・仕事、クリエイティブな作業・仕事に向いていると言われている時間帯です。新商品のアイディアを出したり、何かを0から考える場合には、午前中の時間が向いていると言われています。

また、私たち人間は、勉強したことや記憶などを眠っている間に整理すると言われていますので、情報を発信するアウトプットの作業もこの時間帯が向いていると言われています。

お昼のあとはインプット作業や単純作業を行う

OOK9V9A6886_TP_V

午前中が終わり、お昼の時間帯です。お昼が終わった後の午後の時間帯と言えば、強烈な眠気が襲ってきますよね。この眠気の原因は2つあります。1つは、昼食を食べたことにより、体の中で副交感神経が優位になり、体が休息のモードに入ること。また、私たち人間の生物としてのリズムでも、起床してから時間が経過したお昼の時間帯というのがちょうど眠くなる時間帯なのです。

この時間の過ごし方のコツとしては、まず1つはいっそのこと休んでしまうこと。体のリズムに逆らわず、お昼寝、仮眠をして休息を摂ることです。

しかし、昼寝なんてしてられないという人ももちろんいるはずです。そんな場合は、単純作業や、インプットの勉強など、クリエイティブな仕事や作業を避けることがおすすめです。この眠たい時間帯に無理やりクリエイティブな仕事や作業を行ったところで効率が落ちるだけになってしまいます。

夕方からは再びアクティブになる

pak25_kinnikuryouude_tp_v

午後の時間帯が過ぎて、夜が近づいてくる夕方です。実は、私たちは夕方から体や脳が元気になり、この時間帯もクリエイティブな作業や仕事をすることができます。私たち人間の生体のリズム的に、夕方から再び体温が上昇し始めるからです。

体温が上昇し始めれば、体や脳が元気になりますので、アクティブに、クリエイティブな仕事や作業にも打ち込むことができます。午後の時間帯でインプットや単純作業をした後は、夕方の時間からしっかりと仕事をするのもいいでしょう。

優先度の高い仕事や作業から終わらせていく方法

baaaed643072f76a4c0412d468d12298_s

ここに書いた時間の使い方は、朝起きて活動をする朝型の人を想定した時間の使い方になります。しかし、世の中朝型の人間ばかりではありませんよね。朝や午前の時間を眠って過ごす夜型の人も当然存在します。そこで、朝型夜型など、生活リズムに関係なく使える時間の使い方、コツを紹介します。

それは、優先度の高い仕事や作業から順にやっていく方法です。優先度の高い仕事、つまり、「期限のある仕事」「お金、利益に直結する仕事」これらのことになります。まずは、期限があり、絶対にやらなければならない仕事を終わらせず。次に、その仕事をやることで確実に稼げる、利益が上がるといったような、お金や利益に直結する仕事から順番に行っていく方法です。

この、優先度の高い仕事から行うという優先順位の付け方をした上で、参考程度に午前、午後、夕方の時間の使い方を加えてスケジュールを組むのもいいのかもしれません。

まとめ

これ以上時間が作れないと思った場合には、やるべきことを整理して、今回紹介した方法・コツで時間の使い方を考えてみて下さい。あなたの時間を増やすための助けになってくれるはずです。

オススメ記事、関連記事はコチラ
眠気・疲労を短時間で回復できるコーヒーナップとは?
短時間睡眠でも熟睡して仕事や勉強に集中するためのコツ

sponsored link

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-SAYA0I9A8798効率を劇的に上げる!昼食後の眠気を対策し仕事に集中する方法

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-suzuki0I9A6739_1思わずむかつく⁉︎年下上司への上手な接し方とは

関連記事

  1. suimin

    睡眠時間を短縮して、仕事に費やす時間を増やす方法

    ビジネスマンは毎日忙しい。睡眠時間は取ろうと思ってもなかなか取れない。しかし、取らないわけに…

  2. 7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

    仕事が遅い・時間がない人の3つの理由・原因と対策・対処法

    あなたは仕事がおそいことで悩んだことはありませんか?どうしてこんなに仕事が遅いんだろう?…

  3. 11032004639

    相手の心を動かす、3段階のコピーライティング技術

    あなたは【コピーライティング】という言葉を聞くと「文字」や「文章」を想像していませんか?実は…

  4. 987879e1f28f28c8186bd5d587d864a9_s

    忙しいビジネスマンこそ鉄のフライパンで自炊しよう

    自炊してますか?健康や食費のことを考えると、自炊をすることが1番いいと分かっていても、忙しいとな…

  5. 7970033ea775f539b2e470af8646111c_s

    働く時間を半分にして成果を倍増させるタイムマネジメント5つのコツ…

    毎日忙しい日々を過ごしていませんか?やらなければいけないことが多すぎて全てを終わらせることができる日…

  6. ts_pt1

    作業時間の質を高めるテクニック

    色々やることがあって時間がない人も多いかと思いますが、そんなときどうしてますか?睡眠時間を削って仕事…

  7. running-498257_1280-304x214

    【時短術】ライティングにかける時間を3分の1に縮める方法

    文章を書くことの多い現代人にとって、ライティング技術は必須です。ライティングの技術とは、良い…

  8. a95ece7cd976a396a040aa1aaae52e9c_s

    仕事が速い人は同じ様なタイプの仕事はまとめて片付ける

    仕事が速い人は時間の使い方がうまいあなたの周りに、とにかく仕事が速い人っていませんか?「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP