sponsored link

失敗を成功の糧にする成功者になるためのコツ

sponsored link

ほとんどの人は、何かしら失敗をしたことありますよね。失敗をしたことがないという人は、ほとんどいないと思います。とは言っても失敗してしまうと失敗の大きさに関わらず精神的にも肉体的にも辛くなります。どんな成功者でも失敗はしてしまいます。なので失敗をしたらいつまでも落ち込んでいるのではなく、その失敗を、正しいやり方で修正してその失敗を糧に成功することができます。

成功者は、繰り返して失敗してもその失敗に負けることなくやり続けているのです。成功するためには、何事もやり続けなければならないのです。これは、ビジネスにも当てはまり、仕事で失敗をしてもその失敗を糧に成果を出さなければならないのです。その失敗を成功の糧にする成功者のコツをお伝えしていきます。

 

いつまでも落ち込まない

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-IMARIC20160805310323

失敗してしまうと多くの人は、精神的、肉体的にダメージを受けてしまいます。落ち込みすぎて、「自分は、ダメだ」と背m流こともあるかもしれません。その失敗に気持ちがいつまでも負けてしまっていると、もしかしたら精神がやられて負のスパイラルに陥ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、多くの成功者は、失敗からの負の連鎖にならないように失敗したて一番はじめにやることは自分自身の精神的、肉体的がやられている状態から抜け出し回復させることです。そのためには、まず失敗したことを認めるところから始まります。そうすることで失敗から回復するのも早くなるはずです。

失敗を全面的に受け入れる

失敗から早急に回避区するためには、まず全面的に、自分は失敗したんだと失敗して事実を全面的に受け入れなければいけません。失敗した場合は、必要以上に自分を責めてしまう人と、どんなに大きな失敗をしようとも自分を追い込まない人がいます。成功者は、どんなに大きな失敗をしようとも自分を追い込まない人です。失敗をいつまでも失敗と捉えているのではなく、チャンスと捉える考え方をしています。そうすると失敗からの回復も早くなるでしょう。

発想の転換をする

成功者は、失敗をチャンスと捉える考え方をしているのですが、失敗をチャンスと捉える考え方になるために失敗した時の発想の転換方法があります。その方法は、失敗の事実を肯定的することです。通常、失敗した時は、「自分は、ダメだ」などと自分を責めてしまいがちです。自分を責めるのではなく失敗を肯定しましょう。例えば、「これで今までない経験ができた」「前の自分よりもより前進した、成長できた」など失敗したことを、ポジティブに認めてしまうのです。失敗してダメージを受けたら自分が成長できるチャンスだと考えるのです。それが成功するための必要なことです。

 

失敗を分析してより良い方法を考える

c87bd5785b918ddfd9826ac7e74294b5_s

失敗から回復したら、その失敗を分析していかなければなりません。そうしないとまた同じ失敗をしてしまい、前より大きなダメージを受けています。ハインリッヒの法則は、知っていますか?1つの重大な失敗の影には、29件の軽度の失敗があり、さらにその影にはヒヤリとした失敗が300件あるということです。1つの失敗を分析して対策をすることでヒヤリとした300件の失敗の予防になります。なので、まずは、失敗の原因を解明しなければなりません。

失敗の原因を追求して理解する

失敗の原因を分析していくには、分析していく失敗の周りにある色々なものも分析していかなければなりません。ここでちゅうしたいことが、失敗した人の責任追及に陥りがちになってしまいます。なので本来の目的である失敗の原因の追求だということを忘れては、いけません。同じ失敗を繰り返さないために失敗を分析していくことが大切なのです。また、失敗に関係のない人から意見を聞くことができれば客観的な視点からの意見も取り入れることができます。

全体像で捉える

一つのケースの失敗した原因を分析しただけでは、他の失敗した事例に応用が効きません。そうすると似たような事例になった時にまた同じような失敗を繰り返してしまう可能性があります。一つのケースの失敗した原因を分析しただけでは、不十分です。なので失敗を全体像で捉えるようにしなければなりません。失敗してしまう時は、目の前のことしか見ておらず、全体像では、捉えていないないことが多いのです。失敗を全体像で捉えると分析したことが今後にも生かされて、同じ状況になった時でも失敗を繰り返さないようになります。

失敗を分析した記録を残す

失敗の原因を特定できてその原因をしっかりと自分のなかに落とし込むことができたら、その分析結果を記録として残しておきましょう。人の記憶は、忘れてしまうものです。せっかく失敗の分析して解明できたのに、自分の記憶だけに残しておいては、いつか忘れてしまいます。そうならないためにも、いつでも見返すことができるよに記録しておきましょう。

 

 

まとめ

失敗をするのは、誰だって嫌ですよね。しかし、すべてのことを完璧にこなせる人はいません。なので失敗した時は、しっかりと向き合って分析して自分の成功に繋がるようにしていきましょう。

 

オススメの関連記事

ビジネスマンにはマイナスイメージの優柔不断を改善するコツとは?

少ない労力で結果を出せる合理的な考え方ができるコツとは?

 

オススメの書籍

G6100013814961

 

sponsored link

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-OZPA89_danborunosekaikarasotowonagameru転勤は拒否できる?転勤や人事異動を上手に断る方法とは

gori_9V9A8291_TP_VMacで仕事するならインストールするべきアプリ・ソフト3選

関連記事

  1. YOTA93_udewokumubiz15121216_TP_V

    ビジネスで望み通りの返事がもらえる質問方法とは?

    人とうまくコミュニケーションを取るためには質問することは欠かせません。質問することで相手のことを知り…

  2. b7d3eeb49d19f6fdea5ea887a9c4c096_s

    激太りするだけじゃない!仕事のストレス太りが体に与える5つ…

    学生時代は夜更かしをして遊ぶことも頻繁だったし、社会人になってからの方が規則正し…

  3. 8d326c844c57e03e4ff71f6a4887c4bc_s

    やらないことリストは仕事の効率を上げる⁉︎やることリストとの違い…

    仕事のできる人が取り組んでいることと言えば「やることリストを作ること」という仕事術が、色々な…

  4. n784_kakejikunomaedeseizasurumiboujin_tp_v

    朝、30秒で健康を維持する方法

    最近、いつ正座をしましたか?イスやテーブルが普及して意外と正座する機会って少ないですよね。…

  5. baaaed643072f76a4c0412d468d12298_s

    リライトによる記事の書き方・コツ・方法をまとめました

    ライター・ブロガーに必須のリライトのスキルサイトやブログの記事を更新するライターやブロガ…

  6. yuka9v9a8531_tp_v

    速読を訓練・練習なしでできるようになる3つのテクニック

    日本ではいま速読がブームになっていますよね。数年前から書店に行ってみると、速読の方法ややり方、訓練・…

  7. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-haha160306160I9A2156

    初任給で親に感謝を伝えたい!人気おすすめプレゼント特集最新…

    会社に勤めて働いている会社員にとって待ち遠しい日といえば、毎月25日にやってくる…

  8. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-MAX87_batuwotukuttagaijin20140531

    仕事ができない人に共通する6つ悪い癖

    社会人になって何年も経つのに、いつまでたっても仕事の要領がつかめない人がいます。そのような人は思うよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP