sponsored link

短時間の短い仮眠でも効果的に疲労回復できる仮眠グッズ

sponsored link

近年、私たちの社会の変わるスピードは非常に早くなっています。昨日までの情報が古いと言われるような時代です。そんな時代で生きる私たちは常に多忙を極めているため、睡眠もろくにとれない生活を送っている人も多いはずです。そこで問題になってくるのが、「睡眠不足」です。

睡眠不足は私たちに数多くの弊害をもたらします。睡眠不足による病気や疾患・健康被害、日中の眠気によって集中力が続かず仕事や勉強への悪影響、最悪の場合、睡眠不足による健康被害や病気、または日中の眠気による注意散漫が原因で交通事故を起こし、死に繋がる可能性もある恐ろしいもの、それが睡眠不足です。

では、睡眠不足を解消するにはどうすればいいのでしょうか?まず思いつくのが、十分な睡眠を取ることですが、そもそも忙しくて長時間の睡眠ができないから睡眠不足に陥ってしまっているわけです。ですので、まとまった長時間の睡眠は難しいですよね。

そこでおすすめなのが「仮眠」や「昼寝」です。日中の仮眠は夜の睡眠の8倍の疲労回復の効果があると言われていたりして、仮眠は睡眠不足の解消に非常に効果的な対策なのです。今回は、そんな仮眠をより効果的にし、疲労回復するための仮眠グッズをご紹介していきます。

質の高い仮眠をとることによって夜の睡眠不足を補う

仮眠をとる上で大切なのは、長時間ダラダラ昼寝を続けることではなく、短時間で効果的に眠気や疲労を回復させることです。そもそも、夜眠る時間がないから仮眠をとるわけですから、長時間の仮眠をとれるわけがありませんよね。そこで、仮眠の質を上げるために大切なのが、仮眠の環境を整えることです。

仮眠をする場合、理想的な仮眠の時間は15分〜20分、長くても30分までとされています。仮眠では夜の睡眠のような深い眠りは必要なく、むしろ浅い眠りの段階で目覚めることによって、脳や体・筋肉が休息モードに入って働きが鈍くなるのを防ぐ目的があります。そのために必要なのは、ふかふかのベッドでぐっすり眠ることではなく、椅子に座った状態でサッと仮眠をとり、スパッと気持ちよく目覚めることです。

そこで、椅子に座ったままでもしっかりと脳や体を休め、仮眠後もすぐに目を覚まして、作業や仕事に取り組むための環境の作り方、そして、その環境を作るために必要な3つの仮眠グッズをご紹介していきます。

短時間の短い仮眠でも効果的な疲労回復を実現する3つの仮眠グッズ

アイマスク


まずは、アイマスクです。日中に行う仮眠では、夜の睡眠と違い、太陽の光や照明の光など、明かりで溢れた環境で眠ることになります。ですが、強い光は私たちの睡眠を妨げる大きな原因の一つになります。目を閉じても強い光があれば、まぶたを閉じていても感じてしまうので、仮眠の妨げになってしまいます。

そこで有効なのが「アイマスク」を使うことです。アイマスクを使えば、目に入ってくる光を遮ることができますので、明るい場所でもしっかりと仮眠をして疲れをとることができます。また、最近では蒸気の力で暖まるアイマスクなど、目の疲れをとることに特化したアイマスクもあります。パソコンを見つめる仕事など、疲れ目が気になる場合には、そのようなアイマスクを使うことで効果的に疲労を回復できるはずです。

ネックピロー


次に、ネックピローです。仮眠をとる場合、ベッドで眠るのではなく、椅子に座って眠ることが多いということをお伝えしましたね。しかし、椅子で眠る場合、頭を支える枕がないことがほとんどです。高価なオフィスチェアの中にはヘッドレストの付いた椅子もありますが、多くの椅子には付いていませんよね。

そこで効果を発揮するのがネックピローです。ネックピローなら、首に付けて使うことができますので、どこでも頭を支えることができますよね。私たち人間の頭部はかなりの重さがあります。それをしっかり支えてあげることができなければ、首や肩に負担がかかってしまいますので、しっかりと仮眠で休息をとることができなくなってしまいます。頭を支えるネックピローを用意して、座ったままでもしっかりと頭を支えられるようにしておきましょう。

コーヒー


最後に、「コーヒー」です。コーヒーナップという疲労回復のテクニックがあるように、仮眠や昼寝の前にコーヒーを飲んでおくことは効果的だとされています。コーヒーに含まれるカフェインが効き始めるのが、コーヒーを飲んでから約20〜30分後と言われていますので、ちょうど仮眠から目覚めるときにカフェインの覚醒作用が効いてくるということなのです。

仮眠で一番つらいことと言えば、目を覚ます瞬間ですよね。たしかに睡眠が浅い状態で目を覚ますので、深夜に起こされるようなつらさはありません。しかし、睡眠が中途半端な状態で起こされるということには変わりがありません。そこで、コーヒーの覚醒作用を利用して、目覚めを良くし、起きた後に時間を無駄にすることなく、すぐに仕事や作業に戻れるようにするのです。

まとめ

多忙やブラック企業によって睡眠不足が常識、当たり前になってしまった現代において、短時間で睡眠不足を解消できる「仮眠」は非常に大きな存在です。短時間の仮眠によってしっかりと休息をとり、病気や事故、仕事・勉強への害が出ないようにするためにも、仮眠グッズをうまく使いながら、上手に仮眠をとっていきましょう。

オススメ記事、関連記事はコチラ
ブラック企業勤務の睡眠不足対策に3種類の仮眠・昼寝のコツ
眠気・疲労を短時間で回復できるコーヒーナップとは?

sponsored link

MAX98_yattazeyossya20140531_TP_V働きたくない気分は、環境を変えればモチベーションが上がる!!

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-Zenzenzense0I9A7309睡眠不足でも集中力を保つ方法!寝不足での車の運転は危険!

関連記事

  1. fea370f33cc7f1a40a98ca78128f939f_s

    USP(ユニークセリングプロポジション)とは?

    USPを正しく理解できていますか?あなたはUSP(ユニークセリングプロポジション)につい…

  2. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-IMARIC20160805310323

    仕事は楽しくないのが普通⁉︎楽しいと思えるようになる考え方とは…

    毎日忙しく仕事をして過ごしていると、ふとした時に「なんだか仕事が楽しくない、、、…

  3. ook785_yoituburete_tp_v

    サボり癖がついていませんか?サボり癖を治すための6つのポイント

    仕事に取り組んでいてもすぐにサボる人っていますよね。あなたは心当たりありませんか?このような人はサボ…

  4. monitor-313013_640

    2017年!32インチのおすすめモニター5選!

    PC作業ではマルチモニターの方が捗るという話最近、マルチモニターで仕…

  5. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-yuki150321280i9a4443

    強制的に集中力を高め、作業を捗らせる3つの方法

    よし、やろう!そう思ってデスクに座ったのに、すぐに集中力が切れてだらけて…

  6. pak25_kinnikuryouude_tp_v

    脳疲労は鬱の原因になります。脳疲労を回復させる4つの方法

    疲れが溜まっていませんか?十分な休息・睡眠を取っているのに体の疲れが取れていない、そんな状況が続いて…

  7. OOK9V9A6886_TP_V

    日常生活でできるコピーライティング上達のコツと勉強方法

    コピーライティングの勉強方法が分からない。コピーライティングを勉強したいけど、まとまった時間がとれな…

  8. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-tsuyoshi-2

    無気力で仕事ができない⁉︎何もしたくない状態を克服する方法…

    しなければいけないことは山積みなのに、頑張れない。デスクに向かったはいい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP