sponsored link

ビジネスでは決断できずに悩むのはムダ!!優柔不断を克服して決断力をつける方法

sponsored link

あなたは、決断力はありますか?人は何かしらの決断を毎日しています。この交差点で右に行くのか左に行くのか、将来のために転職してキャリアアップするのか会社に残って昇進するために頑張るのかなどいろいろなことに対して決断を迫られていています。

ビジネスでは決断の繰り返しです。このようにビジネスでは常に決断が求められ迅速な判断をしなければいけません。しかし、優柔不断だと決断することに時間がかかります。その結果、ビジネスの成果にも大きく影響してきます。決断が遅いとビジネスでは成果は出せません。ビジネスにとって悩んでいる時間は無駄なことなのです。無駄な時間を過ごさなようにするためには決断を迅速にしなければなりません。優柔不断を直して迅速に決断できるようになる方法をお伝えします。

 

優柔不断を克服するためには?

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s

優柔不断とは「ぐずぐずして物事の決断のにぶいこと」「気が弱く決断力に乏しいこと」ということです。消極的、弱気、受け身などビジネスにとってマイナスな印象になっていしまいます。マイナスな印象にならないためにも優柔不断は克服する必要があります。これから優柔不断を克服する方法をお伝えします。

大切なポイントはどこか見極める

自分にとって大切がどこかなのかを見極めることは優柔不断を克服するためにはとても重要なことです。決断できずに迷ってしまう原因は選択肢が多すぎることやふんだんする基準がないことが原因に挙げられます。なので決断することのポイントを絞ることで選択肢が整理されて判断する基準が見えてきます。

情報収集をする

優柔不断になるのは判断することの情報が少なすぎる場合があります。情報が少なすぎるといくら大切なポイントを見極めても判断することができません。なので情報収集する必要があるのです。

決断する場合にいくつかの選択肢があります。決断することに対してよく知らない決められないなんてことがあります。この場合は決断するしなければいけないことについて決断できるだけの情報を集めなければなりません。情報取集する際に注意しなければいけないことがあります。現代はインターネットで調べれば無数に情報があります。最高の決断をするために情報を集めすぎると逆に、判断できなくなります。これは情報を集めるすぎると選択肢が多くなり判断ができなくなってしまうからです。

選択のパラドックスという言葉を聞いたことがありますか?これは選択肢を増やせば増やすほどどの選択肢も選べなくなってしまうことです。決断をするときに情報収集をするのはとても重要なのですが情報がありすぎて知りすぎると選択肢が増えてしまいます。そうすると優柔不断になっていしまいます。なので情報収集する場合は決断するために必要な最低限の情報だけにしておきましょう。その方が、多すぎる情報に翻弄されるよりも、決断が容易になります。

完璧主義をやめる

完璧主義の人は、「何に対しても絶対に失敗はしてはいけない」と何事にも100%の出来を求めてしまいます。「何に対しても絶対に失敗はしてはいけない」という意識を変えなければいけません。その意識を変えることが優柔不断を克服するのには大切なのです。優柔不断な人は完璧主義の人や他人からの評価を極端に気にする人に多いのです。

優柔不断の人は絶対に正しい選択、リスクがない決断を好む傾向があるそうです。このように絶対正しい、リスクがないことはまずありません。実際にやってみないとどうなのかもわかりません。もしかしたらリスクが高いのかもしれないですし、やってみたらリスクなかったなんてこともあります。しかしリスクを避けて、正しいことを求めすぎていると行動ができなくなり決断できません。決断しないという決断をしてしまっているのです。完璧主義の人は選択してしまったら終わりと考えています。もし失敗したときに次に生かすことや、違う選択肢を選び直すという考え方がりません。まずは、行動するようにしてみてください。

紙に書き出してみる

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak85_yoteihyouwotukerubiz

なかなか決断できずいるときは、頭の中でだけで考えずに神に決断するための情報を書き出して情報を整理みましょう。選択肢や情報が多いときに有効です。選択肢や情報を目に見えるようにすることで客観的にも判断できます。

頭の中の選択肢や情報を書き出したらいらない情報や選択肢を消していき徐々に整理していきます。絞られた情報や選択肢のメリットとデメリットを書き出して優先順位をつけています。このように紙に書き出していくと頭の中では複雑に考えていた情報や選択肢がシンプルに捉えれるようになり紙に書き出す前に比べて決断がしやすくなります。

締め切りを決める

優柔不断を克服するためには締め切りを決めることはとても重要です。優柔不断な人の多くは時間に余裕はあるので今すぐ決めなくてもいいと判断して決断を先送りしてしまうのです。先送りしないためにも締め切りは優柔不断を克服するために必要なのです。

締め切りをなんとなく決めていたのでは、優柔不断を克服することはできません。先延ばししないためにも明確な締め切りのルールを決める必要があります。すぐに決断できるものであれば「何分以内に決める」「何時までに決める」などです。まずは精神的な負担がない決断からやっていきましょう。また、よく考えて決断しなければいけない場合もあります。そのときは「今日の何時まで」「何日後の何時まで」と時間がかかり間が空いてしまうのでタイマーなどを使って締め切りの時間がわかるようにしてください。

 

まとめ

ビジネスにおいて優柔不断はあまりメリットがありません。なので優柔不断は克服した方が良いでしょう。優柔不断にも長所があるじゃないかと反論があるかもしれません。優柔不断を克服しても長所は取り入れることはできます。慎重に考えなければいけないことは慎重に寒鴉が獲ればいいだけですから。なので優柔不断は克服した方がいいのです。

優柔不断を克服するためには5つの方法があります。

  • 大切なポイントはどこか見極める
  • 情報収集をする
  • 完璧主義をやめる
  • 紙に書き出してみる
  • 締め切りを決める

まずはやれるところからチャレンジしていきましょう。決断できないのは行動しないからです。優柔不断を克服するはじめの一歩は行動することです。

オススメの関連記事

ビジネスで目標を達成するための5つのメンタルトレーニング方法

習慣化するためのコツは継続することです。習慣化するための継続する7つのコツとは?

あなたにオススメの書籍

5T635260

 

sponsored link

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s体調管理も仕事のうち!簡単に休めない社会人の健康管理術とは

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_s眠気・疲労を短時間で回復できるコーヒーナップとは?

関連記事

  1. ffd8a22f35b49d8c28dcd6a3e39e0e6b_s

    勝ち癖がつけば全て上手くいく⁉︎仕事での負け癖を克服する方…

    ・仕事でミスを連発して、怒られっぱなしで凹んでいる。・仕事だけでなく私生活で…

  2. YOTA82_atamakakaeru15123152_TP_V

    食べ過ぎ・飲み過ぎの辛い翌日にできる応急処置まとめ

    付き合いや飲み会、親しい人と食事やお酒を飲んだりして、ついつい飲み過ぎ、食べ過ぎてしまうことってあり…

  3. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-PAK85_tosutool20140830

    寝起きが悪くて起きれない⁉︎寝坊で遅刻を絶対しない対策方法と…

    朝、早くても自分の決めた時間に起きることができる人と、決めた時間よりも大幅に遅れ…

  4. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-n825_ohirunojikan

    お金も信頼も失う行動は、時間にルーズなことです。

    先日、宅急便が来たのですがさすが日本の宅配会社です。時間指定どうり持って来てくれるので助かります。少…

  5. 408257a52982753159e399ba4a798bc3_s

    セールスをするなら知っておくべき人間の2種類の欲求とは?

    セールスで物やサービスを売るには、お客さんがどんな欲求を持っているのかを探る必要があります。人が物や…

  6. 3fead2fdfef77273a1a75fe6c336f477_s

    デジタル手帳デビューにおすすめサービス5選!2018年注目のサー…

    今回は2018年に使いたいデジタル手帳を紹介していきます。2018年にはデジタル手帳デビューしたいと…

  7. monitor-313013_640

    2017年!32インチのおすすめモニター5選!

    PC作業ではマルチモニターの方が捗るという話最近、マルチモニターで仕…

  8. 7970033ea775f539b2e470af8646111c_s

    副業でアフィリエイトをやる人のための効率の良い時間の使い方

    個人でアフィリエイトをやっているほとんどの人はサラリーマンをやりながら副業として始めていると思います…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP