sponsored link

夜行バス(深夜バス)で快適に過ごすために必要な物・必需品

sponsored link

あなたは夜行バス(深夜バス)を使うことはありますか?私は先日、夜行バス(深夜バス)を使って長距離の移動をしたのですが、とある準備をして乗り込んだ結果、夜行バス(深夜バス)の出発地から目的地までの間、快適に過ごすことができました。今回は、私が夜行バス(深夜バス)の車内を快適に過ごすために行った準備、車内に持ち込んだ必需品をご紹介していきます。

夜行バス(深夜バス)に乗り込む当日にやるべき準備

554cc43dc10f98814288ac5fdc7ffc6f_s

まずは、夜行バス(深夜バス)に乗り込む当日にやっておくべき準備をご紹介します。夜行バス(深夜バス)に乗り込む前にやっておくべき準備と言っても難しいことはなく、簡単に言ってしまえば、夜眠くなる準備です。

夜行バス(深夜バス)を快適に過ごせるというのは、ようするに車内で眠ることができて、起きたときに目的地に着いているという過ごし方ですよね。狭く、揺れる車内でもしっかり眠れるように、夜に眠くなるように日中から準備をしておく必要があります。

では、夜眠くなるための準備というと、どのようなことがあるでしょうか?それは、身体と脳をしっかりと疲労させることです。人間が眠くなり、熟睡できる条件というのは、体も頭もしっかりと疲れている時です。そのためにも、日中のうちに、しっかりと身体と脳を疲れさせておくことが必要になります。

疲れさせるといっても、心身共にボロボロになるような過ごし方をする必要はありません。

たとえば、身体の疲労を溜めたいのなら、エレベーター、エスカレーターの代わりに階段を使ったり、少しの距離(一駅分)くらいなら、電車やタクシーを使わずに歩くなど、それくらいのことで十分です。

脳に関しても同じことが言えます。空いた時間に読書をしたり、考え事を伴う仕事や作業を行うなど、その程度の行動で十分です。

日中のうちに身体と脳、バランス良く疲労させることができれば、夜、夜行バス(深夜バス)に乗ったときも、自然と眠くなって眠りにつくことができるはずです。

また、どうしても夜行バス(深夜バス)の車内で眠れそうにないという場合には、乗車の直前にアルコールを飲んだり、炭水化物を多く含む食べ物を食べるようにしてみてください。アルコールには緊張をほぐす力がありますし、炭水化物を食べると、インスリンの効果によって食後眠くなります。

ただし、これらの方法は寝付きは良くなりますが、眠りは浅くなる可能性がありますので、できる限り使わないことをおすすめします。

夜行バス(深夜バス)の車内を快適に過ごすために必要な物・必需品

では、次に、バス車内を快適に過ごすための必需品を3つ紹介していきます。これらを車内に持ち込むことによって、車内で過ごす時間を快適な時間にすることができるはずです。

その1:アイマスク

まず1つ目がアイマスクです。夜行バス(深夜バス)は消灯時刻を過ぎると車内の電気が消えて真っ暗になるのですが、実際は窓の外の光などがカーテンの隙間から入ってくるので、以外と光を感じてしまいます。

そこで活躍するのがアイマスクです。1度試してみると分かるのですが、アイマスクを付けると一気に目に入る光の量が減ります。ですので、まぶしくて眠れないということはなくなるはずです。

耳栓を進める人もいますが、個人的にはアイマスクを優先して持っていくべきだと思います。私たち人間にとって、最も多くの情報量を受け取るのが「視覚」だからです。その視覚をしっかりと遮断することで、情報が脳に入ってくるのを防ぎ、しっかりと休めることができます。

その2:多めの飲料水

夜行バス(深夜バス)の車内は空調をしっかりと効かせていることもあり、非常に乾燥しています。また乗車時間も6時間以上の場合がほとんどだと思いますので、いつでも水分補給ができるように飲料水を多めに持っていくようにしましょう。

私たちの身体の60%以上は水分でできています。体内の水分が不足してしまうと、体調不良を起こしてしまう危険性があります。夜行バス(深夜バス)の中で具合を悪くしたとは言ってられませんので、水分だけは必ず多めに、余裕をもって持ち込むようにしましょう。

その3:リラックスできる服装

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-IMARIC20160805310323

最後に、リラックスできる服装です。上下ともにパジャマで乗り込めとは言いませんし、さすがにその勇気はないと思います。ですが、なるべくリラックスして身体を休めるためにも、あまり身体を締め付けるような服装は裂けるべきです。

たとえば、スキニーのパンツなど、タイトな服装で夜行バスに乗り込んでしまうと、一晩の間、窮屈な状態で過ごすことになってしまいます。ゆるめのパンツを履いたり、車内にいる間はベルトを緩めるなど、とにかく窮屈さを感じないようにすることが大切です。

また、バスによっては車内にスリッパを用意してくれていますが、安いプランの夜行バス(深夜バス)を使うと、おのようなサービスがない場合もあります。ひざかけやスリッパなど、あなたが楽に、快適に過ごすために必要だと思うアイテムは必ず持っていくようにしましょう。

まとめ

深夜バスに関する意見は賛否両論さまざまありますが、夜遅くに出発し、早朝に到着するというは予定を組む上で貴重な移動手段でもあります。

例えば、夜遅くまで仕事があり、明朝から予定があるという場合、新幹線では終電に乗れませんし、始発に乗っても間に合わなくなってしまいますよね。そんな時でも夜行バス(深夜バス)を使えば、夜遅くまで仕事をしながら、翌日早朝に目的地に到着しているというスケジュールを組むことが可能になります。

もし、スケジュール上夜行バス(深夜バス)を使うことになった場合には、ぜひ今回の記事を参考に、快適な夜行バス(深夜バス)の旅をお過ごし下さい。

オススメ記事、関連記事はコチラ
長距離移動の手段、新幹線・飛行機(航空機)・夜行バス(深夜バス)を比較
忙しいビジネスマン・起業家の帰省時の過ごし方

sponsored link

OOK160214090I9A8054_TP_Vビジネスで目標を達成するための5つのメンタルトレーニング方法

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s体調管理も仕事のうち!簡単に休めない社会人の健康管理術とは

関連記事

  1. 15e2b5e88a100fc06de3317ecb1a22da_s

    時間を無駄にする「終電での寝過ごし」を防ぐ3つの方法

    終電で寝過ごしたことありますか?これからの季節、寒くなったり、飲み会が増えたり、年末の忙しさだっ…

  2. max16011542_tp_v

    成功体験と失敗体験の必要性

    自信をつけていくためには、小さな成功体験が必要だとよく言われています。大小かかわらず成功体験は、モチ…

  3. 100c8992b54b13d8f1634bbcbf9ce317_s

    値段・価格を安く見せる、セールスを成功させる3つのコツ

    コピーライティングや営業など、セールスをする上で重要になってくるのが「クロージング」の部分ですよね。…

  4. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-150912325991

    不安がある人がなぜビジネスで成功するのか?不安をビジネスに生かし…

    新しいことを始めると不安になってしまいます。自分でもできるか、失敗しないだろか、など嫌なことを考えて…

  5. a0002_010188_m

    生き金と死に金、2つのお金の見分け方とは。

    お金を賢く使えてますか?世の中には、お金の使い方が上手な人もいま…

  6. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-green2_nebukuro20141123141817

    できるビジネスマンほど寝袋で寝ている理由。

    最近実は、寝袋を買う人が増えているって知ってましたか?寝袋使ってる人見ると、…

  7. c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

    年収を上げるために知っておきたい、つるみの法則

    つるみの法則というものをご存知でしょうか。つるむというのは、自分が普段一…

  8. pak42_syachikunoannei1323_tp_v

    満員電車がストレスになる2つの理由とその対策法

    通勤で毎日で電車に乗ってる方も多いと思いますがストレスを感じたりしませんか?特に満員電車は、気力も体…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP