sponsored link

リストラで自信喪失!人生の挫折から立ち直る方法

sponsored link

 

長い人生の中で誰しもが経験する挫折というものですが、自信を喪失してしまったり立ち直ることが難しいと感じる大きな挫折といえば、リストラにあった時ではないでしょうか。

ある日突然リストラを宣告されてしまったら、なぜ自分なのだろうかとショックを受けて目の前が真っ暗になって眠れない日が続きますし、そのことばかりを考える日が続くと精神的にも疲れていってしまい、生活に支障が出てしまいます。

独り身でしたらまだ楽観的に考えることもできますが、家族を養っている人でしたら自分だけの問題では済みませんから、より精神的に追い詰められていってしまいますよね。

そうはいっても、リストラという大きな挫折で自信を喪失して、悩み塞ぎ込んでいてもその後の人生は続いていきますし、なるべく早く立ち直らなければいけません。

そこで今回は、リストラをされる前よりも活き活きした毎日を送るための、そこに目を向けていくことができる立ち直る方法をお伝えします。

 

リストラという人生の挫折から立ち直る方法1
何を失ったのかを具体的に考える

 

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s

無職になって、周囲の人たちが働いている昼間にやることがないと、仕事を喪失していることから絶望感を感じて悲しい気分になってしまうこともあるでしょうが、マイナイスなことは考えていても仕方ありませんので、リストラにあったことの漠然とした不安を深刻に考えないようにしましょう。

リストラにあってしまうとショックを受けて絶望し、自信を喪失してしまいますが、自分は何にショックを受けているのかということを具体的に考えてみることで、ショックを受ける必要は実はなかったと気づくことができます。

リストラを宣告されてしまった時には、不安で頭がいっぱいになりますが、冷静に考えてみれば、失った方が良かったものもあるはずです。

毎日の深夜まで続く残業、上司や同僚などからの嫌がらせ、自分のやりたいと思えない仕事内容、、、など、仕事を辞めたいと思う気持ちをどこかで持っていたのなら、転機として捉えることもできますよね。

再就職先を探すことが大変そうで絶望しているかもしれませんが、リストラをされた会社で積んだ経験は必ず自分の力になっていますので、実際に再就職の活動をしてみれば、意外と以前の職場よりも良い条件で働くことができるかもしれません。

また、誰もが知っているような大企業で働いていても、その会社にずっといられるという人は少なく、自分だけでなく誰でもリストラにあってしまう可能性はありますから、そう考えれば気分は楽になります。

 

リストラという人生の挫折から立ち直る方法2
困難は悪魔の顔をした天使だと考える

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-an164145246

困難なことを自ら進んで味わいたいと思う人はいませんし、ましてリストラにあいたいと思う人はおらず、順風満帆な人生は誰もが望むものですが、平坦な人生などあり得ませんし、挫折を経験することなく無傷でいられる人はいません。

リストラという困難を味わい、人生がうまくいっていないと感じている時には、自分のことが情けなくて悔しくなりますし、二度とこんな思いをしたくないと思うもの。

ですがこのような思いをしておくと、今までは会社で働くことが苦痛で嫌で嫌で仕方なかったかもしれませんが、再就職した時には、もちろん仕事のストレスもあるでしょうが、働けることそれ自体に幸せを感じることができます。

私たちは普段の何気ない暮らしの中では幸せを感じることがなかなかできなかったりしますが、困難があることで、普段の何気ない暮らしをすることができていることにありがたみを感じて、幸せを実感できるようになります。

風邪を引いたり病気になったりすると、健康で過ごせることへのありがたみを実感できますよね。

また、人が成長する時は、うまくいっている時よりも、うまくいっていない時にあることが多いので、転職できる立場になれたことをチャンスだと捉えて前向きにポジティブに過ごしていれば、必ず良い結果は手に入ります。

リストラという困難は、悪魔の顔をした天使だと考え、チャンスを活かせるように行動していきましょう。

 

リストラという人生の挫折から立ち直る方法3
他人の目は気にせず、確実に進んでいく

 

00_pp42_pp_tp_v

リストラは職を失うというだけで、死とは違って再起不能な状態になるわけではありません。

職業の選択肢は職業の数だけありますし、選択肢があるということは、自分の進める道がたくさんあるということです。

無職になってしまうと、ついつい世間体を気にして周りの目を気にしてしまいますが、周りの目を気にして焦るあまり就職活動が雑になって、たくさんの自分の進める道の中から安易な道を選んでしまうと、ブラック企業や人手不足の会社を選ぶことになり、結局は後から後悔してしまうことになります。

リストラという困難によって仕事を変えることができるチャンスを得られたわけですから、世間体などの他人の目は気にせずに、何をやりたいのか、どんな人生にしていきたいのかをしっかりと考え就職活動を行うことで、自分の納得できる道に進んでいくことができます。

人生の挫折から立ち直るためには、結局は確実に一歩ずつ進んでいくしかないので、自分のやりたいことや、やり残したことをよく考えて、必要な行動を一つ一つこなしていくようにしましょう。

 

まとめ

 

7970033ea775f539b2e470af8646111c_s

リストラによって自信喪失してしまうと、希望が持てなくなっていき、希望が持てないと生きる気力がなくなっていくという悪循環になってしまいます。

悩み塞ぎ込んでいては余計に精神的に辛くなっていってしまうだけですし、せっかくゆっくりと自分の気持ちを考えることができる時間も取ることができるわけですから、そのチャンスを活かせるように前向きにポジティブに、自分に必要な行動をこなしていきましょう。

また、リストラされたことに引け目を感じ、自分だけで就職先を探そうとすると、どうしてもブラック企業で妥協してしまうなどの結果になってしまう可能性が高いですので、そこは注意してくださいね。

自分の将来の幸せを考え再就職を成功させるためには、自分一人で再就職先に悩むのではなく、効率的に次の職場を探せる転職エージェントなどの媒体を積極的に利用するようにしましょう。

 


詳細はこちら
Facebook求人アプリ Nexstar

 
※ 関連記事、類似記事はこちら
若手でもリストラの対象に⁉︎会社に必要とされる人になるポイントとは
職場で嫌われ孤立する!会社にいらない人の特徴とその対策とは
 

sponsored link

MAX98_yattazeyossya20140531_TP_Vビジネススキルに自信がなくなった時に取り戻す方法

N112_penwomotujyosei_TP_V単純なミスを繰り返してませんか?今すぐできる!ミスを防ぐ3つの方法

関連記事

  1. 8d326c844c57e03e4ff71f6a4887c4bc_s

    年齢は関係ない!!今すぐできる記憶力をアップさせる5つの方法

    社会人になっても勉強はしますよね。資格を取るためや新しく始めるビジネスについてなどいろいろあると思い…

  2. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-miyako85_kaisuiyokjyounomado20140726

    職場で孤立しても気にしなくていい5つの理由

    コミュニケーションがうまく取れないと職場で孤立してしまいます。職場で孤立してしまい周りの同僚がおしゃ…

  3. pak86_iphonetomemo20140313_tp_v1

    大人の勉強と学校の勉強の違いは?成功するための勉強法

    大人の勉強は学生時代の勉強とは異なるあなたは大人になってからも勉強をしていますか?勉強と…

  4. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-VV9V9A3017

    飲んだ翌日も気分スッキリ仕事に集中!二日酔いを即解消する治し方…

    桜のお花見の宴会から始まり、新社会人の歓迎会や部署ごとでの懇親会、取引先の新しく…

  5. 68305d48030168e86ec505380a1430a3_s

    憧れの東京に安く住むための3つの方法とは?

    「便利で楽しい東京に住みたい!」そんな風に考える人にとって大きな問題となるのが、「家賃の高さ」です。…

  6. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-SEP_329915201730

    一生ついていきたい!部下が尊敬できる上司の特徴とは

    あなたの会社には色々な違ったタイプの上司がいるかと思います。仕事で辛いこ…

  7. S20170330303315_TP_V

    アンガーマネジメントとは?ビジネスに応用する方法・やり方

    私たちは人間です。生きていればどうしてもカッとなってしまったり、怒りを感じてしまうこともありますよね…

  8. IMARIzazen0I9A7332_TP_V

    働く意味や目的って何⁉︎会社が憂鬱で仕事の意欲が起きない時…

    働く意味って何だろう?なぜ人は働くのだろう?何のために働くのだろう?私た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP