sponsored link

クレジットカード(クレカ)の国際ブランドとは?加盟店数を比較

sponsored link

クレジットカードの国際ブランドについて知っていますか?クレジットカードの国際ブランドとは、「JCB」「VISA」「MasterCard」「AmericanExpress」「Diners」という、クレジットカードのブランドのことです。

「当店ではVISAとMasterCardがご利用いただけます」と、レジの近くに書いてあるのを見たことがありますよね。クレジットカードは、どの国際ブランドが付いているのかによって、使えるお店に違いが出てくるのです。

そこで考えることになるのは、どの国際ブランドでクレジットカードを申し込むか、です。クレジットカードによっては、国際ブランドが1つしか選択できず、自動的に決まる場合もありますが、多くのクレジットカードの場合、複数の国際ブランドから好きなブランドを選択してカードを申し込むことになりますよね。

そこで、今回は、5つのクレジットカードの国際ブランド「JCB」「VISA」「MasterCard」「AmericanExpress」「Diners」それぞれの特長やメリットを解説していきます。ぜひ、あなたにとって最適な国際ブランドを選択し、便利にクレジットカードを利用していきましょう。

日本生まれのJCB

スクリーンショット 2017-02-08 16.04.09

まずは、JCB(ジェーシービー)です。今回紹介する5種類のクレジットカードの国際ブランドのほとんどがアメリカやヨーロッパで誕生したブランドですが、JCBは唯一日本で誕生した国際ブランドです。そのため、日本国内ではクレジットカードに対応しているほとんどの店舗で利用できます。

JCBは海外では使える店舗が少ないと言われますが、アジアを始め、ハワイなど、日本人が多く行き来する国や観光地では問題なく利用できるようになってきています。国内利用を中心に考えている場合には、JCBを選択しておいて問題ないでしょう。

また、JCBは東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンと提携しているため、それらテーマパークのチケットなどが当たるキャンペーンも定期的に行っています。これらのテーマパークを利用することが多い場合にはJCBを選択しておくといいでしょう。

世界最大の国際ブランドVISA

スクリーンショット 2017-02-08 16.04.45

次にVISA(ビザ)です。VISAの特長と言えば、なんと言ってもその加盟店の数の膨大さです。今回紹介する5つの国際ブランドの中でも、VISAが最も加盟店数が多く、まさに、「世界の通貨」と言えるクレジットカードブランドです。特に、アメリカ地域、アジア地域ではVISAの加盟店数が多いので、旅行に行く際には1枚はVISAを持っていくのがいいでしょう。

クレジットカードの国際ブランドが複数から選択出来る場合には、必ずと言ってもいいほど、その選択肢にVISAが入っていますので、選択に迷った場合には、とりあえずVISAを選んでおきましょう。日本国内だけならJCBだけでも十分ですが、少しでも海外利用を考えている場合には、VISAを選択しておくと便利です。

ヨーロッパに強いMasterCard

スクリーンショット 2017-02-08 16.05.29

3つ目がMasterCard(マスターカード)です。MasterCardもVISA同様に、世界中に多くの加盟店がある国際ブランドです。発祥がヨーロッパと言われていることもあり、特にヨーロッパに加盟店が多いと言われています。

国内の場合、VISAが使える店ではMasterCardも使えることがほとんどですので、どちらか1枚があれば問題ないのですが、海外ではVISAしか使えない、MasterCardしか使えないという加盟店も存在しますので、両方持っておくのがベストでしょう。

国際ブランドの選択に迷った場合には、VISAを持っていて、MasterCardをまだ持っていない場合にはMasterCardを選択するという基準がいいと思います。

ブラックカード・プラチナカードで有名なAmericanExpress

スクリーンショット 2017-02-08 16.06.25

4つ目がAmericanExpress(アメリカンエキスプレス)カードです。AMEX(アメックス)の略称が使われるカードですね。

AMEXの特長と言えば、なんと言っても、ブラックカードやプラチナカードが存在することでしょう。年収や年齢、職業、住居など、厳しい審査基準が設けられていて、高額な年会費が発生しますが、それだけのサービスが受けられるという噂です。AMEXは一般向けにはゴールドカードまでの案内しかしていませんので、ブラックカード、プラチナカードの案内を受け取れるのは、一部の会員のみとなっています。

AMEXの魅力は加盟店数ではなく、そのサービスにあります。サービスデスクの利用など、サービス内容に価値を感じる場合や、AMEXというブランドに価値を感じる場合にはAMEXブランドを申し込みましょう。

一見さんお断りのお店にも入れるDinersカード

スクリーンショット 2017-02-08 16.07.46

最後にDiners(ダイナース)カードです。DinersもAMEX同様に、加盟店数は多くないのですが、ブラックカードやプラチナカードの存在など、サービスやブランドで人気がある国際ブランドです。

Dinersカードの特長として、「一見さんお断り」の敷居の高いお店でも、Dinersを持っていれば入れるお店があるようです。AMEX同様に、審査基準は厳しいですが、食事や旅行が趣味の場合などは、1度申し込んでみるといいでしょう。

まとめ

スクリーンショット 2017-02-08 16.08.50

加盟店重視なのか、サービス・ブランド重視なのかで選択するべきクレジットカードは異なってきます。今回の5つの国際ブランドの場合ですと、加盟店数重視するなら、
VISA>MasterCard>JCB>AmericanExpress>Diners
という順番になるでしょう。

逆に、サービス・ブランドを重視するなら、AmericanExpressかDinersを選択することになります。

あなたに合った加盟店数なのか、サービス・ブランドなのか、あなたの使い方、目的にあった国際ブランドの選択をしていきましょう。

もし、クレジットカードの選択に迷った場合は、年会費無料で業界最高クラスのポイント還元率を誇る楽天カードがおすすめです!



オススメ記事、関連記事はコチラ
クレジットカード(クレカ)審査に合格・通過・通るための3つのコツ
クレジットカード(クレカ)審査に通らない原因を調べる方法

sponsored link

baaaed643072f76a4c0412d468d12298_sブログ初心者が3ヶ月で10万円稼ぐためのブログの書き方の6つのコツ

593f023e2221ae7ac65063c088ad3d93_s断捨離がビジネスに効果的⁉︎失敗や後悔しないコツとは

関連記事

  1. 05e4597f97c9f455e567e9422c3d5a21_s

    セールスレターのヘッダー(ヘッドライン)作成の3つのコツ

    コピーライティングでのセールスレター作成で最も重要な部分の1つがヘッダー(ヘッドライン)の作成です。…

  2. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-OOK3S0520140830182047

    新卒入社したけど辞めたい⁉︎新入社員が辛いと感じる仕事の悩…

    新年度が始まって約一ヶ月が経ち、いよいよ明日からは待ちに待ったゴールデンウィーク…

  3. 6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_s

    眠気・疲労を短時間で回復できるコーヒーナップとは?

    あなたは日中仕事をしていたり、活動していて急激な眠気や疲労感に襲われたことはありませんか?普段の睡眠…

  4. 0081025c02d7d5b4bb15c2117d14000e_s

    Gmail(ジーメール)意外と知らない受信トレイ・アーカイブ・タ…

    あなたはGmail(ジーメール)を利用していますか?GoogleのメールサービスでもあるGmail(…

  5. a0002_003660

    Twitterのフォロワーが増えない本当の理由

    Twitterを始めたらやっぱりフォロワーは多いほうがいいですよ。しかしなかなかフォロワーを増やせな…

  6. S20170330303315_TP_V

    イライラした時に使いたい!簡単に抑える方法・対策を紹介

    今回はイライラしてしまった時に、その場で簡単に抑えることができる方法・対策を紹介していきます。私たち…

  7. 7e943c1a1d6a42e193dfcba7e530965e_s

    人間関係を断捨離するメリットとその方法

    あなたは、勤めていた会社をやめたことがありますか?その会社を辞めた理由は、なんだったのか思い出してみ…

  8. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-max16011518

    ビジネスの効率を最大限にするPDCAサイクルとは?

    PDCAサイクルという言葉を聞いたことはありますか?ビジネスでよく使われる言葉ですが言葉は聞いたこと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

脱サラ起業独立給料アップを応援します





PAGE TOP