sponsored link

ブログ初心者が3ヶ月で10万円稼ぐためのブログの書き方の6つのコツ

sponsored link

「ブログを始めて○ヶ月で○万円稼ぎました」なんてブログに書いているのを見ていると羨ましいと思ってしまいますよね。始めたばかりだと他のブロガーの○万円稼ぎましたというのを見ると「初心者の自分はできるのかな」と不安になることもあります。このように早く稼ぎたいのならコツコツとブログ記事を書いていくしかありません。ある日突然、アクセスが急増して稼げる裏技などありませんからね。しかし、ただ単にブログ記事を書いていけばいいというものでもありません読まれるブログ記事するためには書き方のコツがあります。今回は読まれるブログ記事を書くコツを紹介していきます。

 

読まれるブログになる書き方の6コツ

129901095e2a951cf9d44a75fd1d597e_s

記事タイトルにキーワードを入れる

記事タイトルはあなたが書いたブログの入り口になります。GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索したりSNSでブログ記事を紹介したりすると共通して必ず一番始めに表示されるのが「記事タイトル」です。あなたが検索して出てきた記事を読んでみようと判断するときは何を基準に判断しますか?表示されている記事タイトルですよね。なので検索エンジンであなたの書いたブログ記事が表示されても記事タイトルを見て興味が沸かなければ他の人もあなたと同じように興味のないブログは読みません。

安定したアクセス数を集めるためには検索エンジンからの読者の流入を増やさないといけません。SNSで紹介すればアクセス数は一瞬増えます。しかし一時的なものなのでSNSから読者を集めようとすると1日に何回も投稿する必要があります。それに比べて検索エンジンは上位表示されればその間は安定したアクセスが見込めます。検索エンジンの上位に表示されるためには目指すは記事タイトルにキーワードを含めなければならないのです。

記事タイトルをつけるにもコツがあります。検索するときにどんな言葉で検索しているか、どんなことが知りたいんだろうなど検索をする人の立場になってタイトルを考えてつけてください。

05e4597f97c9f455e567e9422c3d5a21_s

見出しにキーワードを入れる

タイトルと同じように見出しにもキーワードを入れましょう。ブログ記事を書き始める前に見出しになりそうな内容を大まかに箇条書きにしておきましょう。箇条書きで書き出したものを見出しにしていくと見出しの内容にあった文章になりキーワードを入れてブログ書いていくことができます。そうするとキーワードが文章の中にあっても自然な感じになります。しっくりこない場合は見出しを少し修正すると良いでしょう。

思いつきだけでブログを書いていいてもほとんどの人がまとまりのない文章になってしまいます。ブログを書くのにも構成が必要です。見出しを書き出すことで整理されて具体的な構成ができます。そうすると読みやすブログになります。読む人の気持ちを考えたら読みやすい文章の方がいいですよね。

 

文章全体のバランスの調整をする

内容はいいんだけどなんだか読みにくい文章だなと思ったことありませんか?このように読みにくくなる理由は漢字を使いすぎたり段落や改行が少なく全体のバランスが悪いと読みにくい文章になってしまいます。ブログは論文や小説とは違います。よほど知りたくて興味があるものでない限りブログはサラッと読む、流し読みをされています。文法や正しい意味、漢字よりも全体のバランスが重要になるのです。

漢字の使い方や段落と改行で読みやすさは圧倒的に変わります。なのでひとつの段落につき3~4行を目安にすると良いでしょう。段落での行数が多くなると文字というよりカタマリという認識なってしまいます。そうなるとせっかくアクセスしてくれた人も読むのをやめてあなたのブログからはなれてしまいます。

漢字が多いのも読みづらい原因となります。漢字が続くようであればあえてひらがなとカタカナを使うようにしてください。漢字が続くと段落と同じでカタマリに見えてしまいます。文章の中に漢字の割合は25%ぐらいが読みやすい文章と言われています。難しい漢字は使わずに小学5・6年生でも問題なく読めるぐらいの文章を書くようにしましょう。

yuka9v9a8531_tp_v

文章を短文にすると読みやすくなる

テンポよく読んでもらうためには一文を短くしましょう。段落や改行、漢字の比率と同じように文が長すぎると読みにくくなります。同じ単語を繰り返したり接続詞を使いすぎてしまうとそれだけで文が長くなってしまいます。同じ単語や接続詞を多く使っている場合は意味が通じるのであれば削って文をすっきりとさせましょう。

段落や漢字の比率に加えて、「文の長さ」も考えてみましょう。一文を短く区切ることにより、テンポが生まれます。

同じ単語を何度も繰り返したり、「しかし」や「だから」といった接続詞を多用していないでしょうか。削っても意味が通じるは思い切って消してみましょう。一つの文には一つの情報だけを書くようにしましょう。

 

画像や動画を使う

画像や動画は文章では伝えきれないことを補ってくれる役割してくれます。文章であなたの言いたいことを100%表現d着ればいいのですがそれはとても難しいことです。読む人よってはあなたの伝えたいこと違う解釈をしてしまう場合があります。それの違いを減らすために画像や動画は有効です。画像や動画の作成、挿入など手間はかかりますが読む人にはしっかりと伝えることができるようになります。

 

一人の読者を意識して書く

ブログは、パソコンの画面の向こうに側にいるひとりの読者を想像して書くことが重要になります。ブログの書き出しが「みなさんご存知ですか?」よりも「あなたはご存知ですか?」と書いたほうが自分に向かって書いてくれてるのかな思いませんか。ここで注意したいことは「あなた」を多用しないことです。普段、会話をしているときに「あなた」という言葉をどれぐらい使いますか?あまり使いませんよね。「あなた」を多用しすぎると違和感が生まれてしまいます。ブログを書くときは一人の読者を意識してか行かなければなりませんんが「あなた」は使うのは必要最低限にしましょう。

 

まとめ

ブログで報酬を上げるためにはまず読まれなければなりません。読まれるブログになる6つのコツを紹介しました。読む人の気持ちになって書いていけば読まれるブログになっていきます。

 

おすすめの関連記事

決断力のある人は立ったまま考える!決断力を高める3つのポイント

働く時間を半分にして成果を倍増させるタイムマネジメント5つのコツ

 

あなたにおすすめの書籍

D8100003084461

 

sponsored link

MBP9V9A8350_TP_VMacbookpro(late2016)でHDMI接続をする際のおすすめケーブル3選!

スクリーンショット 2017-02-08 16.08.50クレジットカード(クレカ)の国際ブランドとは?加盟店数を比較

関連記事

  1. 8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

    自分を疑うことができればビジネスが上手くいく!

    あなたは自分のことを疑ったことありますか?疑うわけないでしょという人もいるでしょうし自分のことを自分…

  2. 08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

    簡単に頭の回転は早くなる⁉︎頭の回転が遅い悩みを改善する方法

    いつもとなにも変わらない調子で朝起きて、さぁ、仕事をしよう!とデスクに向かっ…

  3. 1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_s

    習慣化するためのコツは継続することです。習慣化するための継続する…

    『明日から頑張って早起きするぞ』と意気込んだはいいけれども結局1週間も続かなかったなんてことあります…

  4. 7e943c1a1d6a42e193dfcba7e530965e_s

    人間関係を断捨離するメリットとその方法

    あなたは、勤めていた会社をやめたことがありますか?その会社を辞めた理由は、なんだったのか思い出してみ…

  5. bfa0b43cc870487d7b77c3f2561869ba_s

    できる人になるために20代で苦労してでも身に付けたい3つの習慣

    20代と言えば、まだまだ社会に出たばかりで、学生気分が残っていたり、常識を知らなかったりします。しか…

  6. 68305d48030168e86ec505380a1430a3_s

    憧れの東京に安く住むための3つの方法とは?

    「便利で楽しい東京に住みたい!」そんな風に考える人にとって大きな問題となるのが、「家賃の高さ」です。…

  7. ppw_sunadokei-thumb-autox1600-13079

    時間の管理で効率を上げる8つのポイント

    仕事をしていて気づいたらもうお昼になっていたなんてことありませんか?しかも、そんな時に限って仕事が全…

  8. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-YOTA86_purezenok15135259

    仕事が楽しいと思って取り組んでいる人の共通している特徴

    楽しいと思いながら仕事をしている人ってどれぐらいいると思いますか?社会人500人を対象に「仕事と楽し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP