足組みが腰痛の原因に⁉︎デスクワークに潜む健康リスクとは

 

確かに足組みして椅子に腰掛けていると、
男性はダンディーに、そして女性はセクシーに見えますので、
なんだかカッコいいようにも思えるし、
できる人のようにも見えたりします。

でも、周りに誰もいなくて、
カッコよく座っている姿を見せつける必要がないときでも、
座っている時に無意識に足を組んでしまっていませんか?

特にデスクワークの多いビジネスマンは、椅子に座っている時間も長く、
ついつい癖で足組みしながら仕事をしている人も多いと思います。

これは両足を地面に着けているより、
足を組んでいる方が楽な姿勢だから無意識に足を組んでいるのですが、、、
実は足を組む習慣がある人は、腰痛になりやすいのです。

しかも、立っているときは体の体重を腰と両足で支えていますが、
座っているときは腰だけで上半身を支えているので、
デスクワークの多い人の方が腰痛になる確率は高いそう。

また、座ったままだと背中や腰回りの筋肉も動かずに硬直してしまい、
筋肉が凝りかたまってしまうので余計に腰痛を引き起こす原因となっています。

そしてこの腰痛というものは、一度なってしまうとなかなか治すことが難しく、
ひどくなると日常生活に支障をきたしてきます。

というわけで、ビジネスマンがなぜ無意識に足組みをしてしまうのか、
そしてその対処法はないのかをお伝えします。

 

なぜ無意識に足組みしてしまうのか

 

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

足を組む理由は二つあると考えられており、
一つ目は足を組むことによって、
片足だけでも心臓に近い位置に持ってくることで、
血の巡りを良くしているということ。

というのも、血液は全身を循環していますが、
足の先から心臓に血液を戻す時には
重力に逆らっていかなければならないために血流が滞りやすく、
それを少しでも解消するために足を組んで
上半身に近づけようとするのです。

また、足に負担をかけないように
体が楽な体勢を選んでいるという面もあります。

足をだらっと投げ出しているときはリラックスできるのでいいのですが、
仕事でデスクワークをしている時にそんなことはできませんよね。

両足を緊張させておくと筋肉を使うので、
せめて片足だけでも緊張した状態から解放した方が楽なので、
足を組んで上に置いた足に楽をさせているんです。

二つ目の理由は、ストレスや緊張、頭を使い過ぎていたり、
デスクワークで長時間同じ姿勢を保っていることで、
精神的なバランスが崩れているから足を組みたくなるということです。

足を組むことで、体重が片側の足にかかり、
足が交差ることでドッシリと安定して左右の足が固定されますよね。

その状況を無意識に作り出して、
精神的に安心感や安堵感をもたらそうとしているのです。

この結果、筋肉のコリや左右差を助長してしまい、
骨盤や体の歪みを作る原因になります。

 

足を組むことのリスクとは

 

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

精神的に不安定になる → 足を組む → 体が歪む →
バランスを取るために足を組む → さらに体が歪む

この繰り返しで体をどんどん歪ませた結果、
骨盤が歪むことで内臓の位置も変わってしまい、
臓器系の働きが悪くなります。

血液やリンパの流れも悪くなるので、便秘や下半身のむくみ、
女性でしたら生理痛の悪化などを引き起こしますので注意が必要です。

また、骨盤周辺のコリがひどくなってくると、腰・臀部のコリや肩こり、
歩行時の股関節周辺の痛み、足がつりやすいなど様々な症状を発症します。

デスクワークで長時間椅子に座り続けている人は、
意識して足を組まないようにしたり、
適度なストレッチを挟むなどで対策をしないと、
どんどん体は歪んでいってしまいますので注意してください。

 

足組みへの対策は歩くこと

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak25_kasennitatudansei

デスクワークをしていて、無意識に足を組んでいることに気づいたら、
それは体からの精神的なバランスが崩れているというサインです。

そんなときは、ただただ歩いてみてください。

どこに行こうとか、何分は歩かなきゃとか、
そんなものは決めなくてもいいです。

「自分の体の重心が今どこにあるのか」とか、
「左足を前に出したら右手を前に出した」
などを感じながら、ただ歩く。

そうすれば気分もスッキリしますし、凝り固まっていた筋肉もほぐれ、
血流が良くなって足組みをしなくても平気になります。

体を動かすことで、歪みが起きていた部分も元の状態に戻っていきますので、
歩くことができないのであれば、
前屈や後屈、腰を回転させたり軽いストレッチをするだけでも、
ずいぶん変わってくるハズです。

毎日しっかり意識して体を動かしていれば、
椅子に腰掛けた時に足組みをする習慣もなくなってきますよ。

 

腰痛の原因になる足組みとその対処方法 まとめ

 

fffa003c1b330b1bc0b402abcb376ff2_s

足組みをすることは体が歪んでいるからではなく、
足組みをすることで体を歪ませ、そして足組みの癖をつけてしまっています。

つい無意識にやってしまっている足組みですが、
足組みをすることで体をさらに歪ませ、
腰痛をはじめとして様々な症状を引き起こしますので、
長時間のデスクワークで、今までついつい足組をしていたな、、、
と心当たりのある人は、
この機会に足組みの癖を直して、体の調子を整えましょう。

 
※ 関連記事、類似記事はこちら
やらないことリストは仕事の効率を上げる⁉︎やることリストとの違いとは
昼寝の時間は無駄じゃない!疲労回復に効果的な正しい昼寝の方法
 

61bavxapxl-_sl1000_
◎ 腰痛予防にはクッションも有効です
 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 断捨離のさらに上をいく『ミニマリスト』で思考をフル回転させる

  2. 稼ぐ起業家はスクリーニングを徹底し、ビジネスを安定させている

  3. 賃貸で引っ越すときは会社に近い場所が良いのか考えてみた

  4. アフィリエイト初心者のための整理整頓術

  5. ゆとり・さとり世代の教育係りは成長の好機!新人教育のコツと心構えとは

  6. 会社員が0から資産を構築する方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。