Warning: Undefined array key "page" in /home/emj/net-bizz.net/public_html/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

ライティングを仕事にして稼げるようになるための3つの習慣

あなたはライティングという仕事に興味はありますか?パソコンを開いて、カタカタとタイピングをして文章を書くだけで収入を得られる仕事、そう聞くと、なんだか魅力的に思えてきますよね。それに、「ライティング」「ライター」というと、その響きだけでもかっこよく、魅力的な仕事に感じてしまいます。今回は、そんな人気のある仕事である「ライティング」を仕事にして、お金を稼げるようになるための習慣をご紹介していきます。

ライティングには才能が必要?(文章を書ける遺伝子)

pak86_iphonetomemo20140313_tp_v1

さっそくですが、ここで残念な事実を発表しなければなりません。それは、ライティングには才能が存在し、上達のスピードや上限には、それが関わってくるということです。これには、人間の遺伝子が関係していて、私達人間には「文章を書ける・書くのが得意な遺伝子」を持っている人と持っていない人がいます。

この遺伝子を持っている人は、文章を書くのが好きな人で、自分でメールマガジンやブログの記事などを書いて、情報を発信するのに苦痛を感じない人です。他にも、広告コピーを書く、コピーライティングに対しても、苦手意識や苦痛を感じることなく取り組むことができます。逆に、この遺伝子を持っていない場合、これらのライティングの作業に対して、苦手意識を持っていたいり、書くことに苦痛を感じてしまいます。

残念なことに、この遺伝子を持っている人間、持っていない人間がいるのは事実です。当然、持っている人間の方が、ライティングのテクニックやスキルの上達が早くなっていくことになりまし、逆に持っていない人の場合は、持っていない人に比べ、明らかに成長のスピードが遅くなってしまいます。

ライティングを仕事にするための3つの習慣

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-gori0i9a9925

では、もし自分に「文章を書ける遺伝子」がない場合、ライティングを仕事にすることはできないのでしょうか?そんなことはありません。私達人間の才能はある程度変えることができます。いわゆる「後天的に生み出された才能」ということになります。

さすがに、30歳を過ぎてから、「1回も経験がないけど、プロ野球選手になって、1群でプレーしてみたい」というような夢を叶えることは難しいです。しかし、メルマガや記事の執筆、コピーライティングなどで稼げるようになりたいという場合、それくらいのライティングの才能なら、後天的に身に付けることができます。そこで、もし、自分にライティングの才能がないと思った場合にするべき、3つの習慣ををあなたにご紹介します。

読書をする

まずは、読書をする習慣です。ライティングで言い文章を書けるかどうかのカギは、その人の語彙力(ボキャブラリー)に比例してきます。そのボキャブラリーを増やすための最も効率的な方法の一つが本を読むことです。インターネットの発達によって、スマホさえあれば、検索して必要な情報を手に入れられる環境が整いました。しかし、インターネット上の文章って、基本的に誰が書いたのかも分からない文章が多く、また、誰でも投稿できてしまうという性質から、素人が付け焼き刃で書いたような記事も多くあります。

そこで、日常の中で、インターネットを見ていた時間を使って、その代わりに本を読むことをおすすめします。特に紙の本の場合、書店に並ぶまでの間に著者や編集者など、数多くの人がチェックをしていますので、人を引きつけるための魅力的な単語が使われてたりします。ですので、本を何冊も読むことによって、自分のボキャブラリーを増やすことができるようになります。

実績のある人、結果を出している人のセミナーやオーディオブックを聴く

本で文章を読むだけでなく、実績や結果を出した人のセミナーやオーディをブックを聴くことも、ライティングの後天的な才能を引き出すのには有効です。そのような人の話し方や言葉使いにも、魅力的な単語が多く使われていたり、人を引きつける話し方をしていたりします。話し言葉、書き言葉の違いはありますが、結局、ライティングというのは、頭の中の話したい、伝えたいと思ったことを話すのではなく、文字にして書き出すことです。口で話すのか、パソコンで打ち出すのかの違いだけですので、この方法も効果的な習慣です。

ライティングのことを24時間365日考え続け、日常からも学びを得る

701d668c4cc34d919364e63d91645e5a_s

最後に、ライティングのことを24時間365日、考え続ける方法があります。つねにライティングのことを考えて行動するのです。そうすることで、常に「売る側」の視点で物に目を向けることができるようになります。電車のつり革の広告を見て、「どうしてこの言葉が使われているのか」と思ったり、インターネット上のニュースサイトなどを見ても、言葉の選び方に注意を向けることができるようになります。ちなみに、この24時間365日考え続け、日常から学びを得るというのは、ライティング以外でも、すべてのビジネスで稼げる様になるための基本原則です。

まとめ

ライティングの才能も、後天的に身に付けることができます。まずは、言い文章、言い言葉に触れて、自分の中の語彙力を増やしていきましょう。

webcopy

  • コメント: 0

関連記事

  1. 新幹線は仕事がはかどる?稼げる人は移動時間で何をする?

  2. 文章力を鍛えると作業効率がアップする?文章力を鍛える5つの方法

  3. Photoshop(フォトショップ)Elements15の便利な使い方

  4. 読書ぎらいの原因は真面目すぎるから?

  5. モチベーションが下がる理由とその対処法

  6. 仕事のできない部下を褒めて仕事のできる部下に変えるコツとは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。