sponsored link

好奇心の隙間理論があなたの成長を妨げている?

sponsored link

好奇心、それだけ聞くと、すごく聞こえが良いですよね。「知りたい!」そう思う好奇心があることで、私たちは知識を得ようとして、結果的にそれが成長につながっていきます。しかし、場合によってはその「好奇心」が成長の妨げになってしまうことがあります。今回は、どんな時に好奇心が成長を妨げてしまうのか、そして、それを防ぐにはどのような対策をしたらいいのかを共有していきます。

好奇心の隙間理論とは?

c2fa7be52611fe59390f41980515e508_s

好奇心によって成長が止まってしまうとき、それは、「好奇心の隙間理論」が働いている場合です。好奇心の隙間理論とは、ある分野の知識を習得していくと、その分野の知識を完璧にしようとして、知らない部分の知識が気になってしまうことです。ちょっと分かりづらいので、具体的な例をだして説明しますね。

例えば、アメリカから東京の学校に留学に来ているAさんがいます。Aさんは非常に東京に興味を持っていて、東京23区のすべての区の名前を覚えようとしています。その結果、23ある区のうち21の名前を覚えて、暗唱できるようになりました。こうなってくると、覚えていない残りの2つの区が気になり、完璧に覚えたいと考えますよね。でも、逆に23区のうち、新宿区と渋谷区しか知らなければ、「残り21の区が気になる!覚えたい!」とは思いませんよね。知らない知識が少ないからこそ、その穴が気になり、埋めたいと思うようになるのです。

そして、Aさんが23区すべてを暗記できたとして、そこで満足できるかというと、そうではありません。23区を知った後は、東京にある市町村にも関心を持ち、次はそっちの知識を得ようと、気になり始めるのです。このように、好奇心の隙間理論は、知識の穴をうめても、また次にできた穴が気になり始めるだけで、終わりがないのです。

好奇心の隙間理論によって成長が止まってしまう理由

3faece5cec9a6ed748aedd866fba824b_s

次々と好奇心を持ち、勉強を続けるのは、一見いいことのように思えるかもしれません。確かに、これが学校の勉強なら問題がないのですが、ビジネスでも同じ好奇心の隙間理論が働いてしまうところに問題があります。

たとえば、ビジネススキルの中に、「コピーライティング」というスキルがあります。郵便で届くダイレクトメールや、インターネット上の縦に長いウェブページを作るスキルですね。このコピーライティングの分野は、日本ではまだ馴染みが薄いのですが、日本よりもこの分野が進んでいるアメリカでは、100年以上の歴史があり、数多くのノウハウや情報が蓄積されています。

コピーライティングを学び始めると、日本ではまだ歴史が浅く、本場のアメリカでは自分の知らない情報や知識、スキルが数大く存在することに気付かされます。そして、「今の自分はまだまだ。もっと勉強してからじゃないと実際にセールスレターを作ることはできない」と考えてしまいます。しかし、先ほども説明したとおり、好奇心の隙間理論に終わりはありません。アメリカのコピーライティングを学ぼうと思い、国内で翻訳された書籍を読めば、今度は日本にない教材やセミナーに興味をもつようになります。その繰り返しばかりで、実際にセールスレターの作成、というコピーライターの仕事に取り組めなくなってしまうのです。

ノウハウを学んだり、スキルを磨くのは、それを使ってお金を稼ぐためですよね。それなのに、好奇心の隙間理論によって、学んだノウハウを活かせずにいるのでは、意味がありません。また、学んだノウハウや身に付けたスキルは、実際に使ってみて始めて勉強不足に気がついたりすることがあります。つまり、実践できないということは、成長のスピードを止めてしまっているということになるのです。

アウトプットを意識して行動すること

pak93_kokubanimadesyo1063_tp_v

この好奇心の隙間理論は、別にコピーライティングだけに当てはまる話ではありません。アフィリエイトをはじめとしたネットビジネスでもそうですし、スキルを磨いて実力を付ける必要のあるすべての仕事で起こりうる話です。では、どうすれば、好奇心の隙間理論による成長の妨げを防ぐことができるのでしょうか?

まずは、今回の記事で解説した、好奇心の隙間理論があるということを頭の片隅に置いて、常に思い出せるようにしておくことです。ある程度勉強を続けているのに、「もっと勉強したい」「これじゃまだ学び足りない」そう思った場合には、この好奇心の隙間理論という話があることを思い出せば、自分を客観的に見つめ直すことができるはずです。

そして、アウトプットを意識した学び方をしましょう。学んだことを行動に移したり、誰かに教えたりするアウトプットは、正確に大量のインプットができていなければ行うことができません。学びが不十分なら、不十分なりの結果しか出せませんし、教える相手からも理解されません。アウトプットが前提にあることを常に意識できれば、好奇心の隙間理論で成長が止まることはないはずです。

まとめ

19aa9b15f94e35eea2dfd769db219456_s

誰にでも、どんな分野でも「好奇心の隙間理論」があります。好奇心によって学びが深まりますので、無理に否定する必要はありませんが、それによって成長が止まってしまっては本末転倒です。アウトプットをするためにインプットがあることを忘れずに、ビジネスにも勉強にも取り組むようにしましょう。

こちらの記事もおすすめです

コピーライターやコンサルタントで稼げる様になる人の特徴
セールスレターの成約率を高めるための画像の使い方

sponsored link

7970033ea775f539b2e470af8646111c_sネットビジネスで成果を出すための目標設定方法

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-kim150922327408確実に結果を出す人がやっている新年の目標の立て方とは

関連記事

  1. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-S20170330555314

    40代でも会社で老害社員に⁉︎職場で迷惑な老害社員の特徴と…

    一般的に老害といえば、頑固でわがままで周囲の人たちに対して迷惑をかけてくるような…

  2. gori9V9A8414_TP_V

    サービス残業をしないための仕事を早く終わらせる4つのポイント

    仕事をするスピードが遅いと定時までには仕事が終わりません。そうなると仕事を終わらすためには、残業をし…

  3. 6dd1f20685ee2752e4acaa1e3a99469b_s

    クレジットカードの暗証番号を忘れた時の対策・対処法とは?

    クレジットカードを使おうとして暗証番号の入力を求められた際に、「忘れた!」って経験ありませんか?端末…

  4. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-takebe160224530i9a0327

    やる気が出ない原因とやる気を出す方法

    やらなければいけない仕事はあるけどやる気が出ない時ありませんか?誰にでも少なからずあると思います。や…

  5. green_no20140125_tp_v

    ミスをしても大丈夫!ミスを活用できるフィードフォワードとは?

    誰もが、ミスはしたくないものですがミスは、必ずと言っていいほど起こるものです。しかし何かを依頼される…

  6. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-OZP68_nekutaiatamanimaiteyotteru

    会社の飲み会が苦痛!お酒を飲むと絡んでくる上司の傾向とその対応…

    「飲みニケーション」なんて言葉もあるように、お酒を飲みながら一緒に過ごしていると…

  7. freee151108569496_tp_v

    年末年始の防犯対策しっかりしてますか

    年末年始になると旅行や実家に帰省して数日間、家を開ける人が多くいるかと思いますが空き巣に入られないよ…

  8. ea6be56d996413a58aa1ccbac4808b36_s

    メルマガ・ブログ・コピーがわかりやすく書ける5のコツ

    わかりやすい・読みやすい文章とは?わかりやすい文章や読みやすい文章を書く能力って、さまざ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP