あなたの話が伝わらない理由と話をうまく伝える方法

1f98b8e7e6e54a206a7805ab741305e1_s

あなたは、言いたいことを相手にうまく伝えれていますか?人に伝えることはビジネスではとても重要なことです。会社であれば上司に報告するとき、後輩を指導するとき、起業家であれば商品の魅力を伝えるコンサルティングであれば相手が理解でき行動できるように伝えるなどいろいろなところで伝えることはしますよね。しかし相手に説明してもうまく伝わらない時があります。なぜ伝わらないのでしょう。伝わらない理由と伝える力が上達する方法をお伝えしていきます。

 

なぜ伝わらなのか

1f98b8e7e6e54a206a7805ab741305e1_s

伝わっていないに伝わったつもりになっている人は自分からの一方通行の時がほとんどです。言った、言わないの水掛け論になりあたかも相手が話をしっかりと聞かないので悪いと一方的に責めてしまいがちです。伝わらない理由は単純で自分本位で話しするからです。自分がわかるから相手もわかって当然だと思って話しているのでこの状態では、絶対に伝わりません。伝える相手は、自分ではありません。自分とは、全く違う人に伝えるのです。このことを理解していないと伝えることは、でいきません。

自分が知っている言葉も伝える相手によってはわからないかもしれません。例えば名古屋の方では、しんどいことをエラいと言います。しかしこれを他の地方の人が聞くと??となりますよね。人によっては、不快感を示す場合もあります。その地方の人であればわかりますがそれ以外のところの人だとその意味が伝わりません。自分が知っていても相手は知らないかもしれないと疑側なければなりません。

参考記事 自分を疑うことができればビジネスが上手くいく!

日本人のコミュニケーションでよくあるのが少しのことしか伝えずにあとは、『察してください』で終わらせることがよくあります。これは、全く伝えてないと一緒のことですがこのようなことが今でもたくさんあります。これは、他の人も自分と同じであるだろうという考え方から来ていると思います。この『察してください』は、誰もが経験があると思いますがかなり困りますよね。

 

 

わかりやすく伝えるには

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s

伝えられない人は、自分本位で話をしているということですよね。なので自分本位と逆に相手のことを考えて話せばいいのです。人は考え方や感じ方は、当然違いますし自分が知っていることでも相手は知らないかもしれないと思罠けらばなりません。そして相手のがどのような価値観を持っているのか考えそれを受け入れることが大切です。ポイントは、相手に共感を持ってもらうことです。

ポイントとしては、相手に共感を持ってもらうことです。聞き手が明確にイメージできるような例え話を使えば、伝わり方は大きく改善するでしょう。相手が理解しやすく話すことで聞き手になってもらえればそれだけで圧倒的に伝わりやすくなります。

伝える時は、具体的に話すことです。数字を出してみたり身近なものと比べてみたするとより伝わりやすくなります。例えば『早く起きた』よりも『朝5時に起きた』の方が早く起きたということが伝わりませんか。逆に『20cmの棒』よりも『ティッシュ箱の縦と同じくらいの長さ』の方がなんとなくわかりやすかったりしませんか?状況に応じて使い分けていくと良いでしょう。

もっとも重要なのは相手のわかりやすい言葉で伝えることです。よくあるのが専門家は、よく専門用語を使います。専門家同士ならば理解できるかもしれませんが、一般の素人では、専門用語を使われたところでその話は、全くわかりません。専門用語を多用しといてなぜ伝わらないんだと思うかもしれません当然ながら伝わりませんよね。このような場合は専門家が同士なら良いのですが一般の素人に伝える時は、その専門用語を一般の素人でもわかるようにして話をしなければなりません。

 

伝える力を鍛えるには

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-web86_bonpower20150207120628

伝える力を伝えるには、様々な方法があると思いますが効果的な方法を紹介していきます。伝えるということは、基本的にアウトプットになります。アウトプットするときに伝えることを目的としてアウトプットするようにしましょう。そうすることで伝えるということが上達していきます。

時間制限をつけて伝えるようにしましょう。例えば自己紹介の時も一言で終わることもあれば数分話さなければいけないこともあります。伝えたいことの要点をまとめてその制限時間内で伝えれるように内容を準備して練習しておくと良いです。

伝える内容がまとまってないと要点がわからなくなり結局は、伝わらなくなります。なので伝えることの要点の枠組みを持っておけばそれは、回避できます。自分の経験や理論などをまとめておくと良いでしょう。

うまく例え話ができれば相手に伝わりやすくなりますので取り入れていくと良いでしょう。注意点は、相手の興味があることで例えることです。相手が興味がないことで例えるといくらうまく話したところで興味がないので理解してもらえません。ここでも相手のことを考えていくようにしましょう。

 

まとめ

伝えるために必要なことは、相手のことを考えて価値観を受け入れることです。そして共感を得ることができればしっかりと伝えることができます。くれぐれも自分本位で話をしていくのは、やめましょう。

 

 

 

伝える力[ 池上彰 ]

  • コメント: 0

関連記事

  1. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-dgthyjkvcytxhjcthxjc

    インプットの質を上げる読書術 意識するべき3つのポイント

  2. ffd8a22f35b49d8c28dcd6a3e39e0e6b_s

    仕事ができる人のビジネスメールのコツやマナー!効率化するポイントとは

  3. 6cc45e0be32984dfc031c2978516af71_s

    仕事の効率が2倍になる!!やらないことリストを作るための5つのコツとは?

  4. 593f023e2221ae7ac65063c088ad3d93_s

    断捨離がビジネスに効果的⁉︎失敗や後悔しないコツとは

  5. pak93_kokubanimadesyo1063_tp_v

    ロジカルシンキングを最短距離で身につけ論理的思考を使いこなす方法

  6. db2c35ec6a138e816a972ec33a61ae77_s

    家具選びに迷ったらIKEAに行こう!新生活、引越にIKEAをすすめる5つの理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。