文章を書く前に行う、脳の活性化法5つ

あなたは体を動かす時や運動する時には、ストレッチや準備運動などをするはずです。

では、脳はどうでしょうか? 脳を動かす時にもストレッチ準備運動をしていますか?

スポーツ選手は、最高の状態を引き出すために、入念に体の準備をしています。

それと同様、最高の文章を書くために、脳をストレッチして活性化させましょう。

 
考えればいいってもんじゃない

「ストレッチってどうすれば?」

「色々と考えればいいんのかな?」

と思うかもしれませんが、ただ考えているだけでは脳は活性化しません。

たとえば、毎日マラソンをしている人でも、別の運動、テニスなどをしたら筋肉痛になりますよね?

これはなぜかというと、普段は使っていない筋肉を使ったからです。

マラソンとテニスでは使う筋肉が違うため、筋肉痛になるのです。

実は脳にも同じことが言えます。

脳が鍛えられ、活性化するには、普段使っていない脳を使うのが大事なんです。

 
「普段やらないこと」が脳にいい

いつも同じことの繰り返しで脳は怠けてしまいます。

普段やらないことをやる。いつも経験していないようなことをすべきです。

では、脳を簡単に活性化させる5つの方法を紹介しましょう。

 

 

いつもは歩かない道を歩く

散歩が効果的なのは、歩くことで血液の流れが良くなるという効果に加えて、自分の周りの風景が色々と変化していき視覚が刺激される、ということです。

また、普段歩くことのない道を歩きまわることで、初めて見るものが目に入って、脳の活性化につながります。

 

 

利き手と逆の手で書く

手は「第ニの脳」とも言われ、脳につながっている神経が多いので、手を動かすことが脳の活性化になります。

また、利き手と逆の手を動かすことで(あなたが右利きなら左手で書くことで)、普段と違う動きをすることになり、脳が刺激されます。

 

 

普段聞かないジャンルの音楽を速さを上げて聞く

いつもは聞かないジャンルの音楽を聞くと、聴覚が刺激されます。

特に英語の曲を倍速で聞くのがおすすめです。

倍速で聞くと、何を言ってるのかさっぱりわからないはずです。

でもそれでOKなのです。聞きなれていない音が高速で耳に入ることで、脳は活性化されていきます。

youtubeで聞けば、倍速の設定で聞けるので、試してみましょう。

 

 

超高速で本を読む

素早くページをめくりながら、文字を次々と目に入れていきます。

本の内容を理解する必要はありません。

猛スピードで文字を読むことで、脳が処理しきれない量の情報が入ってくるのです。

このように視覚を刺激することが、脳の活性化につながります。

 

 

他人と話をする

以前と全く同じ会話というのはありません。

同じ人と話したとしても、話す内容は異なるはずです。

口を動かし、耳からも情報が入ってくるので、同時に脳を動かすことになります。

 

 

まとめ

・いつもは歩かない道を歩く

・利き手と逆の手で書く

・普段聞かないジャンルの音楽を速さを上げて聞く

・超高速で本を読む

・他人と話をする

これが脳を活性化させる5つの方法です。

「普段と違うことをやる」というのが最重要です。「いつもと同じ」が脳によく無いのです。

それでは最後に、脳を活性化させるゲームをご紹介しましょう。

これは情報に惑わされず【文字の色】を答えるというゲームで、脳の活性化にはとても効果があります。
【文字の色】を声に出して読んでください。(※ 文字を読み上げるのではありません)

スクリーンショット 2015-05-31 10.36.49

  • コメント: 0

関連記事

  1. 足組みが腰痛の原因に⁉︎デスクワークに潜む健康リスクとは

  2. いつまでも貧乏なあなたが疑うべき3つの常識

  3. 作業時間の質を高めるテクニック

  4. コピーライターやコンサルタントで稼げる様になる人の特徴

  5. 失う恐怖を利用したコピーライティングのテクニック、【保有効果】とは何か?

  6. AIDAの法則:覚えるだけでコピーライティングが上達する文章構成を解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。