読んだ人に「わかりやすい文章だ」と思わせる4つの手法

メールでやり取りすることが多いのですが、

とある人から送られてくるメールをだけは、いつも読むのに時間がかかってしまいます。

他の方からのメールはスッと頭に入ってくるのに、どうしてこの人のメールだけは……?

 

というような経験、みなさんも心当たりがあるのではないでしょうか。

必死に書いたメールですから、どうせなら相手にしっかりと理解してはずです。

 

では、相手の脳まで届く、読みやすい文章とはどのように書けばいいのでしょうか。

読みやすい文章のコツを4つに分類してみました。

 

文を短くする【1文は30文字以内】

1つの文にあまりにもたくさんの情報を詰めすぎると、読む相手はその情報量に混乱してしまいます。

また、長い話がいつまでも続いていくと、読むのに疲れてしまい、最後には飽きてしまいます。

伝えたいことは、短い文章で端的にまとめましょう。

 

 

文をまとめるなら4行まで

一般的に、【人が読みやすいセンテンスは4行】と言われています。

これ以上の長さになると読みづらくなってしまい、意味が伝わらなくなってしまうからです。

センテンスとは文章の段落のことです。できるだけ短い段落でまとめましょう。

 

 

1つの文章が終わったら、1行空ける

区切ることなく延々と文章が続くと、読む人はゴチャゴチャした印象を感じてしまいます。

当然、読む気を無くしてしまうので、相手に内容が伝わりません。

文に区切りを作れば、読みやすい文章にすることができます。

 

 

リズムを意識する

1行、次に3行、また1行、そして2行、4行とセンテンスが続き、また1行……

という様に、リズムをつければ文章が単調になることなく、読む人も飽きません。

 

 

まとめ

 

4つの手法を意識せずに書いてみる

文章の書き方を考えてみましょう。まず、皆さんはどのような文章がいいと思われますか。一般的に良いとされる文章のポイントは4つあり、できるだけ文を短くするということ、文の段落は4行までにすること、1文が終わったら1行空けること、リズムのある文章を書くこと、がいいとされています。読む人を飽きさせないよう書くことが重要なわけですね。皆さんもこれらの点を生かして、相手の心に届く文章を書いてみましょう!

【ダメな点】

・文章が長すぎる
・まとまりが無い
・改行がないので、読みづらい

 
4つの手法を意識して書いてみる

文章の書き方を考えてみましょう。

まず、皆さんはどのような文章がいいと思われますか。

一般的に良いとされる文章のポイントは4つあります。

「できるだけ文を短くする」「文の段落は4行までにする」「1文が終わったら1行空ける」「リズムのある文章を書く」
この4つがいいとされています。

読む人を飽きさせないよう書くことが重要なわけですね。

皆さんもこれらの点を生かして、相手の心に届く文章を書いてみましょう!

【良い点】

・段落をしっかり分けている
・見た目が読みやすい

 

上記の2つの文があったら
明らかに下段のほうが見やすく、読みやすいのではないでしょうか。

皆さんも、相手にしっかりと伝わり、最後まで読んでもらえる文章を目指しましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 忙しいビジネスマンの寝不足対処法

  2. 温厚な人から学ぶ!職場でイライラを爆発させない方法とは

  3. インフルエンザの予防接種は保険証がない人でも打てる?

  4. スマホ対応したホームページ作成や記事更新の3つのコツ

  5. マルチタスクをやめてシングルタスクにすれば効率よくビジネスが進む

  6. 本当はみんな知らなかった? 実は検索されてる超重要ビジネス用語10選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。