sponsored link

伝えたいことが伝わるWebライティングのたった一つの書き方とは?

sponsored link

ブログやWebサイトの記事を更新するWebライティング。そんなWebライティングが苦手、という人も多いはずです。国語の授業始め、私たちは日本語を使って文章を書くという行為は幾度となく繰り返してきたはずです。しかし、Webライティングとなった瞬間に、手が止まり文章を書けなくなってしまうという経験はありませんか?

Webライティングとこれまでの国語の授業などで書いてきた文章には大きな違いがあります。たしかに、文章を書くという行為としては同じなのです。しかし、読む人、読む媒体、読む目的というのが全く違ってきます。では、Webライティングで文章を書くコツ、上手な書き方とはどういう書き方なのか。

それが、「結論」から書き始める、という書き方です。Webライティングではこの「結論から書く」という方法によって、読みやすい文章、求められる文章にすることができます。また、結論から書く、という文章の書き方、型を持っておくことで、Webライティングが非常にやりやすくなります。

結論から書くことでWebライティングによって伝えたいことが明確になる

36f0b605e52defff9a2e21ff5acbfcf4_s

文章が苦手な人が書く文章には、文章が支離滅裂で結局何を伝えたいのかが分からない、という特徴がります。文章の構成が支離滅裂になり、意味が伝わらないのです。また、論理的な組み立てができずに、方向性の滅茶苦茶な文章になってしまうことがあります。この傾向は、Webサイトやブログの記事を書くWebライティングにおいて特に顕著に表れています。

何を伝えたいのか分からない文章にならず、意味を伝えられる文章にする方法が、この「結論から書く」という書き方です。最初の文、最初のパラグラフ(段落)で結論を宣言しておくことが大切になります。最初に結論を宣言しておくことによって、その後に続く文章、パラグラフが伝えたいこと、つまり結論の詳細や説明、解説の文章となる構成が自然と出来上がります。

文章が苦手な人が、順を追って結論を書くという文章構成で文章を書いていっても、書いている途中で頭が整理できなくなります。その結果、支離滅裂、滅茶苦茶な方向性の文章が出来上がってしまうのです。その結果、分かりづらい文章になってしまいます。

しかし、最初に結論を宣言しておけば、後から書くべきことというのは限られていますよね。読む側からしても、既に結論が明示されていますので、その文章の目的が分かった上で読み進めることができるのです。

これが1つ目の理由です。

結論を始めにする書き方は検索ユーザーの求める文章構成になる

baaaed643072f76a4c0412d468d12298_s

Webライティングは、Webサイト上に記事を公開するために文章を書いていますよね。インターネットユーザーに読んでもらうための記事、ということです。では、インターネットユーザーはどのようにしてWebサイトの記事を探しているのか。

インターネットユーザーが記事を探す方法といえば、「検索」ですよね。GoogleやYahoo!、Bingを使ったインターネット検索、検索エンジンを利用して、自分の求めている情報が書かれているWebサイトの記事を検索します。

そんな検索ユーザーが求めているのは、自分が知りたい情報の答えです。たとえば、Apple社が出しているパソコンの名前が気になるユーザーは「Apple パソコン」「Appleのパソコン」などで検索しますよね。そして、そのユーザーが求めている情報はApple社のパソコンの歴史でも、操作方法でもありません。Apple社のパソコンは何か、何という名前だったのか、です。もちろん、答えは「Mac」ですよね。

そんなユーザーに対して、
「Apple社が初めてパソコンを開発、発売したのはxxxx年で、その開発プロジェクト関わっていたのは、スティーブ・ジョブズ、、、そして、そのコンピューターは〇〇のメモリ、CPUを搭載し、、、、、、、そのパソコンの名前がMacです」
なんて文章を書いても、受け入れられませんよね。ユーザーが求めているのは「Appleのパソコンの名称がApple」であるということです。Webライティングではそれを一番最初に伝えていきます。

もし、周辺情報、開発の経緯などを伝えたいのなら、
「AppleはMacというパソコンを発売しています。Macはxxxx年に開発されて〜」
と、最初に結論を話し、その後に伝えたい文章を付け足していけばいいのです。

ユーザーが求めている情報を正確に伝えることができるので、自然とコンテンツの価値も高まっていきます。その結果、検索エンジンからの評価も高くなっていき、結果的に多くの人から読んでもらえる文章になります。

まとめ:Webライティングでの文章の書き方のコツは結論から書き出すこと

全ての記事にあてはまる書き方ではありませんが、Webライティングで書く文章のほとんどは何かしらの情報を伝えるための文章です。つまり、結論ありきの文章になります。今回紹介したWebライティングの書き方が最適、ということになります。ぜひ参考にして、質の高い文章を書いて下さいね!

スクリーンショット 2017-09-24 13.02.17

sponsored link

N112_penwomotujyosei_TP_VAIDAの法則:覚えるだけでコピーライティングが上達する文章構成を解説

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-KK_9V9A5426タスク管理が苦手な人のための3つのタスク管理方法

関連記事

  1. 5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_s

    ビジネスマンは情報収集を習慣化しなければならない

    情報発信をしていくには質も鮮度も高い情報を得なければならずこれは、とても重要なことです。常に最新の情…

  2. 834d4e14d6bf8fbaa28d01ae8b95c60f_s

    2018年もアナログ手帳で決まり?紙の手帳のメリット・デメリット…

    2017年も終わりが近づいてきました。この時期になると気になってくるのが、翌年分の手帳ですよね。来年…

  3. gori_9V9A8291_TP_V

    Mac初心者向けの今すぐ使いたい便利な機能と便利な設定

    あなたはMacをただデザインの良いだけのパソコンだと思っていませんか?実は、MacにはWindows…

  4. gori9V9A8414_TP_V

    パソコン仕事を早く、楽に、効率的にするタイピングのコツとは?

    今回はパソコン仕事を少しでも楽にして、効率的に行うためのタイピングのコツをご紹介していきます。パソコ…

  5. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-C789_tokeiwokakuninsurudansei

    仕事の効率が格段に上がる!できる人に共通する時間管理の特徴とは…

    忙しい毎日を過ごすことは、充実した毎日を過ごすこととも言えますが、それは自分の心…

  6. 74c706b9c82d53324e08733837931ca5_s

    2018年はデジタル手帳デビュー?メリットデメリットを公開

    そろそろ来年の手帳を決めないと!まだ来年の手帳が決まらずにそんな風に焦っている人も多いのではないでし…

  7. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-IMARIC20160805310323

    あなたは大丈夫?話しかけづらく孤立してしまう人の5つ特徴

    会社でその場に馴染めずに孤立する人がいますよね。特に嫌われているわけでもないのに仲の良い仲間を作るこ…

  8. ametukigadetayo-_tp_v

    朝型人間よりも夜型人間の方がなぜ集中力を継続できるのか?

    朝早く起きるの辛くて苦手だなという人も少なからずいるかもません。今は、朝型の人の方が良しとされている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP