まだ始めていない人のための、Twitterアカウントを作成する方法

炎上するほど大ブームなTwitterですが、始めてみたいけどアカウントの作り方が良く分からない人という人も意外と多いものです。
今回は、Twitterの初歩の初歩、アカウント方法を1から解説していきたいと思います。
知り合いとのコミュニケーションからビジネスまで、様々な使い道のあるTwitterをぜひ始めてみましょう。

 

 

 
まずはメールアドレスを用意します。
Gmailなど、どんなフリーメールでも大丈夫です。
アカウントを開設した後は、様々な情報や連絡がTwitterから送られてきますので普段使いのメールアドレスとは分けておいたほうがいいかもしれません。
 
 

 
メールアドレスが用意できたらTwitterのトップページに行って下さい。

http://twitter.com/

するとこんな画面が出てきます。

1

トップの画面はたまに変更がありますので、同じデザインでなくとも問題ありません。
このページを開いた状態で以下の情報を入力しましょう。

2

名前(ニックネーム)
メールアドレス
パスワード(6文字以上の半角英数字)
情報の入力が終わったら【Twitterに登録する】のボタンをクリックします。

3
【Twitterに登録する】のボタンをクリックしたら以下のような画面が出ますので必要な事項を入力してください。

4

名前
メールアドレス
パスワード

は自動で入力されていると思います。
もし自動入力されていなかったら、再度入力してください。
【ユーザー名】とはご自身のTwitterアカウントのURLになるところです。

「http://twitter.com/ユーザー名」

全ての事項を入力したら【新規登録】ボタンをクリックして下さい。

5

次は電話番号認証の画面が出ます。
電話番号の認証は必須項目ではないので、番号を登録しなくてもアカウントは作成できます。
もし電話番号認証をしたいという場合は必要事項を入力して次に進みましょう。

6

携帯電話の番号を入れるとスムーズに進められます。

7
番号を入れるとSNSで数字が送られてきますので、番号を入れて【認証する】のボタンをクリックします。

8

これで無事にアカウントが作成完了です。
【さあ始めましょう】のボタンをクリックしてTwitterを開始します。

以上でアカウント作成は終了になります。
 
 

 
【さあ始めましょう】のボタンをクリックするとこのような画面が出てきます。

9

自分の興味があることを選択して【続ける】のボタンをクリックします。
すると、今度はこのような画面が出てきます。

10

興味があることの画面で選択したおすすめのユーザーをフォローしますか?という画面になります。
フォローとは「興味があるからそのユーザーの書き込みをチェックして見続ける」という意味です。
自分が気になるユーザーを選択して、【○○人をフォローして続ける】のボタンをクリックします。

11

プロフィールは後でも変更可能ですので現時点ではこの手順をスキップしておきます。
【続ける】か【今はこの手順をスキップする】の文字をクリックして下さい。

12

この画面はスキップします。
画面右の真ん中にある【スキップする】のボタンをクリックします。
次に、知り合いかもしれないユーザーが見つかりましたという画面が出ます。

13

ここでもフォローしたいユーザーを選んで【○○人をフォローして続ける】のボタンをクリックします。
気になるアカウントを見つけたら積極的にフォローしていきましょう。

15

登録の際に使ったメールアドレスに、Twitterからのメールが届いているはずですので確認しましょう。

16

届いているメール本文にURLがあるので、それをクリックするとTwitterでアカウントが認証されます。
これでアカウント作成は完全に終了です。

 
 

まとめ

 
最初のアカウント作成でよく分からずに尻込みしてしまい、Twitterを開始できないという人は結構います。
しかし今回ご紹介したように、難しい手順は何もありません。
今回の記事を読みながら気軽にアカウントを作成してみてください。
あとは好きなだけユーザーをフォローして、Twitterの世界を思う存分楽しむだけです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 目の疲れによく効く効果的な対策法

  2. 読書するべき8つの理由

  3. 職場で有利な立場になれる!仕事ができると思われる方法とは

  4. 無気力で仕事ができない⁉︎何もしたくない状態を克服する方法

  5. 昼間・日中襲ってくる眠気の原因と7つの対策

  6. 仕事ができないと思われたくない人に気を付けて欲しいこと

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。