sponsored link

AIDAの法則:覚えるだけでコピーライティングが上達する文章構成を解説

sponsored link

コピーライティングは多くの文章を書き、膨大な経験を積むことでしか上達できないと思われています。しかし、実際には短期間で簡単に上達する方法もあります。それは、商品を売りやすい、正しい文章構成を覚えることなのです。

今回はコピーライティングの上達にかかすことのできないAIDAの法則と呼ばれる文章構成を紹介していきます。AIDAの法則による文章構成を覚え、セールスレターやメルマガ、Webコンテンツに当てはめるだけでも格段にコピーライティングは上達します。

コピーライティングが上達しない、売れる文章を書くことができない大きな原因の一つが文章構成が滅茶苦茶になることです。今回紹介するAIDAの法則を使った文章構成は人間の心理プロセスに合った文章構成になっているので、ぜひ取り入れて、あなたのコピーライティングに活用してみてください。

AIDAの法則による文章構成を覚えるだけでコピーライティングが上達する理由

S20170330435914_TP_V

それは、AIDAの法則が最も分かりやすい文章構成でありながら、非常に応用が効くからです。

AIDAの法則はコピーライティングやセールスの中ではかなり古くからある法則と言われていますが、現在でもコピーライティングの基本的な文章構成の一つとして主流になっています。様々な文章構成がありますが、まず最初にこのAIDAの法則を覚えろ、と言われることがあるくらいにです。

また、このAIDAの法則を覚えておくと、他の文章構成を覚えるのも非常に楽になっていきます。というのも、他の文章構成に触れてみると分かるのですが、ほとんどの文章構成が、このAIDAを発展させたかのような構成になっているからです。つまり、AIDAの法則は非常に応用が効きやすい、ということなのです。

AIDAの法則による文章構成を詳しく解説

2be7525faa4bebfadf1f33be37e0a63f_s

AIDAの法則は
A:Attention(注意)
I:Interest(興味)
D:Desire(欲求)
A:Action(行動)
これらの頭文字を取った言葉になっています。

この流れに沿って文章を書いていくことによって、効果的に人の購買意欲を高め、コピーの目的、つまり、商品の購入やメルマガなどへの登録などを達成することができます。

では、詳しく見ていきましょう。

AIDAの法則、最初のAは見た人の注意を引くためのコピー

最初のA:Attention(注意)でコピーを読む人の注意を引きます。「あなたは〜お悩みではありませんか?」「発表!〜の秘密をついに公開!」など、見た人、読んだ人が気になるような文言を使うことによって、ターゲットを引きつけます。目的はとにかく注意を引くこと。見た人が気になる、「おっ!」と思うであろう文言を使ってコピーを書きましょう。

AIDAの法則、Iは注意を引いた人に興味を抱かせ、文章からの離脱を防ぐ

次に、I:Interest(興味)です。注意を引きつけただけでは商品を買ってもらったり、メルマガ登録をしてもらったりなど、目的を達成することはできません。「あなたのお悩みを解決する商品があるのですが、、、」など、とにかくA:Attention(注意)で引きつけた人が興味を引かれる内容のコピーを書きます。

AIDAの法則、Dは欲求をかき立て、行動に移させる準備をする

そして、D:Desire(欲求)で読んでいる人の欲求をかき立てます。商品を購入することでどんな未来が待っているのか、つまり、「ベネフィット」を伝えます。「これを買うことであなたの悩みが解決され、数日後にはあなたはこんな生活を手に入れることができます。」といった感じです。大切なのは、商品の良さを語るのではなく、読んでいる人にとってどんな得があるのか、を語ることです。

AIDAの法則、最後のAは読む人に確実に行動してもらうコピー

最後にA:Action(行動)です。コピーライティングの目的は何か商品を購入してもらうこと。欲求をかき立てることができたら、しっかりと「行動」を起こしてもらう必要があります。「今すぐボタンをクリックして購入してください」「以下のフォームに必要事項を記入して送信ボタンを押して下さい」しっかりと何をしてもらいたいのかを伝える必要があります。ボタンをクリックして欲しいのか、フォームを入力してもらいたいのか、はっきりと書くことで、読む人を行動させる必要があります。

まとめ、コピーライティングの文章構成が分からなければとりあえずAIDAの法則

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-AL1025_meganedoya20140830145913

AIDAの法則は4つのプロセスでできている非常にシンプルな文章構成です。しかし、シンプルであるからこそ応用が効きますし、また、簡単に実践できる文章構成です。

もしコピーライティングで成果が出ないなら、AIDAの法則に当てはめて文章を組み立てていくだけでも大きく改善することができるはずです。ぜひ、今回紹介したAIDAの法則、試してみて下さい。

sponsored link

gori_9V9A8291_TP_Vパソコン苦手な大学生が身に付けるべき3つのスキルとは?

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-Green6_huropc20141123161454伝えたいことが伝わるWebライティングのたった一つの書き方とは?

関連記事

  1. 8d326c844c57e03e4ff71f6a4887c4bc_s

    自分にあった適切な目標を設定をする3つのコツ

    仕事で成果が出ない、何がやりたいのかわからない、やりたいことをみつけることができない、などと思ったこ…

  2. MBP9V9A8316_TP_V

    MacBookPro2016を約1ヶ月使った感想・レビュー・分か…

    MacBook Pro (2016)を使い始めてから約1ヶ月が経ちました。MacBook Pro (…

  3. 131433r

    長期と短期での目標の立て方の違いと3つのコツ

    目標を持って物事に取り組んでいますか?日々の生活の一瞬一瞬を何の意識もせずに過ごしている…

  4. YOTA82_atamakakaeru15123152_TP_V

    飲む前・飲んでる最中にできる二日酔いの予防方法まとめ

    お酒の席が増えるこの季節に気になるのが、飲んだ翌日に襲ってくる二日酔いですよね。楽しいお酒の席でつい…

  5. MAX98_yattazeyossya20140531_TP_V

    ビジネススキルに自信がなくなった時に取り戻す方法

    あなたは新しいビジネスを始めようとしたり、プロジェクトや事業を任されたときに、本当に自分につとまるの…

  6. YUKA150701038569_TP_V

    事務仕事の仕事内容は?コミュニケーション力とパソコンスキルが要求…

    世の中に数ある仕事の中に、事務仕事がありますよね。求人情報を見ていたりすると、事務の求人を見たりする…

  7. pak86_iphonetomemo20140313_tp_v1

    大人の勉強と学校の勉強の違いは?成功するための勉強法

    大人の勉強は学生時代の勉強とは異なるあなたは大人になってからも勉強をしていますか?勉強と…

  8. pak86_namatamago15173604_tp_v

    朝食に取り入れたい6つのブレインフード

    朝、早起きしたものの頭の中がボーとしているなんてことあるませんか。眠気覚ましにストレッチなどをやって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP