できる人になるために20代で苦労してでも身に付けたい3つの習慣

20代と言えば、まだまだ社会に出たばかりで、学生気分が残っていたり、常識を知らなかったりします。しかし、仕事のできる人間になれるかどうかは20代のうちに身に付けたスキルや習慣で決まります。そこで今回は、20代のうちに苦労してでも身に付けておきたい習慣をご紹介します。

20代のうちに身に付けておかないと取り返しの付かないことに

bfa0b43cc870487d7b77c3f2561869ba_s

20代というのは若いこともあり、仕事でミスをしてしまったり、非常識な行動を取ってしまっても、周囲から大目に見てもらえることがあります。しかし、それに甘えてなんとなく20代を過ごしてしまうと、そのまま仕事もできず、常識もない30代になってしまいます。

30歳を過ぎると、人はそれだけで1人前とみなされます。つまり、20代では許されたり、大目に見られたミスでも、取り返しのつかないことになってしまうのです。しかも、20代のうちならミスをすれば叱ってくれたり教えてくれる人もいますが、30代になってからは誰も叱ってくれませんし、教えてもくれません。そのまま仕事を失ってしまいます。

つまり、20代のうちに仕事や社会の常識を身に付けておかないと、30代になった時、取り返しの付かないことになってしまうのです。それでは、30代以降、仕事のできる人になるためにはどのような20代を送ればいいのでしょうか、、、

陰口を言われたり噂されるくらいでちょうど良い

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-green18_nakunaru20141123143758

30代以降で仕事のできる人間になりたいのなら、まずは周囲と群がって行動するのをやめてみましょう。陰口を言われたり、ヒソヒソと噂話をされるくらいで丁度いいです。仕事のできる人(エリート・エグゼクティブ)と仕事の出来ない人(平社員)では、どちらが多数派なのか明らかですよね。群がってヒソヒソと陰口や噂話をしている人たちというのは、仕事のできない平社員として人生を送っていきます。

そうならないためにも、まずやるべきことは、その集団・群れから抜け出すことですよね。なぜなら、その人たちと群がって、同じ行動をしていては、その人たちと同じ人生を歩むことになってしまうからです。成功者、仕事のできる人というのは、その他大勢の人とは違う行動を取ってきたから、群れから抜け出して成功することができたのです。できる人間になって成功するためには陰口を言われたり、噂をされるくらいでちょうど良い、それくらいの考えで行動していきましょう。

できる人になるために20代で身に付けるべき3つの習慣とは?

では、30代以降、できる人になるために20代で身に付けておくべき3つの習慣をご紹介します。20代のうちからこれらを習慣にしておくことで、30代以降、さらに成長することができるでしょう。

電話やメールも24時間以内、素早い返事と行動

7970033ea775f539b2e470af8646111c_s

まずは、素早い返事と行動です。「この仕事をやって欲しい」と言われたときに、できる人になれる20代はとにかく早く返事をします。仕事をあたえる側の気持ちになってみれば、「わかりました!やります!」と即答されるのと、「えっと、、、そうですね、、、」と考え込まれるのでは、前者に仕事を任せたいと思いますよね。その結果、素早い返事をし続けた20代には仕事が集まるので、自ずとスキルが向上し、仕事ができるようになっていきます。

一方で、返事が遅いままだと、次第に仕事がもらえなくなっていき、結果的にスキルが身につかなくなってしまいます。返事が遅い人がうだうだ考え込んでいる間に、返事の早い人は何倍もの仕事をこなしてスキルを身に付けいていくのです。仕事のできる人になるためにも、声をかけられた時の素早い返事、そして、電話やメールに対しても24時間以内に返事をする癖を身に付けておきましょう。

言い訳をしないで自分の実力不足を素直に認める

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-00_pp27_pp

20代のうちは、上司や先輩から数え切れないほど叱られたり怒られたりします。できる人になる20代は、その時に言い訳をせず、自分自身の実力不足を素直に認めます。その結果、自分の足りない部分が見えてくるし、叱られるしかなくなるので、自然と成長していくことができます。

しかし、成長できない20代は、そこで言い訳の仕方を覚えてしまいます。言い訳がうまくなってしまうと、その場で叱られるのは避けることができますが、結果的に自分の実力を伸ばすことができなくなってしまいます。その結果、スキルは身につかないのに、言い訳だけがうまくなって30代になるのです。こうならないためにも、言い訳を考えるのではなく、素直に自分の実力不足を認められるようになりましょう。

考える前に手や体を動かす

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-max16011518

20代というのは、基本的にスキルも経験もないので、何もできません。そんな状態でやるべきことは、自分の頭で考えるよりも、まずは手や体を動かして与えられた仕事をやってみることです。それを繰り返していくことで、始めて実力やスキルが身についていくのです。自分よりも経験、スキルともにある人が与えてくれた仕事と、どちらも足りない自分で考えたこと、どちらの方が成長につながるのか明白ですよね。

また、この何でもやってみるが許されるのは20代だけです。特に、会社の中では、30代以降なら大人としての責任も求められるようになるので、何でも挑戦してみるというわけにはいかないのです。20代のうちに何にでも挑戦して、30代以降できる人になれるようにスキルを磨き、経験を積んでいきましょう。

まとめ

20代で大切なのは、とにかく素直に行動することです。あなたに1億人に1人の才能があれば話は別ですが、多くの人は特別な才能を持ち合わせてはいません。とにかく素直に行動し、できる人の教え完璧に吸収していくことだけを考えていきましょう。

コチラの記事もオススメです

同じことで怒られる3つの原因とその対策
社会人未経験者のための仕事との向き合い方講座

  • コメント: 0

関連記事

  1. コーヒー要らず!健康的で効果的な眠気覚まし3つの方法

  2. なぜ成功者は毎日同じ服を着るのか?

  3. 速読が苦手な人におすすめする3つの方法とコツ

  4. 作業中BGMは仕事の効率化に向いているのか考えてみた

  5. カフェインの力を最大限利用!理想的な摂取方法と気をつけたいこと

  6. ネットビジネスを成功させる正しいお正月の過ごし方とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。