タイピングが遅い理由と無料で練習できるサイト

タイピングはパソコンの作業・仕事の基礎体力です

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

あなたはパソコンの「タイピング」のスピードを意識したことがありますか?タイピングは全てのパソコンの作業・仕事の基礎体力となる力です。ライティング作業、プログラミング、文書やスライドの作成など、ほとんどのパソコンでの作業にタイピングが必要になってくるからです。つまり、タイピングのスピードを上げることができれば、多くの仕事でパソコンを使う現代では、仕事のスピードの底上げにつながるのです。最も効率的に仕事の時間を短縮したい場合には、タイピングのスピードを上げるのが近道ということになります。

闇雲に打ち続けてもうまくはなれません

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s

しかし、タイピングのスピードを上げたいからと言って、闇雲に文字を打ち続けてもタイピングが早くなるとは限りません。私たちが使うキーボードが独特な文字配列になっているのは、その文字配列に合わせた正しい打ち方が存在するからです。それを知らず闇雲にタイピングを続けても上達が見込めないか、もしくはタイピングのスピードに上限がかかってしまいます。

そこで今回は、タイピングのスピードを向上させ、仕事全体のスピードを底上げするために、タイピングのスピードが遅くなる理由を解説していきます。また、無料でタイピングの練習を出来るサイトもご紹介しますので、タイピングのスピードが遅くなる理由・原因を取り除き、正しいやり方で練習をすることで、タイピングのスピードを上げていきましょう。

日本語配列のキーボードを使いましょう

jiskey

まずは、あなたが使っているパソコンのキーボードを確認してみてください。特にMacユーザーに多いのですが、英語圏で使われるUS配列(英語配列)というキーボードを使っている人がいます。US配列キーボードは見た目がシンプルでオシャレということで、Macのユーザーに人気がありますが、日本語でタイピングをするという場合には不向きになります。ですので、ビジネスや仕事で利用するパソコンの場合には、JIS配列(日本語配列)のキーボードを選ぶことがタイピングの向上につながります。

例えば、日本語のタイピングでは、
文字を入力→スペースキーで変換→Enterキーで確定
というのが主なタイピングの流れになります。そのため、入力した文字を確定させるEnterキーは最も多く使われるキーの1つになりますので、JISキーボードではEnterキーが大きくなっています。その一方で、USキーボードの場合は、変換の必要がない英数入力を快適にするために、Enterキーが小さくなっています。他にも、日本語のタイピングをする場合には、英数入力と日本語入力の切替を頻繁に行いますので、JISキーボードには、英数キーとかなキーという、入力方式を一発で切り替えるキーがついています。しかし、USキーボードは、そもそも入力方式の切替を想定していないので、Commandキー(WindowsはCtrlキー)とスペースキーを同時に押さないと、かな入力と英数入力を切り替えることができません。

他にも、主となるキーの配列はJISキーボード、USキーボード、同じ部分がありますが、記号や数字の部分などで異なる部分があります。そのような細かい部分の違いが日本語の入力ではミスタイプを生むことになりますので、タイピングスピードの向上を考える場合には、JISキーボードを使うべきです。

正しいホームポジションを覚えてタッチタイピング(ブラインドタッチ)を習得する

home

日本語のタイピングに向いているキーボードを選んだ後は、正しい「ホームポジション」を覚えて、タッチタイピング(ブラインドタッチ)ができるようになる必要があります。タッチタイピングとは、要するにキーボードを見ずに、パソコンの画面を見ながらタイピングをすることです。これができるようになるには、キーボードへの正しい指の置き方、ホームポジションを覚えて、どの指でどのキーを打つのが正しいのかを体に覚えさせる必要があります。

特に、我流でタイピングをしてきた人は、ここでしっかり矯正しておかないと、タイピングのスピードに上限がかかってしまいます。もし、タッチタイピングが出来ない場合や、正しいホームポジション、指の使い方が分からない場合には、以下のサイトで無料で練習できます。

P検:http://www.pken.com/index.html
e-typing:http://www.e-typing.ne.jp/

LINEやメールをパソコンでやって慣れる

上記のサイトでホームポジションや指の動かし方を覚えることができたら、あとはひたすらキーボードを見ないでタイピングすることに慣れるだけになります。そこでおすすめなのが、LINEやメールなど、普段スマートフォンで行っているコミュニケーションをパソコンのタイピングで行うことです。特にLINEの場合、連続したやり取りを行うことも多いと思いますので、実践的なタイピングの練習ができるはずです。パソコンでLINEを使う場合には、以下のサイトからパソコン向けのLINEアプリをダウンロードすることができます。

LINEダウンロード:https://line.me/ja/download

まとめ

正しいキーボードを使い、正しい指の動かし方を覚えてしまえば、後は繰り返すだけでタイピングのスピードは向上していきます。もし、あなたがタイピングのスピードに悩みを抱えているなら、この機会に正しいタイピングの方法を学んでみてはいかがでしょうか。

コチラの記事もオススメです

パソコンの仕事を高速化するための7つの方法
ブログ・サイトの記事更新に必須のライティング効率化ソフト

  • コメント: 0

関連記事

  1. ビジネスの問題を次々に解決するために今すぐ取り組める地頭力の高め方

  2. 出世するためには必須の分析力を高める効果的な方法

  3. PCのデータを安心・完全に守り切るためのバックアップ基本術

  4. 時間を無駄にする「終電での寝過ごし」を防ぐ3つの方法

  5. 任せられるところは全て任せよう、クラウドソーシング入門

  6. ダラダラと長時間仕事をしてませんか?仕事のオンとオフをうまく切り替える3つのコツ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。