アフィリエイトの成果が倍増するための文章テクニック

アフィリエイトをやっているとブログやサイトの記事を更新します。ブログややサイトの記事を書いていて文章量が足りないなと感じたことありませんか?書き始めたのいいけれども途中から何を書いていいかわからなくなってしまててが止まってしまう。無理やり文章の量を増やそうとして何度も同じことを書いてしまいますがこれでは内容が薄くなってしまいます。実際にはスラスラと文章量の多い記事が書ける人もいます。文章が書けずに悩んでいる人とは何が違うのでしょうか。文章量を増やす方法をお伝えしていきます。

 

なぜ文章量を増やす必要があるのか?

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-93

あなたは、同じ商品を扱うサイトが2つあります。一つは文章量が多いサイトでもう一つ文章量の少ないサイトです。どちらのサイトから商品を買いますか?多分文章量の多いサイトですよね。なぜ文章量の多いサイトで購入するのでしょうか?

文章量が多いということは、情報量が多いということになります。こ情報量の多いか少ないかで信用されるかされないかが決まってきます。信用されることで商品が売れていきます。情報量が多いと信用されやすくなり商品も情報量が少ないサイトに比べて売れていきます。なので文章量を増やすことで情報量が増えていくことにもなるのです。

人は情報が少ないと人は不安を感じて行動を起こしません。行動をさせるには文章量を増やして多くの情報を読者に届けます。そうすることで不安を取り除くことができ納得してお得感を感じてもらうのです。情報量を増やすことは読者に親近感を持ってもらいあなたとの距離を縮めることなのです。

 

文章量を増やす方法

pose_douzo_annai_businessman

文章量が増えると情報量が増えるので文章量を増やしましょうといっても簡単には増やせません。ここで文章量を増やすためにやるべきことを伝えていきます。

  1. テーマを決めて絞る
  2. 情報を集める
  3. 構成を決める
  4. 見出しを使う
  5. 文章の中に具体例を入れていく

テーマを決めて絞る

どんなことを書いていいのかわからない時はテーマを決めるとスッキリします。1つのテーマで1記事が基本です。テーマを決めたらその内容を絞っていきます。テーマがネットビジネスだとします。これだとテーマの範囲が広すぎます。ネットビジネスといってもいろいろあってアフィリエイト、転売、ネットショップ、情報販売などなどあげたらキリがないですよね。なので可能な限りテーマを絞っていきます。テーマを小さくしてそこに集中していけばいいのです。

情報を集める

テーマが決まればそれについて情報を集めます。テーマも可能な限り絞ってありますので情報も集めやすくなっています。文章量が増えてしっかりとした情報になるかならないかは、この情報収集にかかっています。情報を集める先としては検索エンジンの上位のサイトやテーマに関連する書籍、Q&Aサイトなどいろいろあります。これらの情報をまとめるだけで今までよりも文章量が増えるでしょう。

構成を決める

構成はテンプレート化するのがオススメです。そうすることで時間の短縮につながります。三段構成ならば序論、本論、結論、よく見られる四段構成であれば起承転結といたものがあります。そのほかにもコピーライティングではQUESTの法則、AIDMAの法則、PASONAの法則があります。

QUESTの法則
・Qualify = 宣言(約束)する
・Understand = 理解を示し共感を得る
・Educate = 教育する
・Stimulate = 刺激を与え興奮させる
・Transition = 行動を促す

AIDMAの法則
・Attention = 注意、注目を集める
・Interest = 関心、興味を引き出す
・Desire = 欲求を引き出す
・Memory = 記憶(過去)から未来への期待値を上げる
・Action = 行動させる

PASONAの法則
・Problem = 問題を提示する
・Agitation = 問題点の根拠、理由を示す。
・Solution = 問題点の解決策を提案する
・Narrow down = 限定性、緊急性を与える
・Action = 行動させる

このようなコピーライティングの型に沿って書いていくことで読者に有益な情報を提供できます。

 

見出しを使う

images

見出しとは記事タイトル中身をわかりやすく説明したものです。記事を見やすくするのも見出しの役目になります。見出しで興味を引けないとその先を読んでももらえないのでとても重要な部分になります。見出しの種類は大きく分けて3つです。

  • 大見出し (おおみだし)
  • 中見出し (なかみだし)
  • 小見出し (こみだし)

大見出しは、1記事に対して1つになります。文章量を増やすために使ってくのが中見出しと小見出しになります。中見出しと小見出しは内容次第で増えてい絞り込まれたテーマをさらに絞り込んでいきます。書籍などの目次を参考にすると見出しの使い方がわかりやすくなります。

文章の具体例を入れていく

具体例を意識的に増やすことで文章量が増えていきます。具体例を入れることで文章量が増えるだけでなく何が言いたいのかを読書にもわかりやすく説明できます。

 

まとめ

文章量を増やすことは情報量を増やすことになります。そうすることで信用されるようになり商品も売れていきます。

文章量を増やす方法は、

  1. テーマを決めて絞る
  2. 情報を集める
  3. 構成を決める
  4. 見出しを使う
  5. 文章の中に具体例を入れていく

これらを実践していけば文章量も自然に増えていきます。文章量は少ないよりは多い方が良質な記事になりますので実践していってください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ビジネスマンの上手な時間管理術

  2. 相手の心を動かす、3段階のコピーライティング技術

  3. 無料でおしゃれなサイトを作れるサービスが登場!【アメーバオウンド】

  4. お金も信頼も失う行動は、時間にルーズなことです。

  5. オーディオブック・音声教材の効果を高める使い方とは?

  6. 忘年会翌日の過ごし方がビジネスの行方を決める

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。