目の疲れによく効く効果的な対策法

毎日長時間パソコンの前で作業したりスマホを会社の行き帰りの電車の中でずっとチェックしたりして目が疲れていませんか?そんな何気ないことも眼精疲労の原因になるのです。眼精疲労の対策を色々試していると思いますがどんな方法でどんな効果があるの紹介していきます。

 

眼精疲労とは?

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-miyako92_minaminosimadenomado20140727
眼精疲労ってただ目が疲れてるだけだと思ってませんか。実は、目の疲れは、2種類あるのです。ただ単に目が疲れているだけのことを眼疲労で眼疲労より重い症状でそれによっておこる様々な不調が眼精疲労です。

眼疲労であれば疲れを感じた時に少し休んだり十分な睡眠をとることで症状は回復します。しかし眼精疲労は、休憩したり十分な睡眠を取っても症状は、回復しません。一時的に良くなったと感じるかもしれませんがすぐに症状が出てくるのが特徴です。

眼精疲労の症状ですが頭痛や吐き気があります。頭痛は、筋肉のコリや血行不良の他に蝶形骨が歪んでいるのが原因になるそうです。吐き気の原因の多くはストレスで、パソコンやスマホだけでなく人間関係なども大きく関わってきます。

頭痛や吐き気の症状以外にも目のかすみやぼやけなど直接、目に影響を及ぼします。目がしょぼしょぼしたり充血したりするそうです。単なる目の疲れだと考えずに無理をしないでストレスを感じないようにしましょう。

 

効果的な予防策と解決法

ozpa87_megaitaindesu20130707_tp_v

 

疲れた目を冷やしたり温めたりするって聞いたことあると思いますが症状によって温めたり冷やしたりします。充血していたら冷やして炎症症状を抑え、目がしょぼしょぼするときは、温めて血行不良を抑えます。両方の症状が出ているときは、交互に温めたり冷やしたりしていきましょう。

目の疲労は、基本使いすぎると疲れてきますのでそのときは、目をしばらくを閉じてみるか少し仮眠をとりましょう。目の筋肉も休める必要があります。

眼精疲労の解消は、ストレッチとよく言われてますがその多くの場合は、目の筋肉のストレッチを指しています。それはそれで効果がありますが実は、全身ストレッチがオススメです。なぜ全身ストレッチなのかというと目の疲れの一部分は、首や顔、背中などに蓄積した疲れからきていることも多いのです。

長時間座りっぱなしでパソコンにずっと向かっている場合などは、1時間に1度は、椅子から立って大きく伸びをしたりして全身の筋肉を伸ばしたりして筋肉の疲労を取って上げましょう。全身の血行が良くなれば目の周囲の血行も改善される効果も望めますし、全身のストレッチは思いのほか効果の高い対策なのです。

419wiuothl

 

オススメ記事はこちら
満員電車がストレスになる2つの理由とその対策法

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ビジネスマンに必要なロジカルシンキングの基礎的な思考

  2. 年末年始に新幹線の指定席を確実にとるためには?

  3. プレゼンに最適! 他の人と差別化できる資料を作成するiPhoneアプリ【PERSTEXT】

  4. Hao123を完全削除しアンインストールする方法

  5. 鞄の中を見ればわかる、あなたの年収が今でも低い理由

  6. Twitterでフォロワーを増やすにはアンフォローは必要か?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。