仕事中におすすめしたいコーヒー豆の種類とその効果

あなたはコーヒー豆による効果の違いを知っていますか?

ck0i9a92162_tp_v

仕事中や休憩時間中にコーヒーを飲む方は多いと思います。実際、カフェでは必ずと言って良いほどいつもビジネスマンがパソコンを広げて仕事をしていますよね。

たしか一時期、ノマドワーカーといって仕事場を選ばない仕事をしている人たちがカフェでMacBookを広げて仕事をするスタイルが流行りましたよね。有名なのはスターバックスコーヒー×MacBookのような形でしょうか。そういったこともあって、現在でも多くの人がカフェでこーを飲みながら仕事をしているのです。

もちろん、在宅で仕事をする人や会社のオフィスで仕事をしている人たちでもコーヒーを飲みながら仕事をする人は大変多くて、例えばネスレのコーヒーマシンは、オフィス向けのマシン設置に大きな広告を出していましたよね。そのくらい需要があるということですね。だから、仕事とコーヒーは昔から切っても切れない関係にあるのです。

ただ、その中でもコーヒー豆別に効果が違うということを知っている人はどのくらいいるでしょうか?ほとんどいないのが実際のところだと思います。各々好きなブランドやお店はあると思いますが、コーヒー豆別に効果を知っている人はほとんどいないでしょう。

実はコーヒーはコーヒー豆の種類によって効果が異なります。コーヒーならコーヒーでその中の違いはどうでもいいという方もいらっしゃるかもしれませんが、むしろ同じコーヒーならその場面に合わせた一番効果の高いコーヒーを飲みたいですよね。その方が仕事の効率にも良い影響を与えると思います。それでは、代表的なコーヒー豆の種類別効果を紹介します。

 

仕事中におすすめしたいコーヒー豆の種類別効果まとめ

coffee20160715165504_tp_v-1

今回は数あるコーヒー豆の中でも集中力を上げるのに良いとされているコーヒー豆を厳選して紹介します。数はそこまで多くは無いですが、選択肢は少ないほうが選びやすいので参考までに見てみてください。

 

1. ブラジルサントス

 

コーヒー豆は世界に数多く存在していて、またその種類もかなりの数存在します。このブラジルサントスはその中でもかなり有名な部類のコーヒー豆です。酸味と苦味のバランスが取れていて、比較的クセがなく、香りが良いです。

 

2. マンデリン

苦味が強いのが特徴です。酸味はあまりなく、飲んだ後の味にも特徴があります。すごく美味しい豆で、世界のコーヒー豆の中でも評価の高い豆です。

 

3. ハワイコナ

 

酸味とコクが非常に強いのが特徴的な豆です。ハワイ島で取れるこの豆はよくスーパーでもおしゃれな包装をされて売ってありますよね。酸味が特徴なゆえに、ブレンドコーヒーに用いると良い酸味を加えられるのだとか。少し高価なのが難点です。

 

効果を知ってその場に応じたコーヒーを飲もう

max16011508_TP_V

実際のところ、コーヒー豆の種類別で効果を知って、その通りに飲むことは難しいかもしれません。ただ、コーヒー豆の種類別で効果を知っておくだけで、どのコーヒーを飲むかを選ぶときの参考にはなると思いますので、知っておいた方が良いでしょう。何なら同僚や家族にコーヒー豆の種類別効果の知識を伝えてプチ自慢してみるのも良いかもしれません。

そして最初にお伝えした通り、コーヒー豆の種類別で効果を知っていると、シーンに合わせて飲むコーヒーを選択することができます。実際に効果を感じられるかはともかくとして、プラシーボ効果的なものを考えてもそれを知っておいた方がコーヒー豆の効果が発揮されることが期待できます。ぜひ試してみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ビジネスマンにおすすめしたい手帳・ノートまとめ

  2. 仕事を効率化する会社のデスク整理整頓術!オフィスをスッキリするコツとは

  3. 時間にコントロールされず充実した毎日を過ごす方法

  4. 簡単で手軽にできる7つの気分転換方法

  5. 朝が弱い人でも絶対に朝型人間になれるコツ

  6. ノマドワーカー必見!稼げる人の雨の日の過ごし方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。