朝食に取り入れたい6つのブレインフード

pak86_namatamago15173604_tp_v

朝、早起きしたものの頭の中がボーとしているなんてことあるませんか。眠気覚ましにストレッチなどをやって体を動かして刺激を与えるのも大切ですがまずは、寝ぼけた頭を働かせることが肝心です。そこで朝の眠気をスッキリさせて脳を活性化させるブレインフードを紹介していきます。

 

脳を活性化させるブレインフードとは

 

ブレインフードとは、脳の栄養になる食べ物のことです。エネルギーを補給してくれて脳を活性化してくれるので機能が低下した時だけでなく、目覚めの悪くすっき起きられず頭が回らない朝に食べたい食材です。脳を健康な状態だ保つには、食事が大きく関わってくるので積極的にとっていきましょう。

 

覚えて起きたいブレインフード

 

私たちが毎日食事する中で少なからずブレインフードは、入っています。まずは、積極的にとっていきたいブレインフードを紹介していきます。

青魚

青魚には、DHAが含まれており記憶力や学習能力の向上が期待でき、勉強盛りの子どもへの脳の栄養補給や、お年寄りの認知症予防にも役立ちます。

くるみ

くるみは、優れた抗酸化力を持っていてさらにはオメガ3系脂肪酸も豊富に含んでいます。脳の活性化を促し毎日食べている人は、記憶力が良くなるというデータもあります。

鶏肉

鶏肉に含まれるコリンが脳の老化を緩やかにするため、積極的に摂りたい栄養素です。チロシンも含まれており、強いストレス状態で摂取すると、脳をすっきりと覚醒させてやる気を起こさせる作用も期待できます。

大豆製品

豆腐や納豆などの大豆製品は、レシチンやチロシンが含まれています。レシチンは、集中力を高めて脳機能向上をサポートしチロシンは、脳をスッキリさせる効果があります。

緑黄色野菜

緑黄色野菜は、摂取した栄養や神経細胞の酸化を防ぐのに役立ちますので脳の老化を防止します。

 

上記、5種類のブレインフードは、押さえておきたいですね。朝の眠気をスッキリさせてくれるブレインフードは、くるみ、青魚、緑黄色野菜緑黄色野菜(特にトマト、ほうれん草など)が朝食に取り入れると脳が活性化していきます。

また、そのほかの食材としては、赤身のお肉やマグロでこれにはヘム鉄を含んでおり脳細胞への酸素供給を促進してくれます。コリンと呼ばれる成分を含む卵の卵黄は、脳の神経伝達物質を活性化しさらには、中性脂肪の量を調整し内臓脂肪の予防するという嬉しい効果もあります。毎朝、飲まれてる方もいると思いますがコーヒーも実は、ブレインフードです。コーヒーは、カフェインが脳の疲れを取り興奮状態にして眠気を取ってくれます。

 

まとめ

朝に取りたいブレインフードは、

  • くるみ
  • 青魚
  • 緑黄色野菜緑黄色野菜(トマト、ホウレンソウなど)
  • 赤身のお肉
  • 卵(卵黄)
  • コーヒー

この6つのブレインフードを積極的に朝食に取り入れていくと朝の眠気をスッキリと取ってくれます。

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-GREEN_FU20140125

    胡散臭いセールスレターになってしまう理由

  2. PAK75_gyoe-20141221140222_TP_V

    格安スマホとは?格安SIMを使うメリット・デメリットまとめ

  3. プライス

    ネットビジネスで稼げる人と稼げない人との違いとは

  4. %e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-1

    ネットビジネスで結果を出すための『守破離』を極める

  5. c2fa7be52611fe59390f41980515e508_s

    ドライアイになる原因は?ドライアイを軽減する5つの対処法

  6. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-GREEN_FU20140125

    初対面の人でも会話を盛り上げることのできるテクニック

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。