合法的にお金を貰いながら ビジネスど素人から脱却する手法

会社の給料以外に臨時収入が月2回

普通、何かを学ぶときは
最初にお金を払いますよね?

ですが、
転売ビジネスなら
月に2回の臨時収入を得ながら
商売の基礎を学ぶことができます。

金

月に2回というのは、
アマゾンを使った転売であれば
あなたの銀行口座へ月2回、
入金されるということです。

やりたいこと=稼げる ?

やりたいことで稼げたら
最高ですよね?

副業を始める前のビジネスど素人の頃は、
『良い商品』や『素晴らしいサービス』があれば
お客さんは自然と集まってくると
思っていました。

転売ビジネスを通して学んだ大切なことの1つに
『最初から商品を決めてはダメ』
ということです。

たとえば、不眠症の人が
自分で枕を工夫して結果、
よく寝れるようになったとします。

こういう場合、
「この枕を売れば儲かるんじゃないか?」
なんて考えそうですよね?

枕

本当にそうでしょうか?

そして、自分で開発した枕を
どこで売るか、誰に売るか考えて、
ビジネスをしてしまうと
失敗確率が非常に高くなります。

なぜかというと、
その商品を求めている人が
どれだけいるか分からないからです。

需要があったとしても
強敵がいるかもしれません。

だから
『最初に売りたい商品を決めちゃだめ』なんです。

良い順番としては、
販売先⇒仕入先⇒商品
となります。

先程、例を出した不眠症の人は
商品として枕を売ろうと決めてから、

仕入先をどうするか?どこで売ろうか?
といった順に考えていましたが、
理想は、これの逆です。

不眠症で悩んでいる人は
どこ(販売先)に集まるのか?
を先に考えます。

実際に不眠症で悩んでいる人は
病院に行っているかもしれませんし、
ストレスが多そうな職場にいるかもしれません。

byouinn

そういった病院や職場に行って
アンケートをとり、
何を求めているか調査すると、

もしかしたら
枕を求めていないかもしれません。

枕じゃなくて、
ベッドの種類で悩んでいるかもしれませんし、

体調管理についての
情報が知りたいかもしれません。

要するに
先にリサーチする必要があるということです。

お客さんが欲しいと感じている
商品やサービスを聞いてから
実際に商品などを作れば
売れる確率はカナリ上がりますよね?

自分がやりたいことを優先しすぎると
お客さんの求めているものと
たまたまマッチすればいいんですが、
ズレていれば、その商品は売れません。

これじゃあギャンブルと変わりませんよね。

だから順番が大切なんです。

では転売ビジネスを実践するとしたら?

販売先はどこがいいんでしょうか?

それは、
集客が抜群である場所を選ぶべきです。

ライバルが少なければ
より良いですよね。

アマゾンなら信頼感もありますのでオススメです。

そして、モノレートというサイトを見れば
ランキングや出品者数が分かるので

人気のある商品は何か?
ライバルはどのくらいいるか?
が分かってしまいます。

あとは需要があって、供給が少ない商品を
仕入れてしまえば、
売れないわけがない状態になります。

といった感じで
販売先⇒仕入先⇒商品
の順番で進めていくことが大切です。

今回書いた
転売ビジネスで学んだことは
ほんの一部で、

副業として最初に実践することで

違うジャンルのビジネスにも
応用が利くと思います。

情報発信するときに
副業系、健康系、人間関係など
色々あるので好きなジャンルを選んだとしても

どこに人が集まるか?

何が求められているか?

コンテンツの内容に反映させる

と順番を工夫できますね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 3つの疲労蓄積を吹き飛ばす手口を公開

  2. 作業中BGMは仕事の効率化に向いているのか考えてみた

  3. 不安がなかなか解消できない人におすすめの不安解消法

  4. ネットビジネスの成功にはセルフイメージの高さが重要⁉︎普段の言葉に潜在意識が表れる

  5. 仕事の時間が経つのが遅くて苦痛!時間が早く過ぎる方法とは

  6. ビジョンボードを使って夢を現実にしていく方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。