YouTubeに動画をアップロードする基本の手順

誰もが知っているYouTubeですが、投稿している人となるとまだそれほど多くはありません。
動画を撮ってはみたものの、どうやってYouTubeへ投稿していいのかわからないという人もいることでしょう。
今回はどのようにしてYouTubeへ動画を投稿するのか、その基本的な部分をご紹介します。

 
 

 

あなたが持っているGoogleアカウントでログインします。

1
https://www.youtube.com/

 

2
まずは右上にある「アップロード」のボタンをクリックします。

 

3
ボタンをクリックすると、このような画面が出てきますので「↑」ボタンをクリックします。
PCに保存してあるファイルを選択することが出来ますのでアップロードしたいファイルを選んでください。

 

4
真ん中にあるタブは公開を選びます。
アップロードするファイルを選ぶと、以下の様な画面が出てきます。

 

5
動画が長いほどアップロードには時間がかかりますのでゆっくり待って下さい。

 

 

 

動画を公開する前に、動画のタイトルや説明文を記入してから公開しましょう。
タイトルや説明文を適当に書くとYouTube内で検索しても動画が検索結果にヒットしなくなります。
YouTube内の検索エンジン用に対策することで、自分の動画を上位に表示させる事が出来るのです。

6
(1) タイトル
(2) 説明文
(3) タグ

3つのフォームが確認出来ると思います。

 

(1) タイトル

 
タイトルには作成した動画のキーワードを必ず入れてください。
タイトルの最初にキーワードを入れることが出来れば完璧です。
このタイトル付けは一番大事な事ですので慎重に決めてください。
 

(2) 説明文

 
動画の説明文も大事です。
キーワードを少なくとも3個は文の中に入れることを意識してください。
これも文の最初の方にキーワードを入れることが出来ればOKです。
キーワードを意識しすぎると変な日本語になりますので、自然な説明文になるよう気をつけて下さい。
 

(3) タグ

 
タグはキーワードそのものを5個程度入れてください。
キーワードが浮かばなくても関連するキーワードを入れておきましょう。

 

以上の3つのフォームがYouTube検索エンジンの対策になります。
公開後も変更は可能ですので、様々な動画を見て研究してみてください。

 

 

 

8

全ての作業が終わったら「公開」をクリックして、YouTubeに動画を公開させましょう。
公開が完了すると、以下の様な画面が出てきます。

 

9

赤枠で囲んだURLがこの動画のURLとなります。

これで、アップロードからYouTubeへの動画公開まで、全て完了です。

 

 

まとめ

 

アップロードは、基本的に何で撮った動画でも手順は同じになります。
YouTubeへアップロードして、タイトルや説明文などを埋めて公開するという手順に変わりはありません。
今ではiPhoneやスマホで撮った動画をそのままYouTubeへ投稿することも出来ます。
スマホの映像でもかなり綺麗ですので、外出先で撮った動画をそのままYouTubeに投稿する人も多くなっています。
今回の記事を見ながらアップロードすれば、誰でも簡単に動画を上げることが出来ます。
どんどん動画を撮ってYouTubeへ投稿していってください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. コピーライターやコンサルタントで稼げる様になる人の特徴

  2. 要領よく仕事をするにはコツがある?要領がいい人になるための6つポイント

  3. ブログ・サイトの記事更新に必須のライティング効率化ソフト

  4. メルマガ・ブログ・コピーがわかりやすく書ける5のコツ

  5. アラフォーサラリーマンにオススメの副業とは

  6. ポモドーロテクニックなら生産性を最大限に飛躍できる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。