Twitterでフォロワーを増やすにはアンフォローは必要か?

Twitterでフォロワーを増やすには、フォローをしていくとフォロワーが増えていきます。返報性の原理を応用してフォローしたらフォローしか返してくれるということですが必ずフォローを返してくれるわけではありません。フォローをした2割ぐらいからフォローが返ってきますがそれ以外の8割からフォローが返って履きません。フォローは、無限にできるわけではなく上限があります。上限までフォローしてしまうとフォローできなくなってしまいます。こうならないためには、アンフォローをしなければなりません。今日は、アンフォローとは何か、どのようにしていけばいいのかお伝えしていきます。

アンフォローとは

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-15-19-00-05

アンフォローとはフォローを解除することです。フォローを解除するとフォローを解除したアカウントのつぶやきがタイムラインに流れなくないます。フォローしていない状態に戻ります。アンフォローはフォローを解除するだけなのでブロックとは異なります。アンフォローをしてもまたフォローすることはできるので心配する必要はありません。

なぜアンフォローをするのか

冒頭でもお伝えしましたがフォローできる数には上限があります。上限いっぱいまでフォローしてしまうとそれ以上は、フォローできなくなってしまうからです。そうするとフォロワーを増やしていきたくてもフォローできないので増やすことができません。このようなことにならないためにも定期的にアンフォローをする必要があるのです。こちらからフォローをしてある程度の期間にフォロー返しがなければほぼフォローされないと思って間違いありません。フォローをしてくれない相手をいつまでもフォローしておく必要はありませんで見切りをつけてアンフォローしていきましょう。アンフォローはフォロワーを増やしていくためには、やっていかなければならない作業です。

どうやってアンフォローをしていくのか

誰がフォローしてくれていて誰がフォローしてくれていないかを自分で確認して一人一人を解除してのは面倒臭いというよりかできません。ましてやフォロー数が多かったらどれだけ時間がかかることか。しかしこんな心配は無用でアンフォローができるツールやアプリは、いろいろあります。それらを使っていけばある程の時間でアンフォローができてしまいます。なのでアンフォローをしてくときにはツールを使っていきましょう。

アンフォローできるツールは?

アンフォローできるツールは日本海外問わずいろいろありますので少しだけ紹介していきます。

justunfollow_r

https://friendorfollow.com/

Friend or Follow!というツールです。あなたのことをフォローし返していないのは誰なのか、あなたがフォローし返していないのは誰かを調べるツール。フォロー解除系のツールで一番使いやすい。視覚的にみやすく表示してくれる。海外サイトだが、自分のツイッタ―ユーザー名を入力するだけの簡単仕様。

 

manageflitter_r1

https://manageflitter.com/

ManageFlitterは、フォロー解除を簡単にしてくれる。海外サイトなので少し扱いにくいが機能は充実している。

 

16uf_r

http://www.16uf.jp/

16(いちろく)は、こちらもフォロー解除を簡単に出来る。フォローしていない総数も、表示させることが出来るので慎重にリムーブしたい人に。

3つのアンフォローツールを紹介しましたがオススメなのは、海外サイトですがManageFlitterが良いです。無料なの機能の充実ぶりがすごいです。フォロー返ししてくれない人の一覧を作ってくれます。そのフォロー返ししてくれないアカウントを一括でアンフォローできる優れものです。

24時間以内で初期状態でアンフォローできる人数が500人までと制限はありますがmanageflitterのTwitterアカウントをフォローするで+200人、ManageFlitterの指定するツイートを行うと+200人、メールアドレスを登録して認証すると+300人とアンフォローできる人数が増やせます。全ての条件を満たせばmaxで24時間で最高1200人までアンフォローできるようになります。

アンフォローで注意すること

アンフォローに限らずですが注意しなければいけにのがTwitterの利用規約です。これを違反するとロックをかけられたり、凍結したり、最悪の場合は永久凍結になっていしまいます。これを考えると1日に1つのアカウントでツール使った一括処理で500人もアンフォローしてしまったらロックをかけられるか凍結されてしまう可能性は高いです。これはアカウントの自動化による規約違反にあるからです。アンフォローをするのにこの人数までであれば規約違反ではないから大丈夫という数は、ありませんが100人〜200人ぐらいの間であれば絶対ではありませんがロックや凍結されにくいと思います。

 

まとめ

アンフォローは、ツール使ってやっていきましょう。手動でやっていくものではありません。オススメのアンフォローツールはManageFlitterです。くれぐれもアンフォローするときは、Twitterの利用規約違反のならないように注意してやっていきましょう。

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ビジネスで必要な実行力を身につける方法

  2. 仕事ができる人のハンカチの使い方!雰囲気から他のビジネスマンに差をつける!

  3. 意外と知らない?Twitterのロック解除の方法

  4. 寝つきを良くして翌日の作業効率を3倍高める方法

  5. 今までの半分の労力で生産性の効率を2倍にする6つのポイント

  6. 忙しいビジネスマンのストレス解消は、ウォーキングが効果あり

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。