伝える文章ではなく伝わる文章書くには?

ブログをやっていると誰もが経験すると思いますが、書くこと自体が大変なときってありませんか?特に始めたばかりの時はネタもなかなか見つけれずになかなか書けなくて辛いなぁと感じたことがある人が少なからずいると思います。これは、ネタが思いつかないだけでなく文章の構成もイメージできてないからです。ネタがあるのに書けない時は文章の構成のイメーイができていないのが原因です。これができていないとわかりやす文章は書けません。わかりやすい、伝わりやすい文章とはどんな文章なのかどうやって書いたらいいのかをお伝えしていきます。

わかりやすい文章から伝わる文章にするには

yk0i9a6205_tp_v1

わかりやすい文章とは言ってもこれは人によっても感じ方が変わってくると思います。aさんは、わかりやすいと感じる文章でもbさんは、理解できない文章だと感じる場合もあるはずです。そもそもわかりやすい文章とはどんな文章なのでしょう。これは小学生でも理解できる文章がわかりやすい文章でないかと思います。小学生が理解でいればほとんどの大人が理解できると思います。内容がシンプルだからわかりやすいのだと思います。

わかりやすくするために必要なのが5W1Hです。いつ(When)どこで(Where)だれが(Who)なにを(What)なぜ(Why)どのように(How)この5W1Hは、文章の構成ですね。これを使ってわかりやすくしたら伝わるということになります。わかりやすいのは内容がシンプルでしたが伝えるために具体的にしたり内容を追加したり表現を変えたりしてイメージさせるようにすることで伝わる文章に変わっていきます。

 

伝えると伝わるの違いは?

1f98b8e7e6e54a206a7805ab741305e1_s

伝えると伝わる一文字違うだけで大きな違いがあります。伝えるは自分から一方的に話をして相手が理解をしてもしていなくても関係ない状態で伝わるとは相手がしっかりと理解して通じ合っている状態のことです。発信者する側からの目線なのか受け取る側の目線なのかの違いです。伝わるようにするためには相手の目線に立つ必要があります。

しかし、相手の気持ちに立っているつもりでやっていても伝わらないこともありまし自分が意図したこととは別の意味で取られる場合もあるかもしれません。そのような時は、難しい言葉を使っていたり難しい表現を使っている可能性がありますので相手に伝わるかどうかということをしっかりと確認して伝えるようにしていきましょう。

伝わる文章を書くためには

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s

今からお伝えする気泡を3つを軸として書いていくようにしていきましょう。何を書くか、どう書くか、構成はどうするかの3つです。何を書くか、どう書くか、この部分はネタの部分になりますでイメージしやすいかと思います。この何を書くか、どう書くかは、何のために書くといいう部分にもなります。目的を忘れないようにしましょう。

どう構成するかということですが読まれている文章は確信から書いてあります。確信部分を後回しにすると前置きの構成がかなりしっかりしていないと相手には伝わりません。確信部分を後回しにした結果、結局何が言いたかったのかなという場合が多々あります。これは文章でも会話でも一緒でスキルが必要になってきます。確信部分を後回しにすると相手に考えさせてしまっています。伝えたいことの確信を最初に伝えてそのあとに理由を書いていくのが頭の中で整理しやすいです。

伝わる文章を書くためのポイント

607f34f304b7f0131178b373f8aeb6d4_s

伝わる文章にするためには読みやすくしなければなりません。文章を書く時に難しい言葉を使わないことです。特に専門用語ですね。内容がシンプルだとわかりやすということなので専門用語も分かりやすい表現に変えて文章にしていかなければなりません。読み手が頑張って専門用語を理解しょうとしても専門用語を連発されてしまうと理解できなくなり諦めてしまいます。できるだけ簡潔にわかりやすくです。

もう一つ注意したいのが「これ」「それ」「こういうのは」という指示代名詞の多様です。使うのは全く問題ないのですが多用しすぎると「これ」と言われてもどこを指しているのかわからなくなります。そうすると文脈を考えて誤解をさせてしまう可能性が出てくるのでできるだけ的確な表現をするようにしていきましょう。

読みやすい工夫をするようにしていきましょう。表現もそうですが読む人がイメージしやすいように構成していきましょう。
ここでの構成は画像を入れたり、見出しをつけたりしてパッと見てもすぐにわかるぐらいにしておくのが良いです。そうすることで文章だけでイメージするのではなく全体でイメージできるようになるので鮮明に記憶に残るようになります。

まとめ

相手に伝えるためには、相手の立場に立って物事を考えなければなりません。じゃないと相手には伝わりませんからね。この伝わるを意識してください。一文字違うだけで全く違う意味合いにあってしまうのでそうならないように気をつけてください。

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. モチベーションを維持することでネットビジネスが継続できます。モチベーションの低下の原因と維持する方法

  2. 強制的にアイディアを引き出す5つの発想法

  3. 忙しくて心に余裕がない⁉︎焦りと不安で疲れたときの対処方法

  4. 不安がある人がなぜビジネスで成功するのか?不安をビジネスに生かして成果を出す方法

  5. 仕事は定時で帰りたい!残業しない人の時間管理術とは

  6. あなたが資格試験に絶対合格するための思考法8つ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。