YouTubeチャンネルの作り方、基本中の基本

最近では、プロモーション・情報発信ツールとしてYouTubeを活用している人が多くなってきました。
動画の再生や評価、チャンネル登録をするだけならば、YouTubeチャンネルを作る必要はありませんが、
動画をアップロードするためには、チャンネルを作成しなければいけません。
今回は、YouTubeチャンネルを作成する方法や注意点を解説します。

 

Googleアカウントを作成する

 
まず、YouTubeチャンネルを管理するためのアカウントを作ります。
アカウントとは、Googleアカウントのことです。

※ 既にYouTubeチャンネル用のGoogleアカウントを持っている場合は、この項を読み飛ばして次へ進んでください

下記のリンクから、Googleアカウントの作成ページに移動します。
https://accounts.google.com/signup?hl=ja

y1

必要項目を入力し、「次のステップ」をクリックしてアカウント登録します。
Googleアカウントが作成できたら、このアカウントを使ってログインします。

 

チャンネルを作成する(個人の場合)

 
では、チャンネルを開設してみましょう。
チャンネル名は個人名以外にも、企業やブランド名などで作ることも可能です。
どちらのチャンネルも無料で作成できます。
用途に合わせて、チャンネル名を考えましょう。

さきほど作成したアカウントを使って、YouTubeにログインします。
トップページの右上のアイコンをクリックすると、歯車のアイコンが出てきますので、クリックします。

y5a

左メニューの【概要】タブから【アカウント情報】内の【チャンネルを作成する】をクリックします。

y1b
すると、以下のような画面が出てきたら【OK】ボタンをクリックします。

y2a
これで、新しいチャンネルが開設されました。

y4
 

チャンネルを作成する(企業の場合)

 
会社などの団体名を使用して、チャンネルを作成する事もできます。
個人の時と同様の手順で、設定ページの概要タブから【チャンネルを作成する】をクリックします。
そして【ビジネス名などの名前を使用する場合は、ここをクリックしてください】をクリックしてください。

y2b
以下のような画面が表示されますので、好きなチャンネル名を入力してカテゴリーを選択します。

y3a
利用規約を読んで、問題なければ【完了】ボタンでチャンネルが開設されます。

 

トップ画像の追加、変更

 
チャンネルのプロフィール画像や、説明文のカスタマイズなどもしておきましょう。
トップページ左側の【マイページ】をクリックして、設定画面に入ります。
チャンネルには画像を2枚、掲載することができます。
それが【プロフィール画像】と【チャンネルアート画像】です。
表示エリアの右上にある【鉛筆マーク】をクリックし【チャンネルアートを編集】をクリックすると、画像の追加や変更ができます。

y1a

推奨画像サイズは以下の通りとなります。
・プロフィール画像 横880ピクセル 縦880ピクセル
・チャンネルアート画像 横2560ピクセル 縦1440ピクセル

画像の設定が完了したら、チャンネルの説明文も編集しましょう。
トップから【概要】タブをクリックすると【チャンネルの説明】というボタンがありますので、そちらをクリックしてください。

y2a1

すると【チャンネルの説明】欄が出てきますので、説明文を入力して【完了】ボタンをクリックします。

y3a1

ユーザーや検索エンジンにチャンネルを見つけてもらうため、説明文は重要です。
なお説明文は1000文字まで入力できますが、文字数が多い場合は、後半が非表示となってしまいます。
ユーザに読んでほしい情報は、前半に入力してください。

 

チャンネルの詳細設定

 
チャンネルの詳細設定を変更しましょう。
ナビゲーション部分の【鉛筆マーク】をクリックして【チャンネル設定】を選択します。

y4a

チャンネルのキーワードや広告などの設定も可能です。
AdWordsとも、このページから連携することが出来ます。

 

まとめ

 
YouTubeで成功するコツは何よりも【継続する】ということです。
動画を定期的にアップロードして、チャンネル登録数を増やすよう頑張って運営していきましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ダメ上司か良い上司かで部下の成長が変わる!自分を成長させる上司の特徴・条件とは

  2. 起業した成功者に共通する1万時間の法則

  3. 説得術の基本、古代ギリシャから伝わるアリストテレスの三段論法

  4. ネットビジネスで成果を出すための目標設定方法

  5. 外でパソコン作業をする場所ならここがおすすめ!【ノマドワーカー必見】

  6. 危機感や恐怖感に訴えるマーケティング戦略

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。