カフェインの力を最大限利用!理想的な摂取方法と気をつけたいこと

皆さんは普段、どれだけカフェインを摂取していますか?

昨今エナジードリンクの市場が拡大を広げ、カフェインを摂取する機会が大人も子供も増えてきています。

エナジードリンクに含まれるカフェインには、様々な効果があります。

正しい摂取方法を知って、どんな場面でもパフォーマンスを最大限発揮できるようにしましょう。

そもそもカフェインって何?

2994816_m

カフェイン: caffeine, : Coffein)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチン誘導体として知られている。興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である[10]。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

簡単に言うと、覚醒を導く起爆剤のようなものです。

カフェインが含まれている食べ物や飲み物は総じて美味しいものが多く、人体との親和性も高いです。

さらにカフェインを摂取すると、身体も心も状態が上向きになるので、中毒性がすさまじく高いのです。

カフェインはエネルギーを生み出す魔法の薬じゃない

2540859_m
多くの人が勘違いしていますが、カフェインがエネルギーを生み出すことはありません。

カフェインによって得られる元気はいわば前借りであり、あと後その分の代償はついてきます。

眠気が覚めるわけではなく、本来眠いのに、眠いことに気づかないようになっているということです。

カフェインが体内に居座っていると、アデノシンが正常に代謝されずに、神経系内でストレスホルモンが増大します。

その結果、脳や臓器は休息や回復の支持を正しくもらえずに、働きすぎてしまうのです。

カフェインが体内にある状態は、本来自然な状態ではない。

3025413_m
カフェインが身体に与える影響はすさまじく、気づかない間に中毒になっていることもしばしばあります。

毎日のようにカフェインを摂取して、それが当たり前になっている人は、カフェインを遮断することで頭痛に襲われることがあります。これは反動で血管が拡張することで起こります。

しかしこれは離脱症状のほんの一部にすぎません。

どのみち、何かに頼って頑張り続けるというのは理想的な頑張り方ではありません。利用しているはずのカフェインに、知らぬ間に振り回されることになります。

カフェインと同時摂取してはいけないもの

3231297_m
カフェインは体に与える影響が大きいゆえに、一緒に摂取すると体に害を与えてしまうものが多々あります。

  1. アルコール
  2. サプリメント
  3. チョコレート

アルコール カフェインの覚醒作用により、普段よりも多い量のお酒を飲んでしまったり、急性アルコール中毒のリスクが上がります。

サプリメント カフェインとサプリメントを同時摂取すると、サプリメントの効果が出ないまま体外へ排出されてしまいます。

チョコレート チョコレートにもカフェインが含まれているため、カフェインの過剰摂取になる場合があります。

自分が今どれだけのカフェインを摂取しているかを把握することが大切です。

カフェインの正しい摂取方法

カフェインを身体に取り込む門限の設定をしましょう。

7時置時計
一般的には午後二時以降は摂取しないほうがいいといわれていますが、カフェインに敏感な人はもっと早くてもいいでしょう。

午前中のカフェインの摂取は、身体のリズムを整えます。

カフェイン摂取の最適なリズム

カフェインは、適切に摂取することで、新陳代謝、注意力、集中力の向上をはじめ、肝機能の改善にも活用が可能です。

こういう面でもやはり、マイナス点ばかりに目を向け、摂取してはいけないという考え方はもったいないです。

中毒になったとしても、時間をかけてカフェインに頼らないからだを作ることはできます。

カフェインの力を最大限受け取るには、サイクルを決める必要がある。

3247601_m
健康でカフェインに依存していない人であれば、3日後にきれいにカフェインが身体から抜けます。その後にカフェインを摂取すれば、初めに摂取した時と同じ効果を得られます。

自分の中でインターバルを決めるのは大事なことです。

このインターバルが中毒を避けることにもおおいに役立ちます。

正しく摂取して最大のパフォーマンスを

1814865_m
色々摂取法はありますが、やはり最も効果的なのは必要な時に限定して飲むということです。

そうすれば、初めて出会った時の感覚を、毎回体感することが可能になります。

カフェインを摂取する頻度が高いほど、その効果も比例して薄くなってしまいます。

本当に大切なプロジェクト、絶対に負けたくない試合、そういうものを前にしたときに摂取しましょう。

摂取する期間は最大でも2日にすることで、カフェインが一時的な起爆剤となり、その効果を受けながらもぐっすりと睡眠をとることができます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 初対面の人でも会話を盛り上げることのできるテクニック

  2. 作業時間の質を高めるテクニック

  3. ネットビジネスを始める時に知っておきたい専門用語10選

  4. 寝起きが悪い人のための起床後すぐに効果が出る対策・対処法

  5. 外でパソコン作業をする場所ならここがおすすめ!【ノマドワーカー必見】

  6. 仕事で圧倒的な結果を出すためには、「時間と期限」を常に意識しよう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。