【時短術】ライティングにかける時間を3分の1に縮める方法

文章を書くことの多い現代人にとって、ライティング技術は必須です。

ライティングの技術とは、良い文章を書くことだけではありません。
良い内容を、早いスピードで仕上げる技術がライティング技術と言えます。

記事を書くのにかかる時間は、才能やセンスで左右されるものではありません。
あるコツをつかめば、素早く記事を書く事が出来るようになります。

今回は、出来るだけ素早く文章を書き上げたいあなたに【ライティングの時短術】を5つご紹介します。

 

 

1 書く前に情報を吸収する

 
記事を書こうとしてもなかなか手が進まない、内容が思いつかない場合の原因は
【そもそも記事の分野の情報を知らない】ことにあります。

例えば、ダイエットの知識がないような人が、ダイエットサプリメントの記事を書くことなど出来ませんね。

まず書きたい分野の本を最低1冊は読んで、徹底的に情報を頭に叩き込んで下さい。

重要なのは、専門家が書いた本を読むことです。
詳しい情報を含んだ記事を書いていく事で、似たような他の記事と差別化する事が出来ます。

2冊めの本に同じことが書かれてあっても気にせず読んでみましょう。

多くの本に共通しているということは、その情報は必ず押さえるべきポイントだからです。

 

 

2 完璧を目指さない

 
最初から完璧にしようと思うと、記事を完成させるスピードが遅くなってしまいます。

情報を仕入れる時も、完璧にしようとする必要はありません。
記事として書き出すことが目的なのですから、全てを覚えようとしなくてよいのです。
知識そのものを覚えなくとも、「あれに関する情報は、確かあの本に書いてあったはず」と覚えているだけで十分なのです。

インプットとアウトプットを繰り返し行えば、その記事の分野に関する情報が脳に蓄積され、記事を書くスピードは徐々に早くなっていきます。

 

 

3 書けない時間の大切さ

 
いざ記事を書こうと思っても、その場ですぐにアイディアが浮かんでは来ません。
散歩などをしている時に、フッとひらめいたりすることが多いです。
ペンとメモを持ち歩くのが苦手ならスマートフォンでメモを取ったり録音したりするのがいいでしょう。

ふとアイディアを1つ思い付いたなら、同時に10個、20個とアイディアを増やすことが出来ないか、考えてみましょう。

例えばライティングのアイディアで言うなら

・Evernoteを活用して効率よく記事を書く5つの秘訣
・10つのチェックリストでライティングの時間を縮めよう
・ここだけで教える最良の記事を量産するコツ
・記事を書く上で押さえておかなければならないポイント10選
・記事を素早く書ける人に共通する3つの考え方

など、5つのテーマを同時に思い付けると記事の量が格段に増えます。

 

 

4 時間を決めて集中する

 
情報収集も終わったのになかなか書けない。
それは、集中して書こうとしていないからです。

集中力さえ発揮すれば、通常の2〜3倍の速さで仕上がっていきます。
しかし集中力が続くのは、長くとも90分と言われています。

TwitterやFacebookを見てしまったり、メールを何度も確認したりしていませんか?
費用対効果を考えて、決めた時間内で一気に書き上げるのが最適です。

・環境、場所を変える
・軽く睡眠する
・好きな音楽を楽しむ

といった方法だけでも集中した状態が作りやすくなります。

 

 

5 見直しチェックリスト

 
記事を書き終えたら、校正して読みやすいものに仕上げましょう。
チェックリストを作っておく事で、見直しの時間を大幅に節約する事が出来ます。

・誤字や脱字はないか
・読み手に対してベネフィットがあるか
・対象となる読み手を絞っているか
・読み続けたくなるような文章か
・具体的な数字などを入れているか
・キーワードが含まれているか
・実際に声に出して読み上げてみる

注意しなければならないのは、チェックをする時は必ず落ち着いた状態で行うということです。
ギアが入った状態でテンションを上げてチェックしても、見落としが発生してしまいます。

 

 

まとめ

 
記事を書く時間を大幅に短くするには、以上の5つを覚えておくだけで大幅に変わります。
時間が足りないと思っている方は一度試してみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. コンビニを日常的に使っていると貧乏人になるという現実

  2. 会社に泊まりこみをする時、快適に夜を過ごす10の方法

  3. 仕事をしたくない気持ちを切り替える6つの方法

  4. 仕事ができる人のハンカチの使い方!雰囲気から他のビジネスマンに差をつける!

  5. 自信喪失をしてしまう原因とは?自信喪失から立ち直る3つの方法

  6. 魚釣りから簡単に学べる大事なネットビジネス戦略

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。