sponsored link

本質を意識することで、ビジネスレベルを格段に向上させる

sponsored link

 

ビジネスにおいて、成果を出すために最も必要なもの。

 

それは本質を意識することです。

あなたは、人の話しを聞くときに、自分の知りたい本質を意識して
相手から話しを引き出せていますか?

ビジネスにおける本質とは、目的と言い換えられるもの。

ビジネスで成果を出している人は、
直感的に本質をつかむチカラを持っています。

本質を見誤らないようにすることができれば、
あなたのビジネスレベルは10倍にも20倍にもなることでしょう。

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-web86_bonpower20150207120628

というのも、この考え方が常にできるようになると、
時頭が良くなるからです。

応用が利く人は、本質をしっかり把握して行動していますし、
逆に応用が利かない人は、本質が理解できていないから。

会社員をやっている場合、その仕事の本質を理解できていなければ、
組織の中での自分の立ち位置や仕事の流れがわからず、
言われたことを必要最低限ただやるだけの、厄介者になってしまいます。

本質を考えることは、日頃からの意識がけで成長しますので、
ビジネスレベルを上げるためにも、普段から心がけましょう。

 

本質を理解するための方法 その1
多面的な視点を持つ

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-miyako85_mamorukun20140725

物事の本質を理解するためには、
多面的に捉えるようにすることが大切です。

ひとつの視点からだけ見るのではなくて、
多面的に物事の姿を眺めるということ。

ひとつの視点からだけ見ていると、
正確な判断や理解ができなくなってしまいます。

視点を色々と変えて見てみると良いです。

物事は主観だけでなく、客観視もしないといけません。

両方の目線でみないと物事の本質を見抜けません。

それは能力ではなく、意識する事です。

 

本質を理解するための方法 その2
歴史から学ぶ

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pp_clock

およそ、私たち人間が思いつくような事柄は、
すでに数百年前に別の人間が思いついていています。

古くから残っていることわざなどは、
まさに物事の本質をついています。

判断に迷ったら、歴史からヒントを得てみましょう。

「歴史は繰り返す」という言葉があるように、
ヒントとなることは多いはずです。

自分の頭で考えてもわからないときは、素直に歴史に学ぶ。

そうすれば、同じ轍を踏まないで済むのです。

 

本質を理解するための方法 その3
多数に流されない

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-yuka150701098458

日本人は、長いものに巻かれる傾向にあります。

・みんながやっているから。
・みんなが言っているから。
・みんなが勧めるから。

それだけの理由で、意思決定をしてしまっていませんか?

今、話題の!とか、大人気の!とか、行列の!などという
キャッチフレーズがあると、一緒になってついつい買っちゃう人も多いです。

でも、多数派がいつも正しいとは限りません。

みんなが賛成しているからとって、
自分の頭で考えずに一緒に乗っかるのはやめましょう。

なぜ、そういう思考になるんだろうか。と
少し批判的に理由を考えることで、見えてくる本質があったりします。

ただし批判は、ほどよくにしてくださいね。

 

本質を理解するための方法 その4
自分自身の知識を増やす

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-ell75_yousyohondana20120620

物事の本質を見抜くには、まず自分のペースで思考できる環境が必要。

そのためにも、一定の知識が必要です。

ある分野に関する深い知識があるからこそ、
それを基準として判断できるようになります。

その知識によって裏づけがとれると、
自分の意見に説得力を与えることができますよね。

だから、自分の専門分野である知識を増やすようにしましょう。

周りと差を付けられるほどの、圧倒的な専門知識があると、
何事にも判断がしやすくなるハズです。

知識というのは、最強の武器になります。

 

本質を理解するための方法 その5
疑いの心で何度も問いかける

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-imaric20160805472116

ひとつの物事に、最低5回は、
なぜ?と、問いかけるようにしていってみてください。

2、3回問いかけたら逃げたくなってしまいますが、
本質は「なぜ?」というもの繰り返さなければ見えてこないもの。

当たり前だと思っていたことにも、
なぜ?と、問いかけてみてください。

見たものをそのまま受け入れるのではなく、
「なぜ?」と疑問に持つことが重要です。

そうすれば、常識に捉われることなく、
重要なポイントに気付くことができるようになります。

普段、当たり前に使っていたものの中でも、
おかしいと感じるものがあるかもしれません。

「なぜ」と「何のために」と、問い続けてみてください。

 

本質を理解するための方法 その6
自分の目で確かめる

 

mj856_ozpaagent15145551_tp_v

最近、テレビやネットで聞いたことを、
そのまま鵜呑みにする人が
あまりにも増えているような気がします。

また、友達や知人から聞いたことでも、
自分で確認せずにそのまま信じてしまう人も多いですよね。

たとえ信頼できる友達の言うことでも、
その情報を鵜呑みにせず、
情報の先に何があって、そしてそれによってどうなるのか。

というところまで理解できるように、
自分の目で確認するようにしましょう。

何でも鵜呑みにする癖が付くと、本質が見えなくなりますから、
ちゃんと確認をするようにしてください。

 

まとめ

 

物事の本質を見抜くというのは、
能力ではなく、意識することで培われます。

本質というものを意識していないのに、
ある日突然、物事の本質が見えるようになることはありません。

日々の生活で本質を意識していけば、
あなたに入ってくる情報がとても質の高いものに変わっていきますし、
そうすれば、ビジネスレベルは格段に上がります。

自分にとってのベストを導き出すことができるようになるよう、
本質を見誤らないよう、日々生活していってくださいね。

※ 関連記事、類似記事はこちら
生き金と死に金、2つのお金の見分け方とは。
集中力を高めて、ネットビジネスを効率化させる方法を徹底解剖。


◎ 考え方を深くすることができる良書

sponsored link

d53d066d98c165713c243d212c5eb6e1_sセールスレターの編集を効率化する3つの裏技

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-ell75_yousyohondana20120620読書をしているビジネスマンは仕事ができる

関連記事

  1. takebe055121858_tp_v

    憂鬱な週明けを抜け出す4つのポイント

    一週間の中で一番嫌いな日は、何曜日ですか?月曜日と答える人が多いと思います。日曜日の夕方にな…

  2. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-S20170330555314

    40代でも会社で老害社員に⁉︎職場で迷惑な老害社員の特徴と…

    一般的に老害といえば、頑固でわがままで周囲の人たちに対して迷惑をかけてくるような…

  3. c2fa7be52611fe59390f41980515e508_s

    好奇心の隙間理論があなたの成長を妨げている?

    好奇心、それだけ聞くと、すごく聞こえが良いですよね。「知りたい!」そう思う好奇心があることで、私たち…

  4. 0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

    “悪用厳禁”人間心理を利用した恐ろしいセールス手法

    物を売りたいなら人間心理からあなたは物を売るために学ぶべきことが何か知っていますか?それ…

  5. pak86_namatamago15173604_tp_v

    朝食に取り入れたい6つのブレインフード

    朝、早起きしたものの頭の中がボーとしているなんてことあるませんか。眠気覚ましにストレッチなどをやって…

  6. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-bl001-elkimochiwarui20140810

    良い上司のふりしたダメな上司に注意!尊敬できる上司か見分ける…

    人間的にも優れた上司を持つことができれば、自分の仕事のスキルを向上させることがで…

  7. akane072122928_tp_v

    カフェで作業すると捗る3つの理由

    スターバックスやドトールコーヒショップなどのカフェでノートパソコンを開いて作業する人を見かけたことあ…

  8. gori0I9A3217_TP_V

    ブログとSNSの違いを理解していますか?今更聞けないブログとSN…

    ビジネスでSNSとブログを利用している人もいるかと思いますがSNSとブログは違いはわかりますか?意外…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

脱サラ起業独立給料アップを応援します





PAGE TOP