忙しいビジネスマンこそ鉄のフライパンで自炊しよう

自炊してますか?

健康や食費のことを考えると、自炊をすることが1番いいと分かっていても、忙しいとなかなかできませんよね。調理器具をそろえ、食材を買い、調理し、食べたあとは自分で片付ける。バリバリ仕事をしている人にとって、生活の中に自炊の習慣を入れるのは難しいのかもしれません。

鉄のフライパン

987879e1f28f28c8186bd5d587d864a9_s

ですが、そんな忙しいビジネスマンにこそ、私は鉄のフライパンを使って、自炊をすることをおすすめします。

鉄のフライパンと言うと、飲食店での調理や、料理をすることが好きで、趣味にしている人が使うイメージかもしれません。しかし、鉄のフライパンを使うことは、ビジネスマンにとって、数多くのメリットがあるのです。また、手入れが面倒そうというイメージを持っている人も多いのですが、実は、一般的に使われているテフロン加工のものよりも、簡単に手入れできたりもします。

ビジネスマンが鉄のフライパンを使うことによるメリットを紹介しますので、食費や健康のために自炊を考えている場合は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

鉄のフライパンを使うべき6つの理由

1. 鉄分がとれる

まずは、健康面でのメリットです。鉄のフライパンで調理をすると、出来上がった料理に鉄分が混ざります。鉄の上で焼いたり炒めたりするので、当然と言えば当然ですよね。これによって、普段不足しがちな栄養である、鉄分の摂取が手軽にできるようになります。

2. ごしごし洗える

フライパンを使う時に面倒なのが、調理後の洗い物ですよね。油汚れや焦げ付きがあると本当に嫌になります。堅いスポンジやたわしでごしごし洗えればいいのですが、テフロン加工されているものだと、表面の加工を守るため、洗剤とスポンジで汚れを落とすしかありません。

ですが、鉄のフライパンの場合、表面に加工がなく、何より頑丈な鉄という素材でできていますので、金属たわしを使ってごしごし洗うことができます。多少の焦げ付きなら簡単に落とせますし、洗い物の時間も通常のフライパンよりも短くてすみます。

3. 長持ちする

普通のフライパンの場合、使っていると、表面の加工が剥がれてしまい、焦げ付きやすくなり、買い換える必要が出てきます。いちいち買いに行くのって面倒ですし、頻繁に買い換えていたらお金もかかりますよね。

鉄のフライパンの場合、使えば使うほど油がなじみ、焦げ付きにくくなります。そのため、テフロン加工のものと違い、基本的に買い換える必要がなく、買いに行く時間も、お金も必要ありません。

4. 短時間での調理が可能

鉄のフライパンでは、ガスコンロの「強火」での調理ができるので、焼き物や炒め物を作る時間を短縮することができます。忙しいビジネスマンにとって、時間は何よりも大切つですので、嬉しいですよね。

5. 1つで色々できる

深めのフライパンを買えば、焼き物、炒め物だけでなく、煮物や揚げ物だって作ることができます。調理器具が1つで済みますので、場所もとらないですし、他のものを買うためのお金も必要ありません。

6. 何より美味しい

最後のメリットです。何より、美味しいものが食べれます。野菜をいためればシャキシャキに仕上がりますし、餃子を焼けば皮がパリッと焼き上がります。せっかく自炊するなら美味しい物を食べたいですよね。

慣れると手放せないアイテムです

私も使い始めてから3ヶ月ほどですが、すでに日常生活で手放せなくなってしまいました。最初は火力の調節などが通常のフライパンよりも癖がありますが、慣れてくると、元には戻れません。

自炊を考えているなら、ぜひ、使ってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 生き残る仕事、消える仕事

  2. 起きれなくて仕事を遅刻⁉︎寝起きが悪い人の改善方法とは

  3. 仕事ができる人は昼寝してる?エグゼクティブの昼寝術

  4. 自己効力感を高めると毎日のモチベーションも上がる

  5. 副業・個人事業主に必要な経費・お金の使い方・考え方

  6. できるビジネスマンほど寝袋で寝ている理由。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。