気になる仕事から片付けたほうが良い3つの理由

気になる仕事は先に片付けましょう

 

普段、あなたはどのような順番で

仕事を進めていますか?

 

簡単な仕事から始める人、難しい

仕事から始める人、緊急の用事から進める人、

準備を要する仕事の場合は全ての準備を

してから本質的な仕事に取り組む人。

 

様々な人がいると思います。

 

そこで、私が今回提案したい仕事への

取り組み方として、「気になる仕事」から

取り組んでいくという方法を紹介していきます。

 

これは文字通り気になっている仕事から

取り組んでいくというやり方です。もしかしたら、

いわゆる「嫌いな食べ物から食べる」の様な

手法を想像される方もいるかも知れませんが、

そうではありません。

 

好き嫌い問わず、気になる仕事、

頭の隅にあって離れない仕事から

取り組んでいくのです。

 

気になる仕事から取り組むべき3つの理由

 

1.仕事が早く進む

PAK95_sunadokei20141018123010_TP_V

気になる仕事は、既にその仕事に対する

具体的な内容や方向性がイメージできている

場合が多いため、進み方が他と比べて早いです。

 

加えて、頭のなかで気になっていることを

早くクリアにしたいという欲求が働くため、

仕事に勢いがつきます。

 

また同じ理由で、仕事を終えた際の

達成感もすごくありますし、次の仕事にも

とりかかり易いでしょう。

 

 

2.心配することが少なくなる

GREEN_KE20140125_TP_V

気になる仕事から取り組むと心配することが

少なくなります。それはもちろん、

気になる仕事から取り組んでいるので

当たり前なのですが、もう少し重要な意味も

あります。

 

気になる仕事から済ませると、

単純に言えば頭の中のワーキングメモリの

使用量が少なくなります。余分なことを

考えなくても良くなるからです。

 

そして、そのおかげで

新しいアイデア、考えを思いつける

ようになるのです。

 

例えるならば、禅をしているような

感じで、頭の中から余分な考えを

取り払って、できる限り少なくしていきます。

 

そうすることで、頭がスッキリして

新しいアイデアを発想しやすくなるのですね。

 

よく有名なビジネスマンの言葉で、

入浴中、散歩中に良いアイデアを思いつく

という人がいますが、それも元をたどれば

同じ原因に行き着きます。

 

頭の中をスッキリさせて新しいアイデアを

思いつくために「気になる仕事」から

取り組むのです。

 

 

3.落ち着いた気持ちで毎日を過ごせる

max16011644_TP_V

気になる仕事といえば、おそらく急を要する仕事、

嫌な仕事などがあると思います。

 

それらはどれも取り組みづらいものでしょうが、

自分の中で気になっている仕事から取り組むと決めておくと

案外素直に取り組むことができます。

 

そうすることで、仕事から来るストレスの

ほとんどは消化されるはずです。

 

気になる仕事から取り組み始めると、

締め切りに間に合わないということもありませんし、

残っているのは「前から取り組みたいと思っていたけど

取り組めなかった仕事」だからです。

 

ここまでくると、予想していた結果以上の

結果が出てきて精神的に余裕が出るでしょう。

そのため、落ち着いた毎日を過ごせるはずです。

 

これからはどんな仕事から取り組みますか?

 

以上、気になる仕事から取り組むべき3つの理由でした。

いかがでしたでしょうか。

気持ちとしてはわかっているけれども、

実践するのが難しいという人もいるかと思います。

 

そんなときは、気になる仕事が終わったときの

イメージを思い浮かべてみてください。

とてもすがすがしい気分で、それが早い時間であれば

あるほど、特に午前中とかであればものすごく

気持ちが良いに違いありません。

 

そんな気分を具体的にイメージできると

実践しやすくなると思います。

それでは、今日からさっそく

気になる仕事から取り組むようにしましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 30代以降で後悔しないために20代でやっておくべき5つのこと

  2. 今すぐ使えるコピーライティングの小技テクニック5選

  3. 年末年始に新幹線の指定席を確実にとるためには?

  4. アフィリエイトで成果を出すためのマインドセット

  5. 起業家は情報収集ツールとしてtwitterをなぜ使うのか?

  6. 集中力の無い人でもすぐに仕事に取り掛かれるスピード仕事術

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。