sponsored link

独立起業の成功、新規事業を成功させるため売れ筋商材の代理店になる方法

sponsored link

常に注目され続けている代理店ビジネスについて、本日は「独立起業の成功、新規事業を成功させるため売れ筋商材の代理店になる方法」として代理店ビジネスについて紹介をしたいと思います。

代理店ビジネスとは、代理店とはサービス・商材提供者(メーカー)に代わり販売していく法人・個人のことをさし、既に存在する商材の代理店としてビジネスを始めるにあたって、本部と代理店を結び商材を使わせていただく、というものになります。
つまり代理店ビジネスとは、メーカー(本部)が構築した代理店制度の一員になるのですが、既に成功をおさめている商材・業界・ジャンルの事業運営メソッドや、儲かるスキーム、各種テンプレート、集客構造などのシステムも手にすることができるので、ゼロイチベースで起業独立を志す場合には、なによりビジネスを早く軌道に乗せ経営を楽にさせるために代理店事業はとても効果的かつ効率敵な有効な手段になるため今だけではなく古くから多くの企業で代理店ビジネスは導入されています。

おそらく国内で最も有名なのはNTTの電話回線

BL005-gannbarebannbare20140810_TP_V
NTTが光回線を代理店に卸す代理店は、二次取次店、3次取次店と数多く存在します。
またそれぞれの代理店が販売する商材は全て光回線で統一されており、各代理店に営業活動を任せ、各代理店がエンドユーザーに販売・契約をし、各代理店はNTTから手数料を頂く仕組みです。
他にも最近ではQRコード決済の機器を飲食店をはじめ、各店舗に導入するQRコード営業などもスタートしています。
また有名なところではウォーターサーバーの販売代理店などもありますが、競合が多いため獲得は困難なことも少なくないようですが、メディカルフィットネスをはじめ最先端事業の関連商材はこれからも市場が広がりつつあり継続的なストック収入を獲得しながら事業展開するという意味ではとても強力な商材になりつつあります。

つまり、代理店展開をしている法人は必ず代理店募集の方法を考える機会がやってきます。そして果たして、どうやって代理店を募集するのか?DM郵送で開拓する、テレコールで開拓する、募集サイトで開拓するなど手法は様々です。
そこで今回は代理店募集をする際に注意すべきことや、代理店募集の方法などをご説明したいと思います。
実際は販売実績件数や1次代理店、2次代理店によって手数料が違ったり1契約で継続収入が発生する商材・サービスもあります。

代理店を募集しているサイトの探し方

AL001-3roukawohashiru20140830_TP_V
では実際に起業独立を志す際に、どのような代理店を探せばいいのでしょうか?
実際に、代理店募集 サイト、などで検索をすると、代理店募集のサイトは多く出てきます。
募集したいメーカー様とエンドユーザー様によって代理店をマッチングさせる専用のサイトは数多く存在するので、各自気になるサイトを確認して予算状況などに応じて活用して頂ければと思います。

また、代理店の他にも類似するビジネスモデルとして、加盟店(フランチャイズ)、特約店、紹介代理店、販売代理店、販売店など似て非なるモデルも少なからず存在しますので、ここでは加盟店(フランチャイズ)と販売店というものについても紹介します。

加盟店(フランチャイズ)

フランチャイズという言葉もよく聞く言葉ですが、代理店とは異なるビジネスモデルになります。
というのも代理店というのは商材のサービスや屋号に関してある程度自由裁量な部分が許されることが多いですが、フランチャイズ契約というのは本部が用意する商品や販売方法、マーケティングノウハウ、ポップやチラシを活用し、それらを本部から仕入れて利用販売していく仕組みがほとんどです。
フランチャイズの大きなメリットとしては誰もが知るような有名なサービス名・屋号を利用することができ、それらの安心感とともに集客に活用することができたり既に本部自体が成功しているノウハウや流通経路、商品開発や人材育成スキームを活用することができます。

販売店

また販売店というのも代理店契約とともにメジャーに聞く言葉です。
販売店契約というものと代理店契約は全く別物の契約形態になり、販売店契約は既存の商品をメーカーから直接仕入れて販売・流通経路にのせるビジネスモデルになります。
一方で代理店契約というのは商材などを直接仕入れずに営業を行い、それを販売することができたら直接メーカーから顧客へと発送されたりすることが多いです。
つまり販売店というのは、自社で在庫を仕入れ、営業活動、販促活動も自社で考え活動していくというビジネスモデルになります。

企業側の代理店募集のメリット

AL001-3_kaigisitumachigaeru20140830_TP_V

また代理店を募集する側の企業メリットは、手にまわらない営業リソースを募集できる、というものが一番多いです。
というのも社内に営業のリソースが少なく販路を増やしたいけれども社員を教育する時間も、営業する時間も限られているので、マージンを払ってでも他社および個人事業主に展開をしてほしいと考えることが多いのです。
一般的な指標では営業マン1人にかける人件費が月給25万円と仮定しても、採用、教育、研修、その他営業経費などの費用がかかると一人前の営業マンとして育つ教育費用は数百万円にものぼります。
他にも正社員雇用する場合ならば、社会保険加入などの会社負担分も出さないといけない以上、やはり企業の負担としては軽くないものといえるでしょう。
その一方で代理店の場合には人件費もかからずに、かつ代理店という活動力ある外部リソースの営業力や、既に確保されている販路などを良い意味で利用できるので、代理店募集側としてもリスクが少なず、かつ代理店側もビジネスを成功させやすい仕組みとなっております。

私の知人の会社が当初2人でやっており設立0年目にして月商300万円になる、ということが事例としても存在し、今後は二次代理店を月10社を目指し増やして展開していく、ということを考えている企業もあるそうです。
また設立3年目で年商8000万円の会社が、現在(6年目)では年商8億円ほどの企業に育っている事例もあり、その中でも主軸となる商品は既に完成されている商材を代理店という形式で販売する、ということに特化しているそうで、代理店ビジネスは起業独立を志す方のための最先端な分野になると言われています。
例としては以下のサイトで募集されている案件です。
業務用遺伝子検査キット代理店で独立成功

本日挙げた事例だけでもなく、世の中を見渡せば代理店事業での成功事例は数多く存在します。

時代が進むにつれて様々な商材が増えていく毎日。
通信商材やIT商材ひとつとっても多くの商材があり、最初は悩むものですが、いい商材の代理店として活躍することでスキルや実績に関係なく誰でも活躍できるのがビジネスの世界のいい特徴でもあるといえるでしょう。

市場の将来性にも注目しながら日々の情報収集をしてみてください。

sponsored link

YUKA150701038569_TP_V事務仕事の仕事内容は?コミュニケーション力とパソコンスキルが要求される仕事

ec29b40837fa1ba2440cee3b5937b330_s20代の若手社会人向けビジネス系便利ツール便利7選

関連記事

  1. 扉

    生き残る仕事、消える仕事

    仕事は、ほぼ半減する下の表は何を表しているか分かりますか? これらは『消える…

  2. broken-1013592_640

    取り掛かりにくい仕事は小さく分割しよう

    あなたが仕事に取りかかれない本当の理由普段から仕事に取り掛かるのが遅い、仕事に取りかかれ…

  3. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak85_yoteihyouwotukerubiz

    デキる人のビジネス文書の書き方とは?テンプレートに頼らない最強テ…

    どうしてビジネス文書の書き方が上手い人ほど周りから信頼されるのか?&…

  4. time-273857_640

    稼げる人の些細な、しかし強力な3つの成功習慣

    あなたは成果を上げるために何か習慣化できていますか?あなたは習慣につ…

  5. www-pakutaso-com-shared-img-thumb-c789_kazewohiitemoworks

    起業家が絶対にインフルエンザの予防接種を受けるべき理由

    私たちは資本主義の社会の中で生活しているわけですから、生活していくためにもお金を…

  6. 2010-04-27-115146

    ポストイットでスケジュールを管理する方法

    ポストイット、使ってますか?いわゆる付箋のことですが、手帳に貼ったり、デスクに貼ったりしている方…

  7. OZP86_kuso-yarareta500-thumb-395auto-3725_mini-300x267

    失う恐怖を利用したコピーライティングのテクニック、【保有効果】と…

    このような興味深い実験があります。A:コップを渡して、いくらで売れそうか…

  8. sep_271415071204_tp_v

    明日大事な会議があるのに眠れない人のための就寝術5選

    眠れない、寝付けないことありませんか?普段から忙しく仕事をしているビジネスマンの方、日中の疲…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP