パソコンのバックアップを怠るのは、ビジネスにおいて死活問題。

 

パソコンデータのバックアップ、こまめにしていますか?

 

サイトやメールデータのバックアップを取ることは、
ビジネスの死活問題に繋がる重要な問題。

わかってはいるけど、データのバックアップを
こまめに、そして定期的にしているという人は少ないんですよね。

やらなくても当分は大丈夫。

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak863_ukiwadepukapuka14114449

なんて思って、後回しにしていませんか?

そんなことを言っていると、急にトラブルが起き、
大事なデータがすべて吹っ飛んで、ある日突然見れなくなる。

なんていう、痛い経験をしてしまいますよ。

というわけで、当たり前のように思いますが、
必ず定期的にバックアップを行うようにしてください。

そうしなければ、データがゼロになってしまい、
すべて1からやり直しとなります。

 

そもそもバックアップとはなにか

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak87_hdddrill420141221152731

パソコンに保存されたデータやプログラムという財産を、
パソコン自体の破損やウィルスの感染などの事態に備えて
そっくりそのままコピーし、
別の記録媒体(外付けHDDなど)に保存することです。

自分の操作ミスでデータを消し去ってしまうことも、
考えられますしね。

データは人によって様々だと思いますが

・写真
・作成した資料
・PDFファイル
・勉強用に購入した教材
・ブログや記事
・パスワード
・連絡先
・お気に入りの音楽

など、色々あるハズです。

ビジネスであれプライベートであれ、
パソコンに保存している大事なデータが消えると
困りますよね。

だから、このデータをそっくりそのままコピーし、
パソコン以外の場所に保存をしておくのです。

 

バックアップデータの保存先 その1

 

まず思いつくのは外付けHDDですね。

USBメモリではデータが入りきらないので、
大容量のデータでも丸ごとバックアップできるように、
外付けHDDをまずは1つ用意しておきましょう。

最近では、小さくて静か、そして価格も抑えられた
外付けHDDが販売されていますよ。

ただし、HDDというのは壊れる確率が高いもの。

壊れた場合は、いくらお金をかけても
復旧できないことがある・・・

ということを覚えておいてください。

外付けHDDに保存しているバックアップファイルは、
もうひとつ別の外付けHDDを用意し、
そこにもバックアップファイルを置いておくと、
より安心できます。

 

バックアップデータの保存先 その2

 

603691951dfa3ef67d003d595222f91e_s

ハードディスクなどに行うのが一般的な方法ですが、
オンラインストレージを使用するという方法もあります。

オンラインストレージとは、
インターネット上でデータが保管できるサービスのこと。

インターネットにつながる環境であれば、
自宅だけに限らずどこからでも保存したデータに
アクセスすることができます。

もしも、外付けHDDなどの保存する媒体を持っていないのなら、
すぐにオンラインストレージでバックアップをとってください。

外付けHDDなどに比べると容量は少なめですが、
利用料金を支払えば容量をアップすることもできます。

インターネット環境さえあれば、
いつでもどこでも気軽にバックアップすることができますので、
確実に実行するようにしてください。

おすすめはDropbox(ドロップボックス)。

老舗のオンラインストレージでセキュリティもしっかりしているため
安心して利用できます。

ちなみに、以下よりDropboxに登録した場合、
通常は2GBの保存容量なのですが、
ボーナスとして通常よりも500MB多い保存領域で
登録することができます。

ボーナス付きでDropboxに登録

 

記事をかくときはテキストエディタを使う

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak85_pentonote20140313000808

ブログなどに記事を書いていて、その記事が消えてしまった。。
そんな経験をしたことはないでしょうか?

ブラウザに直接打ち込んでいると、
ネット回線の影響でちゃんと残っていなかったり、
誤ってブラウザを閉じてしまって途中で全部消えてしまう。

という可能性があります。

また、やっと書き終えたと思って、
投稿ボタンを押した瞬間にパソコンがフリーズする。

こういった可能性もあります。(私自身がやってしまいました)

更新し直してみても、保存していたハズの下書きをみても、
せっかく書いた文章がどこにもない。

あの絶望感は、経験したことのある人じゃないと
分からないと思います。

そういったときに限って、渾身の記事だったりするので、
ショックが倍増してしまうんですよね。

だから、記事を書くときはインターネットを信じず、
メモ帳などのテキストエディタに打ち込みましょう。

たまにコピーして、ブラウザにも貼り付けておくと
より安心できるかと思います。

 

定期的なバックアップは必須

 

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

ネット上のトラブルは、突如、思いもよらぬときにやってきます。

データの復旧はとんでもなく手間ですし、
そこに使う時間はかなりの損失ですよね。

バックアップを意識せず、
ある日突然データを全て失ってしまったら・・・

やる気を失うどころの話しではなくなります。

定期的にバックアップを取っておき、
常日頃からデータを大切に扱う姿勢を持ち続けていきましょう。

※ 関連記事、類似記事はこちら
本質を意識することで、ビジネスレベルを格段に向上させる
集中力を高めて、ネットビジネスを効率化させる方法を徹底解剖。


◎ 耐衝撃ボディの外付けHDDが安心

  • コメント: 0

関連記事

  1. 頭の回転が遅いと諦めてませんか?30歳からでもできる頭の回転を早くする3つのポイント

  2. リストラで自信喪失!人生の挫折から立ち直る方法

  3. セールスの成功を左右するヘッドラインとは?

  4. 自分にあった適切な目標を設定をする3つのコツ

  5. シェアハウスで起こりうるトラブルとは?誰に相談すれば良いの?

  6. カフェで作業すると捗る3つの理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。