朝、30秒で健康を維持する方法

最近、いつ正座をしましたか?

イスやテーブルが普及して意外と正座する機会って少ないですよね。

驚くことに正座は、健康を維持するために必要なんです。

 

正座をすることのメリット

 

腰痛が改善する

腰痛の原因は、背骨の歪み、足の使い方、血流の悪さが大きな原因です。

正しい正座をすることで背骨を支える筋肉が鍛えられるので自然に背骨の歪み改善され姿勢が良くなります。

また、ふくろはぎから足首まで均等に圧力をかけてくれるので血流も良くなります。

 

ダイエット効果

正座には、ダイエットの効果もあるんです。姿勢と内臓機能は、深い関係があります。

正座をすることで背筋が伸びます。それとともに内臓も正しい位置に戻るため胃の大きさも調整されます。

そうすると内臓が機能をしっかりと発揮してくれます。

また、背筋を鍛える効果もあるので太りにくい体作りにも適しています。

 

O脚が改善される

O脚は、どうやって治したらいいかわかりませんよね。しかし正座するだけで改善されるのです。

足の内側の筋肉が鍛えられるので少しずつ改善されていきます。しかも足の筋肉が鍛えられるので美脚効果もありますよ。

 

朝の30秒正座の正しいやり方

 

まずは、左右のひざ頭をできるだけくっつけて左右のかかとをくっつけます。

このときにひざ頭、ふくらはぎ、かかとをなるべくくっつけるようにするとより効果的です。

次にゆっくりとお尻を下ろしていきます。かかとが離れやすくなるので注意してください。

お尻のくぼみをかかとにはめ込むイメージで行うとやりやすいでしょう。この状態で30秒キープししてください。

立ち上がるときは、再びヒザ立ちになり片足を立ててゆっくりと立ち上がりましょう。

痛みを感じながら無理やりに正座するのは逆効果です。そんな方は、初めはお風呂の中でやることをお勧めします。

毎朝30秒の正座を1ヶ月続けるだけで、つらい腰痛もかなり改善されるそうですよ。

まとめ

 

朝の30秒正座が習慣化されると体の少しの不調でも気になります。

寝不足や暴飲暴食で生活リズムが乱れると正座しているのがいつもより痛く感じるようになります。

これは、血流が悪かったり老廃物が溜まっているからです。

そうすると自分の体の少しの変化にも気づくようになり健康状態を把握できるようになります。

朝の30秒正座は、腰痛の改善やダイエット効果、O客の改善だけでなく

健康を維持するのにとっても適した方法です。

正座をするときは、フローリングの上だと硬いので座布団などひいて足が痛くならない場所で行ってください。

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 会社の飲み会が苦痛!お酒を飲むと絡んでくる上司の傾向とその対応方法とは

  2. 忙しいビジネスマン必見!!モチベーションを高く維持することができる残業をしない仕事術

  3. タスク管理が苦手な人のための3つのタスク管理方法

  4. 決断力のある人は立ったまま考える!決断力を高める3つのポイント

  5. 新社会人は必見!仕事覚えが悪い人と出世する人の特徴を解説

  6. 仕事は定時で帰りたい!残業しない人の時間管理術とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。