移動時間こそ面倒な仕事に取り組むべき理由

あなたは移動時間中、何をしていますか?

 

よく副業やサイドビジネスをしていて、「本業が忙しくて仕事をすることがない」とか「寝る食う以外の時間は仕事してるはずなのに仕事が進まない…」と言う人がいます。

私も時々そういったことを言ってしまうのですが、本気で稼ごうと思うのであれば、ここは見直して改善すべきところでしょう。これは私への戒めも込めてそう思います。

実は今、この文章は飛行機の機内で書いています。

例えば、今私はこの機内での時間を、全て寝て過ごしたり、読み進めていた気になっている小説の続きを読んだり、明日の予定を立てたり、好きなドラマをスマホで見たりすることができます。

つまり、選択肢がいくつかあるのですね。

そして、この中から私はブログ記事を書くということを選択しました。 どうして私がこういう行動を取ったのか、これからご説明します。

移動時間こそ「面倒なこと」を済ませる時間に充てたほうが良い理由

 

このブログ記事を書くのもそこまで楽チンというわけではありません。習慣付けしないとまず記事作成をすることすら始まらない可能性があります。

また、記事を書き始めても、アウトラインが思い浮かばなくて進まなかったり、途中で他の用事を思い出してそっちに気がいってしまったりすることもあります。特に自宅での作業となるとこういった行動をしてしまいがちです。

でも、移動時間って他の楽しいことに気がいっても、実行できないんです。なぜなら、主目的が移動だからです。

 

例えば今家で作業をしているとして、

記事執筆開始→気になるドラマを録画していたことを思い出す→ドラマを見始める

とかいう行動の流れになって、全然仕事が進まないときはたくさんあります。

 

でも、これが移動時間だと 記事執筆開始→気になるドラマを録画していたことを思い出す→でも、今は何もできない。帰ってから見よう ということになるんですね。

 

要するに、他の楽しいことに逃れ辛い状況なのです。もちろん、この記事の初めで言った通り、小さな楽しいことをすることはできます。寝たり、本読んだり、ドラマを見たり。でもこれって、どうせ家で作業している途中で、我慢出来ずやり始めてしまうことでしょう?

そうであれば、この移動のための時間ぐらいは集中して「面倒なこと」に取り組む時間に充てるべきです。なぜなら、この「他の楽しいことに逃れるのが少し難しい」という特殊な状況は、面倒くさがりなあなたが納得して「面倒なこと」に取り組むことができる貴重な時間だからです。

 

選択肢は少ない方が選びやすい

DB88_debumenu15133912-thumb-autox1600-15875
もっと分かりやすくお伝えしましょう。

あなたがファストフード店に入ったとして、メニューがおいてあります。

そのメニューにはこういったことが書いてあります。

 

メニュー

・ハンバーガー ・チーズバーガー ・てりやきバーガー ・チキンタルタルバーガー ・スペシャルバーガー ・ロイヤルデラックスバーガー ・デラックスベーコンバーガー

 

この中でどれかを選ぼうと考えたとき、あなたの頭の中の合理的な思考が、この選択肢の中からどれが一番良いかを選び始めます。でも、この中から選ぶとするともっと情報が必要ですし、量とかカロリーとか考えるためにもう少し考える時間がほしいところです。

そうして考えている間にあなたの思考は疲れ始めて、とうとう一番楽な選択肢を選びます。答えは人によりますが、おそらくは「いつも注文しているもの、いつも選択しているもの」でしょう。 理由はその方が安心だし、特に面倒な思考や行動が必要無いからです。

 

こういう選択の仕方って、家で作業をしている状況に近いと思いません? 家で作業をしているのであれば、気晴らしに外出もできるでしょう。少し汚くなってきた部屋の掃除もできるでしょう。しばらく連絡を取ってなかった友人に電話をかけて久々の長話をすることもできますし、仕事前に腹ごしらえ!と料理を始めることも可能です。

 

その中できっとあなたは「いつもしていること」をし始めるでしょう。どれを選ぶのかは人それぞれですが、簡単で思考を必要としない楽チンなものであることがほとんどです。

 

これが移動時間だと変わってきますよね。あなたはスマホをいじって何かをするか、ぼーっと外を眺めるか、本を読むくらいしかできませんよね。選択肢はぐっと少なくなります。とても選びやすいです。今私は飛行機の機内でこの記事を書いていますが、それもこの「移動時間中の選択肢の少なさ」のおかげである部分が大きいです。

 

選択肢が少ない状況だから、私は少しだけの思考を働かせて、「少し面倒だけど、今やっておくと後々良い結果を生むこと」に取り組むことができたのです。 たとえあなたがどれだけ面倒くさがりだろうと、選択肢を3つくらいまでに絞れれば、勇気を持って生産的なことに取り組めるはずです。そして、この状況を繰り返していけば、いずれは「面倒なこと」が「当たり前の行動」に変わって、もっと決断力を必要としなくなっていくでしょう。いわゆる「習慣化する」ということです。

 

これからの移動時間をどう過ごしますか?

それを実行しやすい移動時間においては、やはり生産的な行動をした方が良いと思いませんか?私のビジネスにおけるメンターもたしか前に似たようなことを書いていました。その人は数千万円をたった1人で稼いでいる人なので、やはり「移動時間に仕事をする」ことは正しいことだと言えるでしょう。私からもおすすめできる思考法ですし、これから実践し続けていきます。

さて、それではそろそろ到着するという機内アナウンスが流れたのでここらへんで終わりにしますね。移動時間を生産的なことに取り組む時間に充てて、より良い結果を出せるようにしていきましょう!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 安い給料でも100万円を確実に積み立てる方法

  2. 朝の目覚めが悪い原因は?

  3. 仕事のストレスを簡単に解消できる5つのストレス解消法

  4. 完璧主義は危険~グレーゾーン思考の身につけ方~

  5. 営業マンが第一印象を最大限に良くするための方法とは?

  6. 仕事で不安を抱えたり自信喪失した時の3つの対策・対処法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。